2017年10月23日

目の下に隈

なにを隠そう、わたしは目の下に隈ができやすい体質なのでございます。
寝不足や疲労(心労を含む)などの心身のストレス要因で直ぐに目の下が黒くなるし、目そのものがへこんでしまいます。

この体質は、母親の遺伝子を受け継いだものらしく、母親も全く同じでとても隈ができやすいのです。

ですから、他の人より見ためがとても疲れた顔に見えるわけでして、それが恥かしかったり、逆に同情されて助かったりすることなどはなんども経験していますが、頭痛が伴うことが多く辛いことが多いのです。

そんな私ですので、今日の台風21号に対する複数回発信された夜中のエリアメールは辛かったです。合計で7回も来たのですが、その内の6時前(午前2時~午前6時)の早朝に来たのは5回、そのたびに目が覚め内容を確認することとなり、寝不足のまま夜明けとなりました。

被害が無かったのは良かったですが、そういうわけできょう一日中、眠いし、頭は痛いし、辛かったです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年10月22日

最強は台風21号

国政選挙の本日、報道はそれ一色となるはずだったが、報道も国民の関心も大型で強い台風21号にすべて奪われてしまいました。

国難の解散も国政選挙もなにも、自然災害の前ではたんなる余興になってしまう現実を知ら占められています。

野党になった事項と民主が覇権を争っていた時のあの震災の時によく似たりかな?

それにくらべ、村田諒太選手、おめでとうございます、WBA世界ミドル級の世界チャンピオンです。
すばらしいリベンジタイトルマッチでした。オリンピック金メダリストでは初の世界チャンピオン、日本の重量級ではとても難しかった過去があるチャンピオンになりました。

これこそが‘本当の勝利’です

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年10月21日

厳しいのか、厳しくないのか?・’公職選挙法

日本の公職選挙法では、選挙運動や活動に対し、こまごまと細部に至るまで規制事項が定められ、それに違反すると候補者はもとより、運動員が逮捕された場合に連座制で候補者も公職を失ってしまいます。

ところが、厳しい代わりに多くの‘除外事項’が設けられているのも、日本の公職選挙法の矛盾点であり、理解に苦しむところです。

例えば・・・

・「戸別訪問の禁止」では、選挙のため個人宅または敷地に入っての活動は違反です。これは選挙期間外でも同様です。

ところが、候補者の後援会への勧誘の場合は「政治活動」となるので違反ではないので、結局のところは「後援会勧誘」や、政党公認候補者だと「政党の講演会」という政治活動名目の戸別訪問の選挙活動が可能になっているのが実態でしょう。

こういう矛盾は政治に選挙に興味がある人は、だいたい知っていることでしょうが、選挙終了後の違反行為って知っていましたか?意外と知らないですよね(私だけか?)

» 続きを読む

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2017年10月20日

与党の「与」の字は・♪・・・? 「ゆ党」!?

“選挙たけなわ”ですが、議会の特に国会では「与党」とか「野党」とかの言葉がよく使われますが、なぜ?政権側を『与党』という言い方で、そうでない側を『野党』というのか、改めて問われて即答できるでしょうか。

野党というのはなんとなく想像がつくというか、解る気がしますが与党という言い方は「なんだろう?」じゃないでしょうか。

わたしが、そうでした。すると、こうでした↓

党』とは↓
 行政を担当する政党を指すことから、「行政府を与るあずかる)、または行政府に与するくみする)政党」であることに由来する。

 ※
明治期、帝国議会発足当初は吏党(りとう)=官吏側の政党と称した

» 続きを読む

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年10月19日

朝刊のほぼ一面を使う大写真

きょうの地元紙の朝刊は、選挙記事を押しのけて室屋さんの偉業と勝利の笑顔の記事が大見出しになりました。

P2017101501594_news_3

この写真が掲載されました。左が「室屋義秀さん」、右が佐藤琢磨さん。

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年10月18日

いもがら

見上げたもんだよ、芋の茎・・・?!

Img_3148

» 続きを読む

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2017年10月17日

“無線LANケーブル”・?Wi-Fiが危険!

<日本時間10月17日未明>Wi-Fi認証の「Wi-Fi Protected Access II」(WPA2)に関する脆弱性があることが確認されたことが発表された。

という記事を読んでも、専門用語過ぎてよく解らないですね。

要するにLANケーブルを使わず、無線LANなどを利用してPCやタブレットなどを使用することに関しての問題が発生したということなのです。

無線LANは、ルーターがPCからの信号を暗号化してキャッチし接続可能な機器かどうかを判断しているのですが、その暗号化処理でのセキュリティーに重大な欠陥があることが確認されたということのようです。
尚、その欠陥は設計段階でのミスらしいです。

もし悪意の有る者がその欠陥を利用し無線LANからPCなどに侵入された場合、メッセージが削除されたり、受信する暗号鍵が再インストールされやりとりしたパケットなどの情報がリセットされたり、暗号化されたパケットを復号して内容を盗聴されたり、攻撃コードを埋め込んだり、ユーザーを不正サイトに誘導したりするといった、さまざまな攻撃を実行可能だというのです。

無線だけに、恐ろしい話です。

この発表から、無線から有線LANに移行する人が急増しているようです。

便利になると、悪い事もやりやすくなる、なんとも皮肉な話ですし、凡人には厄介極まりない話です

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年10月16日

インフルエンザが大流行?

母を連れて病院に行くことが多いのですが、行くたびに風邪の人が多いのは感じていました。

そしたら、まだ本格的な冬にならない現在で全国的にインフルエンザが流行っているということをテレビでやっていました。

今年は外国でインフルエンザの新型が流行しているらしいのですが、その新型ウイルスが海外旅行者から、日本国内に持ち込まれ流行しているんだそうです。

今頃は、昨年の予防接種の効力が切れる時期でもあり、流行に拍車をかけているというのです。

まったく、無意味な解散をして騒いでいるどころじゃない現状の国内です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«‘夏日’もある、そして‘冬日’もある