2020年2月26日 (水)

「検討する」・・・政府答弁(加藤厚労相)

昨夜の「報道1930」のメイン討論は、「なぜ、国は民間での検査を認めないのか?委託しないのか?」というものでした

ゲストは、医師免許を持つ3人でした。

岡本衆議と上氏は、「PCR検査なんてすぐにできるんです。それなのになぜ国は民間検査を委託しないのか?解らない」というものでした。

それに対し、自民党の国光衆議は「民間委託は検討はしてるPCR検査は最後の手段と考える」という答えになりました。

そこで岡本衆議が、声高に指摘したのです。

・2月3日(月)国会の委員会で、岡本衆議と加藤厚労相のやり取り

岡本衆議「国は早急に検査を民間に委託するべきではないか?」

加藤大臣「検討いたします」

・2月25日(火)の報道1930(生放送)

岡本衆議「政府は、民間委託をなぜしないのか説明すべきだ」

国光衆議「政府は、検討しています

岡本衆議
 「私が指摘し、『検討する』と政府が答弁したのは2月3日ですよ。3週間も経って、まだ検討中なんですか。今ま何を検討していたんですか」

そこで、あらためてMCがレギュラーコメンテーターの堤 伸輔氏に政府が検査を民間に委託しない最大の理由を問いました。

堤氏の見解>

政府は、民間に検査を委託すると、すでに感染者が大量に出ていることが判明してしまう可能性が有る。
そうなったら、政府の水際対策は完全に失敗したことになる。
それでは、政府・安倍政権の権威が落ちる、
それを隠ぺいし、防ぐためには検査は民間には委託できない、

としか考えられない。

つまり堤氏によれば、政府は国民の命を守るより、安倍政権や自民党・公明党を守るために民間委託を踏み出さないでいることになるようです。

たぶん、それは間違っていないと思います。

それが真実だったら、自民党と公明党の与党全員が、議員失格です。いや、人として失格でしょう。

感染源を探す政府やマスメディアにも疑問です。発生源より、まずは検査と治療可能にすることでしょう

最後に、「まずは保健所に相談です」という医師資格のある国光あやの衆議に対し、同じく医師でもある岡本衆議と上理事長が言った言葉

「わたしなら、重症でなくても来院した患者は診ます」

ということば印象に残りました。

 

| | コメント (0)

2020年2月25日 (火)

納豆日本一なった福島市

総務省の2019年家計調査が2月7日発表され、県庁所在地で1世帯当たりの納豆購入額が最も多かったのは、今回も福島市になりました。

<2019年、県庁所在地の納豆購入額のトップ5>

  1. 福島市・・・6,785円
  2. 水戸市・・・6,647円
  3. 盛岡市・・・6,399円
  4. 山形市・・・6,281円
  5. 長野市・・・
    ※前回は前橋市が1位、水戸市=2位、福島市=3位

上記の他に「前橋市」と「仙台市」を加えた7市は毎回同じ顔ぶれになっています。

7市は、わずかな差で順位を競っていますが、特に福島県と茨城県は県単位で生産と消費両面で上位争いが激しいです。

しかし、ここ数年は福島県が連勝中のため、茨城県や水戸市はあの手この手で1位を奪還しようとしているようです

ところで、東北は「福島県、岩手県、山形県、宮城県」の4県が占め、納豆を多く食べることがよく解ります。

 

» 続きを読む

| | コメント (2)

2020年2月24日 (月)

対策本部会議に首相は顔出しだけ

首相官邸で開催される大事な「新型コロナウイルス感染症対策本部会合」に、小泉環境相、萩生田文化相、森 法相科の3大臣が欠席し地元開催の行事に出ていた問題は国会で大きな論戦となりました。

ところが、もっとひどい人物がいたことが報道されました。

なんと、それは対策本部の最高責任者である安倍総理本人なのです。

実は安倍首相はこの会合に出席しているのですが・・・

  • 2月13日の会合の出席時間 約16分。
  • 2月14日の会合の出席時間 約  8分
  • 2月18日も会合の出席時間 約12分

完全に「顔を出しただけ」の会合出席の様子が、ようく解ります。

総理だから、ほかにもたくさんの指示や仕事があるので仕方ないのかもしれないと思いきや

ウイルス対策を顔出し程度にして、その後の「自民党当選3回議員との懇親会」、「大手メディア幹部とホテルで約3時間の会食」、公明党幹部と約2時間の会食」に出席していたのだそうです。

国内外の人々がコロナウイルスで大変な思いをしているのに、対策本部長は会食優先でいたということです。

総理に習ってで他の大臣もやる気が無いのでしょう。

これでは縦割り行政の日本で、それを越えて指揮する立場の首相がこれでは、各省庁が連携をとれるわけがありません。

やはり、腐っています。

なんだか「加藤厚労大臣」がかわいそうになってきました。

| | コメント (7)

2020年2月23日 (日)

手作りの手の消毒液

きょうもドラックストアのマスクの棚と消毒液の棚は空になっていました。

聞けば毎日少しづつマスクは入荷しているらしいのですが、開店前の寒い早朝(午前7:00)にはマスクを買う客が開店待ち行列を作っているそうです。
つまり開店と同時にマスクは売り切れているという状況のようです。

Img_3651 ←我が家では、手作りの手の消毒液を使っています。

主は、うまく買えた「消毒用エタノール(手指用500ml)」それに、グリセリン(100ml)を少し(約5ml)、それにちょっと水を足したものを100ショップで買ってきたスプレー容器に入れたものです。

最初は、エタノールだけだったのですが、妻が「なんだか手がカサカサになる」というので、市販の消毒液を参考にしてグリセリンを混ぜてみました。

このグリセリンをちょっとだけ入れただけですが、効果てきめんで手触りが良くなりました。

同じものを小さな容器にも作り、妻と私の車それぞれで携帯しています。

とても重宝しています。

3~4日前にはこのエタノールだけがたくさん残っていましたが、今はそれも無いようです。

今日行ったドラックストアーの棚には「キッチン用除菌スプレー」が並べられてありましたが、それも代用になる気がしました。

 

 

| | コメント (8)

2020年2月22日 (土)

北朝鮮の病院が患者を火葬

新型コロナウイルス関連ニュースに、陸続きなのに何も話題にならなかった北朝鮮から驚きの報道が出ました。

アメリカ政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えたことによると、北朝鮮の東北部・咸鏡北道(ハムギョンブクト)の清津市浦項(ポハン)区域で、肺炎とインフルエンザの症状を見せ、そこに在る道人民病院に2月9日に入院し治療を受けていた12人の患者が、その入院からわずか2日の間に死亡したの言うのです。

その患者が死亡した後の病院の行動がすごかったようです。

遺族からは葬儀のために遺体を引き渡しを要求したが病院は断り、患者は死亡後に火葬してから遺骨を遺族に渡したというのです。

そして、病院では院内の徹底した消毒が行われたそうです。

北朝鮮の病院は火葬までやってしまうのかと思いましたが、まさか‘治療せずに火葬してしまった’というのではないでしょうね

北朝鮮で新型コロナウイルスの感染者が出たとする公式発表はないですが、素人が考えても明らかにその行動は感染省対策行動です

この対策がうまくいかなければ、いくら北朝鮮とも言えど国民の政府への不満は高まるでしょう。

ただ、中国に物資のほぼ100%を依存している北朝鮮にとって、中国との行き来を遮断したら国内の生活物資は枯渇してしまいます。

北朝鮮では、ウイルスにより政変などの動きへと進むのでしょうか?

| | コメント (7)

«大臣は パラサイト