« 立秋と秋分 | トップページ | 回想、いのちの日 »

2005年9月26日 (月)

こんなゴーヤがうまい

「ゴーヤと言えば苦瓜というくらいですから苦いのは当たり前だ」と思っている方苦くないのがありましたよ

青いゴーヤも熟してくるとオレンジ色になり不気味な赤い口を開く

IMG_0484 こうなったらもう捨てるしかなく

触りたくもないので自然に落ちるのを待つか弦と一緒に燃やしているのが普通だと思っていた

ところが

きょう、叔母が尋ねてきて「これ生でサラダにするとおいしいよ」とそのまま食べだした

そんなの食うの?」とわたしは思わず聞いてしまった。

まねして食べたら(恐る恐るはしのほう)「あれっ!苦くねえぞ、うめえ」新鮮な驚きでした

さっそくフォトのゴーヤを刻んで酒の肴となりました

かけるのは塩でもマヨネーズでもいけます。少し苦いパプリカの味です

|

« 立秋と秋分 | トップページ | 回想、いのちの日 »

コメント

そうなんですか!
なんで知られていないのでしょうか?
我が家でも時々出ますが、我慢して食べてるんですよ。

投稿: もうぞう | 2005年9月26日 (月) 18:53

)もうぞうさん

このオレンジのを食べていたんですか?
見た目があまりにもよくないので私は食べられるとはまったく思っていませんでした

投稿: 玉井人 | 2005年9月26日 (月) 19:30

え~~~っ、そうなんですか?
食べられるのだろう、と思っていましたが、見た目、気持ち悪くて、そのままにして種を落としました。
見つけられなくて何本もこんなのがありました。
今年はもう終わりですが、来年、生で食べてみます。
(わざと熟させたりして・・・)

投稿: おくさま | 2005年9月26日 (月) 21:11

)おくさま

わたしもそう思っていました。畑でいきなり叔母が食べだしたときには驚いて笑ってしまいました

来年覚えていたらやってみてください。スーパーには絶対出回らないでしょうから

投稿: 玉井人 | 2005年9月27日 (火) 20:48

へぇ~

生で、サラダにしてですかぁ?

時々いただいて食べていますが、
ゴーヤおいしいですよねぇ~

あの苦さ、なんともいえず、
癖になります。

早春の味のふきのとうとか、
ウド、苦味がなければおいしくないのです。

赤くなったのは軟らかくていためると
ぐしゃぐしゃになり、
苦味がかなり落ちます。
それもまたおいしい。

ゴーヤを素揚げにして、
酢しょうゆでもおいしいです。

もう、今年はゴーヤも終わったことでしょうから、
来年サラダにしてみます。
(熟したのをもらった場合)

投稿: aonami | 2005年10月 6日 (木) 15:16

)aonamiさん

けっこう皆さん知っていたんですね

まだ小さいのが我が家ではありますがハヤトウリの勢力に圧倒されています

投稿: 玉井人 | 2005年10月 7日 (金) 03:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんなゴーヤがうまい:

« 立秋と秋分 | トップページ | 回想、いのちの日 »