2017年11月24日

「このハ○ー!。ち・が・う・だ・ろ~」の14位

全世界での国別‘薄毛ランキング’というのが、大手企業によって調査が行われ発表されていました。

1 チェコ(プラハ) 42.79% 158万人
2 スペイン(マドリッド) 42.60% 650万人
3 ドイツ(フランクフルト) 41.24% 1263万人
4 フランス(パリ) 39.10% 787万人
5 アメリカ(NY/LA/シカゴ) 39.04% 4027万人
6 イタリア(ミラノ) 39.01% 874万人
7 ポーランド(ワルシャワ) 38.84% 505万人
8 オランダ(アムステルダム) 37.93% 216万人
9 カナダ(モントリオール) 37.42% 441万人
10 イギリス(ロンドン) 36.03% 760万人
11 ロシア(モスクワ) 33.29% 1623万人
12 オーストラリア(シドニー) 30.39% 208万人
13 メキシコ(メキシコシティ) 28.28% 811万人
14 日本(東京) 26.05% 1293万人
15 中国(香港) 24.68% 61万人
16 シンガポール(シンガポール) 24.06% 41万人
17 タイ(バンコク) 23.53% 476万人
18 マレーシア(クアラルンプール) 22.76% 152万人
19 台湾(台北) 22.59% 175万人
20 韓国(ソウ讃) 22.37% 337万人
21 中国(上海) 19.04% 8876万人

※参照元:株式会社アデランス「世界の成人男性薄毛率」調査結果より

どう、思いますか?

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年11月23日

四面楚歌

先週[の18日)、までが、新潟市内の拉致被害の会の800人を集めての集会でを前に横田早紀江さんがこう発言したそうです。

「安倍総理が平壌に行き、金正恩とケンカじゃなく、ちゃんとした話し合いをしてくれたらありがたい」

政府には穏やかなお願いをしてきた横田早紀江さんが安倍総理に注文をつけるのは、よほどのことだとして、波紋を呼んでいるそうです。

これは、震災後安倍政権になってから5年もたつのに何の進展も無い事への焦り、いら立ちが限界に達していることの表れであることを同じ会の方々がコメントを発表しています。

アメリカが北朝鮮をテロ支援国家に再指定し、拉致被害者の家族からは、効果を期待する一方、日本政府に具体的な拉致被害者救済の取り組みを求める声が相次いだそうです。

被害者家族も、言い方は柔らかいが、安倍首相の圧力一辺倒は拉致問題の解決を遠ざける」という政府への不信感を強めているのだろうことは、私にも推測ができます。

「もりかけ問題」も新たな展開が出始め、また安倍総理が政権を投げ出すのではないかという思いがしてしょうないです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2017年11月22日

待機児童数の 差

テレビ報道は、大相撲のスキャンダルばかりです。要するに、子どもの喧嘩に親が出てきて複雑にしてしまったという典型でしょう。

それに比べ、まだ序盤戦と言うこともありますがm開催中の国会の報道は無いに等しいです。

そのかわりBSの報道番組では与野党の現職議員が出演し、かなり踏み込んだ論戦をおこなっていますので、かえってこちらの方が興味深いです。

昨日では安倍総理もいっている、保育所(園)不足で入所できない子ども、つまり「待機児童」についての論戦がありました。

そこで驚いたのが与党側と野党側で出している待機児童の人数です。

>政府側:厚労省の調査データ・・・・・32万人

>野党側:民間シンクタンク調査・・・・90万人

その差約60万人以上(3倍)、あまりにも違い過ぎる数です。

この差について、番組MCから質問されたゲストの自民党議員は

政府のは非常に複雑な計算法が有り、推測も加味され、さらに対象は20代前半の女性であるため。
それに対し民間シンクタンクのは、入所できない人全てを単純に数えている為・・云々」

大よそはそんな内容の説明、実際の人数を示していないな言い方に驚きました。

この考えだと、もし政府が待機児童を「 0 」にすることができたとしても、実際は60万人以上の人は取り残されるということです。

こんな調査の仕方で、‘まっとうな’対策が可能なのでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月21日

スキー場オープン

きょう、福島県内のスキー場がオープンしたニュースがありました。

オープンしたのは、県内では毎年最初にオープンする「箕輪(みのわ)スキー場」、そして今年は「猪苗代スキー場」までもオープンとなったようです。

毎年県内のスキー場では積雪確保のため人工降雪機をフル稼働するのが常識だったのですが、今年は両スキー場ともそれを使うことなく自然の積雪だけで十分な量になったようです。

これも、温暖化の影響かもしれません。

ちなみに、わが家では今朝、ちょっとだけ雪で白くなりましたが、直ぐに消えました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年11月20日

‘いまさらじろう’・・・報道規制

今さらジロウ」とは小柳ルミ子のヒット曲ですが、リアルタイムで知っているのは50代以上でしょうね。

この曲は、歌そのものよりタイトルが独立して使われ、「いまさら何を言う。」とか「いまさらどうしようもないじゃないか」という場合に先にあげた年代の男性に使用する人が多い気がします。

私もその一人です。なんだか、自然に出てしまうんですよね(coldsweats01

先日も、神奈川県座間市のアパートの一室で男女9人の遺体が見つかった事件で、犠牲になった一人である福島市の女子高校生の地元テレビ局の報道を視ていて、思わず「いまさらじろう」という言葉が口を突いて出てしまいました。

この事件で、最初にその女子高校生の事が判明した直後に、どこの地元テレビ局だったか忘れてしまいましたが、女子高校生の通っていた高校の名称バッチリの門を報道、校長の顔も父親の顔も隠すことなく報道されました。

ところが、次の日から学校はボカシが入り、校長も親御さんも顔は映さないという、規制報道に全局が変っていました。

そこで思わず「いまさらじろう」と言ってしまったわけです。

直後の、実名学校報道に顔出しの報道は、何だったのでしょう?次の日に隠しても、もう‘後の祭り’でしょう

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年11月19日

自民党の強行採決の歴史

昭和46年(1971)11月19日の出来事 

佐藤栄作総理政権下、与党自民党によって沖縄返還協定強行採決に対し全国883か所で抗議行動が勃発。日比谷公園内のレストラン松本楼が放火で全焼することが起り、抗議に参加した約1800人が逮捕。

国会での採決のとき、屋良朝苗琉球政府主席は、沖縄から建議書を携え上京したが、手渡すこともできずに、羽田で強行採決を聞かされ、言葉を失う。

この強行採決による沖縄返還の功績により、佐藤栄作総理はノーベル平和賞を授与されました。

しかし、この返還の協定により、「‘核兵器’の米軍基地持ち込み」を国民に公表せず佐藤総理が容認協定を結んでいたことが、今年アメリカの情報公開法によって明らかになりました。

佐藤総理と言えば、安倍総理の大叔父、やはり強行採決が十八番なんですね。

特に‘アメリカに関連する案件’は優先して行うところまで佐藤総理と同じなのは(是非は別として)興味深い行動です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年11月18日

農協の記念日

福島県の北に在る伊達市霊山町上小国(だてしりょうぜんまちかみおぐに)には、「農業協同組合発祥の地」という看板が立てられたところが在ります。
http://hamadayori.com/hass-col/company/Nokyo.htm

そこには「明治31年(1898)10月23日、佐藤忠望(さとうちゅうぼう氏によって農業協同組合が創立された」というような内容が記載されています。

そこからさらに、年数が過ぎ、太平洋戦争が終了した昭和22年(1947)に現行憲法下で農業協同組合法が成立し、同年の‘11月19日’公布されました。

その日を、記念し農協では11月19日を「農業協同組合法公布記念日」にしていますが、明日の11月19日(日)はちょうど70年目になります。

そのせいでしょうか?私が所属する農協「JAふくしま未来」から毎年配られるカレンダーの11月19日のマスには大きく「農業協同組合法公布日」という大きな文字がプリントされていました。

福島県内の農協は合併が進み、巨大な農協が4つと言う配置になってしまい、組合員にとっては大き過ぎてよく解らない状態になっています。

今の状況を佐藤忠望氏は想像できたでしょうか。

いや・・・明治の人の考えは凄かったので、もしかすると、想像していたかも(?)しれません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年11月17日

どなたがご覧か?「ふくしま方言辞典」

わたしのブログの中で、ほとんど更新の無いのが「ふくしま方言辞典」です。

これは文字通り方言の辞典サイトとしているので、更新は思いついたのを追加するときぐらいしか利用しないのでそうなります。

ですから、アクセスも稀なのは致し方ないことです。

ところが、なぜか最近アクセス数が急激に増えているのに気が付きました。理由は、アクセスしていただいた方がコメントを残さないですし、解りません。

どこからのアクセスが多いのか?と確認したら、都道府県別ベスト5は次のようになっていました。

1位、山形県
2位、山梨県
3位、奈良県
4位、福島県、茨城県、群馬県、長野県、愛媛県

この順位は、メインである「つぶやき古道」、そして方言ブログの「ぽぉの語゛り」の都道府県別アクセスにも全く比例していませんでした。

はて・・・どんな方々が方言辞典を利用し始めているのでしょうかね?

・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«インフルエンザ予防接種のこばなし