« 花盛り | トップページ | 事務所の音と匂い »

2005年5月23日

FW鈴木隆行選手

またいいところで決められず負けてしまった日本サッカー

FW鈴木は攻められるんだろうなあ。

しかしあれだけ足を削られてもゴールに向かう姿はわたしの好きな選手だ。よく見るとものすごい小さなフェイントをしながらのドリブルは相手選手のファールを受けやすい損なタイプの選手だ。そこを理解できているからジーコは使い続けているのだと思う

鹿島アントラーズファンであるわたしの贔屓目かもしれないが、ああいう足の使い方の日本人は少ない(昔だと水沼あたり)貴重な選手だ

あるテレビのインタビューで鈴木選手の言葉が妙に頭に残った

「挫折なんて無いですよ。日が当たったことが元から無いから」 そして 「どうしても前に進めないとき、それでも下がりたくなく前に出たいとき、横に行くと前にいけるときがあるんですよ」と笑顔で言った言葉

なんとなく鈴木選手の人生観のようで感心してしまったアントラースファンの私です

|

« 花盛り | トップページ | 事務所の音と匂い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/4251603

この記事へのトラックバック一覧です: FW鈴木隆行選手:

« 花盛り | トップページ | 事務所の音と匂い »