2020年7月 3日 (金)

レジ袋有料化スタート」という記事を・・

2009年(平成21)6月1日に、下記のようなタイトルの記事をアップしました。

きょうから“レジ袋有料化スタート” なのだが・・・?・・

そして、同じ2009年の7月の、記事は↓

ちょっと大きめな自動車のキーアクセサリー

今から11年前のことですが、まるでVTRを視ているかのように今月からレジ袋が有料化ということが始まりました。

さらに言えば、レジ袋に対する環境問題が大きくマスメディアで騒がれだしたのはそれより3年前の2006年(平成18)のことでした。

海外では、環境問題だったのですが、日本政府やマスコミが最初に説明したのは「レジ袋使用を止めると、限りある化石燃料(原油)の消費が抑えられる」でしたが、それは誤解だったことが後に判明しましたが、政府もマスコミもその間違いを正す発表は行いませんでした。

これによって、福島県内もそうですが、多くのレジ袋製造販売業者が倒産し路頭に迷いました。

そしたら、いつのまにか日本政府もレジ袋削減は、いかにも、最初からそう言っていたかのように環境問題にすり替わっていました。

環境問題がテーマなら、ポリレジ袋の使用を禁止し、袋は自然に帰る素材や、昔のように紙袋使用に切り替えるのが本来であり、これからも使用が続けられる有料化は全く意味が無いと思います。

有料化は、単に低所得者への負担が増えるだけのことでしょうし、プラスチックごみが減ることは無いと思います。

違いますかね?

ところで
レジ袋に替わる「エコバック」という言葉が出たのも2006年ですが、そのときに取り上げた下着メーカー「トリンプ」が作ったエコバックは今も販売されているのでしょうか?

↓のちょっと刺激的なタイトルの記事でしたが、クリックして思い出してみてください

ブラジャーで環境問題解決?!』

売れているより、製造しているのでしょうか?

| | コメント (1)

2020年7月 2日 (木)

改正道交法施行日、とっても長く感じた2km

7月1日から道路交通法が改正・施行され、今まで放棄に無かった「煽り運転」に対し「妨害運転罪」として取り締まりが可能となりました。

改正後は、あおり運転の定義として、下記の10項目が定められた。

  1. 通行区分(左側通行)違反
  2. 車間距離を詰める(威嚇煽り行為)
  3. 急ブレーキをかける
  4. 不必要なクラクション
  5. 急な進路変更(割込み)
  6. ハイビーム威嚇の継続行為
  7. 乱暴な追越し
  8. 左からの危険な追越し(左追越)
  9. 幅寄せや蛇行運転
  10. 高速道路での最低速度違反や駐停車(進路妨害)

上記の項目に該当した場合は「妨害運転」にとなり、刑事処分では、3年以下の懲役または50万円以下の罰金。
違反点数は25点=即免許取り消し、欠格期間は2年(処分歴がある場合は、5年まで延長)。

また、高速道路上で相手のクルマを停止させる、著しい危険を誘発した場合は、5年以下の懲役または100万円以下の罰金。
加えて、高速道路で著しい危険を誘発した際は、違反点数は35点=即免許取消、欠格期間は3年(処分歴がある場合は最大10年まで延長)。

さらには、ドライバーだけでなく、同乗者が妨害運転をそそのかした場合も、その同乗者が免許を持っていれば免許取消処分となります。
但し、違反点数の加算は無く、欠格期間は最低2年

という厳しい処置の法規が施行された、まさしくその当日の昨日1日のことです。

隣り町から買い物した帰り道、前を走る高齢者マーク付きの軽乗用車に追いつく、そしたらこのドライバーの速度は時速30kmしか出さないのです。

道路は歩道があるほぼ直線の道路、制限速度は「時速50km」、そこを30km、たまに20km、どうしても車間距離が詰まってしまうのです。

隣りに乗った妻は「危ない。離れて、離れてっ!」と緊張状態です。

以前ならクラクションかパッシングしたかもしれませんが、「煽り運転」になりますから我慢です。

私の車の後ろには、当然ながら1台、また1台と車が詰まってイライラ状態です。

実は、一昨日も同じ経験をしていたのです。

家路に向かう途中、その車とルートが変わるまでの約2km、普段なら1分とかからない距離ですが、非常に長く感じられました。

ドライブレコーダーでもあれば、それらのドライバーを「妨害運転」として通報したかったですね。

 

| | コメント (9)

2020年7月 1日 (水)

刑務所に戻りたかった・・

5月31日午前7時55分ごろ、福島県三春町山田を通る国道288号線沿いで草刈りや清掃作業をしていた橋本茂さん(55)と三瓶美保さん(52)がトラックにはねられて死亡するという事故が発生しました。

そのトラックはそのまま逃走したため、現場で橋本さんらと一緒に作業していた人が110番通報し、県警は運転していた盛藤吉高被告(50)を同県須賀川市内でトラックの車内にいたところを発見し緊急逮捕、事故から約4時間後のスピード解決となりました。

県警によると、現場の三春町山田を通る国道288号線は片側1車線のほぼ直線道路で、被告は作業を終え帰る途中だった橋下さんらを見つけるとわざわざUターンして、狙ってぶつけたことが判明しました。

さらに、事故を起こしたトラックは盗んだもので、ひこくはそのトラックを運転できる「準中型免許」を持っていなかったそうです。

その動機は「人をはねて刑務所に戻りたかった」という、なんとも軽薄な自己中心的なものでした。

盛藤被告は事件の2日前に別の罪で服役していた刑務所を出たばかりだったそうですが、そんな動機で殺されたらたまったものではないです。

そのため当初は「過失運転致死」などの疑いでの逮捕でしたが、検察は「殺人罪」での起訴に切り替えられました。
当然です。

亡くなられたお2人、そして殺した被告、3人ともほとんど差がない50代、しかしその半世紀の人生の違いにはかなりの差があった気がします。

交わることが無い人生が、こんなことで関係し悲劇が起こってしまったわけです。

こういう無差別殺人・通り魔殺人というのは気を付けようが無い、それでも気を付けるしかないのでしょうが、どうやって防げばいいのでしょう?

お天道様に祈る?

留置所に居ても何百万ののボーナスを受け取っている国会議員もいますが、塀の中の方々の費用も全部が血税です。

| | コメント (7)

2020年6月30日 (火)

都知事選には、いろいろな人物

東京都知事選は、福島県人の私から見れば単なる「地方知事選」ですが、候補者の数は毎回驚く人数です。

報道は一部の候補者のみですが、報道されない他の候補者の中に「絶対!この人物は当選してはいけない」というのをみつけました。

国民第一党の党首の「桜井 誠」という候補者です。
候補者一覧→https://2020tochijisen.tokyo/governor/

公約は「都民税無料」、「都民の固定資産税無料」などなど、荒唐無稽な公約ですが、それだけじゃないです。

この人物は「在日特権を許さない市民の会」の創設者で前代表の人物なのですが、この会が行っている活動がまた驚きます。

  • 在日朝鮮・韓国人の特別在留処置などに反対。政府へ撤廃要求
  • 原子力発電再稼働の賛成。再稼働の推奨
  • 広島原発被曝者への特別処遇に反対。政府へ撤廃要求
  • 芸人の高額収入に反対
  • その他 ヘイトスピーチ多数

北朝鮮や韓国が反日デモが盛んにおこなわれていたころ、この会は日本国内で数千人規模で反韓デモを行っていた団体のようです。

デモに使わる言葉も信じられない言葉(殺せ。レイプしろ)が使われていますので、マスメディアなどは扱わないようにしているようです。

ただ、そのようなヘイト集団なのですが、会員は年々増加していて、今は14000人以上にになりさらに増えているそうです。

こういう思いの人々は、例外なく世界中に居る証で哀しいことですが、それは誰にでも持っている思いなのかもしれません。

それが、報道されないとしても都知事選というのに乗じ、伝えられることはある意味でコビット-19の感染より危ないことような気がします。

 

 

| | コメント (10)

2020年6月29日 (月)

オリンピックマーチに入った‘‘あの曲’

今週からコビッド-19感染防止のため撮影が延期されたため、NHK朝のテレビ小説「エール」は初回からの再放送が始まりました。

今回のテレビ小説は「働き方改革」で、土曜放送が無くなるなど、初めてのことが多いですがコビッド-19の緊急事態宣言での撮影休止は想定外だったでしょう。

それはさておき、今回の主人公のモデルは「古賀政男氏」、「服部良一氏」と肩を並べて、流行歌の三大作曲家と呼ばれるようになった「小関祐而氏です。

古賀政男氏は途中で移籍しますが、3人ともコロンビアの専属作曲家としてデビューし、交流があったことは良く知られ、ドラマ内でもそれは描かれているようです。

違うのは、古賀政男氏と小関祐而氏は戦時中に沢山の軍歌のヒット曲を作ったことでしょう。

ちなみに、敵性音楽であるジャズが得意だった服部氏は、日本にはいづらく上海に行って李香蘭などの曲を作っていますね。

そのため、終戦後古賀政男氏などは「GHQによって戦犯として捕まることを覚悟した」と語っています。

しかし、それはおこらず3人共に戦後のヒット曲を次々に作曲していくことになります。

朝ドラが始まり、小関祐而氏の新たな楽譜やレコードなどが発見され話題になっています。

特集番組で、わたしは第一回東京オリンピックの開会式に使われたオリンピックマーチの曲について、小関氏の思いが込められたある秘密を知りました。

オリンピックマーチは、「日本をアピールする曲」などの注文がなされ、小関氏のプレシャーは並大抵のものじゃなかったようですが、「日本」を強調するため、この曲に日本人ならだれでも知っている曲を最後のほうに忍ばせていたのです。

専門家にはすぐに解るそうですが、素人の場合はレコードを遅い回転にすると判ります。

それは ♪君が代は♪ の部分の旋律です。

なんと、小関氏はオリンピックマーチに「君が代」を入れていたのです。

驚きました。

今まで、全く知りませんでした。

楽器というものを一切使わず、小説を書くように作曲をしていた小関祐而氏、その才能に驚かされます。

さらに、あの曲を聴いて、それが判った人はもっとすごいですね。

| | コメント (9)

«熱中症と“マスク警察”