2017年9月21日

114が開通したが

東京電力福島第一原発事故によって中通りと沿岸部を結ぶ主要幹線道のうち、最後まで一般車両の利用が規制されていた114号国道が昨日(20日)、自由に走行できるようになりました。

震災から約6年半ぶりになります。

これによって復興の加速が進むことが期待されていますが、未だ留守の住宅は多く、制限が解除されたことで空き巣などの犯罪が増加することが予想され、警察関係者はこれからが大変だと思います。

6年半、未だ一度も浜通りに行っていない私ですが、どうなっているのか?同じ県民として見てみたいような、そうでもないような・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年9月20日

陸自ヘリの地響き

何か、訓練だったのでしょうか?自衛隊のヘリコプターが、単独や編隊でわが家の上空を一日中飛び交っていました。
北~南を何度も、なんども同じヘリ複数機が往復(?)していた気がします。

Chj_2

普通の陸自ヘリも飛んでいましたが、ほとんどが↑のCH-47型大型輸送ヘリでした。
約60名ほどの隊員を運べる大型輸送ヘリ、つまりは大型バスが飛んでいるのと同じ、それが600mほどの低空を飛ぶのですから、爆音が凄い。

特にきょうは1機だけさらに低い高度を飛んだのですが、その時わが家は震度3の揺れでした。

基地の近くの方たちは訓練のたびにこの地響きを被っているんでしょうね。大変だ。

自衛隊はこの輸送ヘリを約100機以上(陸自90機以上、空自20機近く)保有しているそうですが、全機合わせると5000人以上の自衛隊員を運べることになります。

なんの訓練だったのかは不明ですが、なんともキナ臭い行動ですね

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年9月19日

正しく読まれない地名

我が村に設置されている震度計は2ヵ所あるのですが、そのうち1か所が「土砂災害指定地域」にあたることなどの理由から、昨年(H28)に撤去移動されました。

現在は、以前まで仮設住宅が建てられていた場所で、現在は災害住宅に建て替えられた近くに設置されています。

さて、その撤去されるまで設置されていたところの地名が、難読の地名で、村内の者でもその場所を知らないとかで、その地名を一度も耳にしたことが無い者は‘正しく読めない’という地名なのです。

↓漢字としては難しくないのですが、読めますかね?

曲 藤

予め言っておきますが、「まがりふじ」の読みかたは間違いです。

問題:正しい読みはどれでしょう?ヒント「藤」=「ふじ」です

  1. くまのふじ
  2. くせふじ
  3. のりのふじ
  4. まげふじ
  5. ねじふじ
  6. すみのふじ
  7. きょっふじ
  8. ふじまがり

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年9月18日

桃の産地と言ったら、どこ?

福島県内で、「桃の産地と言ったらどこですか?」と聞かれたら、まずほとんどの県人は「福島県だべ・・」と答えるのが普通です。桃をPRする「ミスピーチ」は福島県の代表でもあります。

生産出荷量もそうですが、福島県人は桃をよく食べることも間違いありません。食べるから作る、生産が盛んなのもうなずけます。
ちなみにその生産出荷のほとんどが、私が所属する「JAふくしま未来」が担っていますし、わがやでもよく食べます。

さて、実際に全国でのランキングはどうなっているのでしょうか?というと、↓になります。

 <桃の生産出荷のランキングと全国で占める割合>

  1. 山梨県・・・32%
  2. 福島県・・・22
  3. 長野県・・・13%
  4. 和歌山県・・8%
  5. 山形県・・・・7%
  6. 岡山県・・・・5%

    ※上記6県合計で全体の86%を占める(農水省発表より)

注目は、福島県を含めた上位3県で、桃生産の約7割近くに達することでしょう。

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年9月17日

下世話な噂では、あの佳子様が

毎年、9月1日に福島県の郡山市安積町牛庭地区では「水祭り」と称する祭礼がおこなわれています。

その際例が行われる神社の名称は[大久保神社]というものですが、その大久保とは明治政府で内務卿(現在の総理大臣)と言う要職についていた「大久保利通」です。

つまり、この神社の祭神は大久保利通公なです。とても珍しいというより、国内で唯一の神社でしょうね。

これは、日本遺産になっている「安積疏水」の計画に大きな役割を果たした大久保利通の遺徳を永く伝えようと、この地に明治22年に建立されました。

大久保利通は廃藩置県で収入を無くした全国の武士を憂い救済計画を行いました。その一環として移住開拓があり、その一つが安積開拓だったのです。

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年9月16日

台風 『TALIM(タリム)』

大型で強い台風18号、接近中です。わが地域には17日~18日の朝方に影響が出る可能性が高く、心配です。

この台風18号にはフィリピン名の「Talim(タリム)」というのが当てられているようですが、その意味は『 鋭い刃先 』だそうで、いかにも被害が出そうな危険な名称で、さらに心配が募ります。

なんとか、被害が無いことを願いたいです。

ところで、台風に付けられる番号以外の名称は140あるのですが、恐ろしい名がついているのはフィリピンとアメリカのものだけで、他の国のは優しい名が付けられています。

特に日本のは優しい↓

テンビン、ヤギ、ウサギ、カジキ、カンムリ、
クジラ、コグマ、コンパス、トカゲ、ハト

すべて星座名から取っているようですが、「おとなしい台風になってほしい」と言う思いもあるのでしょうかね?

実際は別として、ハト、とかウサギなどの台風は優しそうです。

詳しくは↓の気象庁サイトで確認ください
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/typhoon/1-5.html

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年9月15日

取締りの最新システム

日本には車検制度と言うのが有ります。これに違反し車検切れの車を使用した場合「6カ月以下の懲役か30万円以下の罰金」になることが道路運送車両法で定められています。

安全な車両で走行するには致し方ない制度と言う気もしますが、海外には車検制度が無いところが多く、そ言う国のドライバーは経費が掛からず羨ましい気がします。

私の自動車は今月が車検になっていまして、その経費に頭を痛めていますが、先に記載したように違反ですから致し方ないです。

ところが、国土交通省の推計では日本国内において車検切れの車両(無車検走行車)が約20万台も公道を走っているというのですから、驚きです。

そこで、国土交通省は、車検切れの車を路上で瞬時に判別し、その場で取り締まるための新システムを開発したそうです。

それは持ち運べるカメラでナンバーを読み取りパソコンでデータを照合し車検切れの場合は警察と一緒に取り締まるようにするらしく、今月末から全国5カ所で実証実験を始め、来年度には本格導入を目指すようです。

開発に当って、プライバシーの問題やセキュリティーの問題だとか障害があったのでしょうが、わたしには、日本の技術力からすれば開発が遅すぎる気がしました。

福島県の導入はいつからになるのでしょうかね?気になるところです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年9月14日

9秒台の‘販売速度’

先日、陸上男子100メートルで98のという、日本人で初めて9秒台を記録した東洋大の桐生祥秀選手のニュースは、わたしにとってサッカーで日本が初めてワールドカップ出場を決めたとき以来の衝撃でした。

もっと驚いたのは、彼が履いていたものと同じモデルのスパイク(アシックス製)が、11日正午に‘9足限定’で販売され、9万9,800円と高額にもかかわらず12日未明までのおよそ半日で完売した凄さです。

ちなみに、単価は‘9秒98’にちなんでつけられた数値だそうですが、そんなちょっとふざけたような高額値段でも売れたことに、桐生選手の出した記録の凄さを感じさせられます。

もし、桐生選手がアジア記録の‘9秒91’を破ることがあったら、もっとすごいことになりそうですね。

これで、アジアで9秒台を出したのは桐生選手で4人目になりました。

  1. 9秒91(アジア記録) ⇒フェミスワン・オグノデ選手(カタール
  2. 9秒98(日本初の9秒台)⇒桐生祥秀選手(日本)
  3. 9秒99(アジア初9秒台) ⇒サミュエル・フランシス(カタール
  4. 9秒99(東洋人初9秒台)⇒蘇炳添(スー・ビンチャン)選手(中国

ただし、1番と3番のカタールの選手は、アフリカのナイジェリア出身でカタールの国籍を取得した選手ですから、東洋人としては桐生選手が最も早い記録を出したことになります。

現時点で9秒台を出した選手は世界で26人だそうですが、これからアジアからどんどん出てきそうな気配です。

日本の陸上界の課題は、やはりマラソン選手の育成かな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«‘我輩’の命日