« 普通に走行してください | トップページ | 花ののタスキ渡し »

2006年3月27日 (月)

有酸素運動

「有酸素運動」と聞いて何のことかがわかる人はそんなにいないだろう

簡単に言えば身体にうまく酸素を取り入れる運動、つまりジョギング、水泳、ストレッチ、そしてウォーキングのことだ。ただしこれらにもささいな短所がある。

ジョギングはやり方でひざや足首に障害が起きることがある。水泳は施設とお金がかかる。ストレッチは専門知識がないと逆効果のときがある、流行のウォーキングはやる場所がほしいし独特の動きが恥ずかしい。

では何がよいか?

「腹式呼吸」がいいようだ。一日20~30分やれば効果が得られるそうだ。ただし少なくても多くてもこの時間を守ることが大切なのだ。本によっては10分×3回が効果的とも出ている

やり方は、まず5秒ほどかけて腹をへこましながら息を吐く、つぎに腹を膨らませて鼻から息を5秒ぐらい吸う、そして10秒ほどかけて息を吐く、を繰り返していく

まず効果が出るのは「内臓脂肪の減少」そして「皮下脂肪」の順に減っていくそうだ。

簡単なことだが意外と10分でもきついものがある。真剣に脂肪を減らそうと思う人は持続できるはずだ

|

« 普通に走行してください | トップページ | 花ののタスキ渡し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有酸素運動:

« 普通に走行してください | トップページ | 花ののタスキ渡し »