« ショウブと花ショウブは違う | トップページ | 外国人から言われれば »

2006年4月19日

続く殺人事件

今日、頭と両手首、両足首が無い遺体が発見された。
警察は「事件の可能性がある」として動き出したそうだ、
でも殺人事件以外に考えられることは無いと思うのだが・・・可能性とはどういう意味なのだろう?

別のところでは夫が殺し押入れに隠しておいた事件が起き、夫が自首してきた事件があった。
動機はの家事をせず家が散らかしっぱなしの様子を見て「これではもうだめだ」となっての犯行だったらしい。
その様子はどんなにひどかったのかはわからないが・・・我慢ができなかったのだろうと想像した

そのテレビを見ていた我が家の家族で1名だけ「あらら!」と言いながらあわてて台所に走っていった者がいた

何をあせっているのだろうか?

|

« ショウブと花ショウブは違う | トップページ | 外国人から言われれば »

コメント

そりゃ焦りますがなぁ(^-^;

しかし、そんな理由で簡単に人を殺すなんて…
ありえない世の中になってしまった。。。

さっ、デスク周りでも片付けよっと!

投稿: はーちゃんパパ | 2006年4月19日 22:10

)はーちゃんパパさん

白河市の話でしたよね
一度や二度のことじゃなくすべてが面白くなかったんでしょう  きっと

そう思わないと恐ろしいですね

投稿: 玉井人 | 2006年4月19日 22:25

殺人事件自体が増加しているのか?
それを伝えるマスメディアが発達したからなのか?
どちらが正しいのか分かりませんが、
増えたなぁと実感はしますよね。。。
なにごとも動機が安易な気がしますよ。
子供の頃の育てられ方が悪かったのか…
我慢できる人間が少なくなりましたよね。

投稿: hide | 2006年4月19日 23:12

)hideさん

マスコミの発達が大きいでしょうね

少し気がついたんですが最近被害者の名前や顔を出さない場合が多くなったような気がしませんか?

投稿: 玉井人 | 2006年4月20日 08:41

マスコミのお粗末さや無責任さも感じますよ
当然マスコミは拘留されている犯人から直接話を聞いたわけでもなく
捜査関係者からの話を伝えているのでしょうが
それ自体が本当の話かどうかもわからないし
仮に犯人がしゃべったことの一部だったとしても
「供述=本当の殺害理由」とも限らないのではないかと思います
何の裏づけもなく
又聞きの犯人の話をそのまままるで真実のように報道されていることに少々疑問すら感じます
捜査関係者のこの手の情報流出は個人情報保護法には触れないのでしょうかね

投稿: カー助 | 2006年4月20日 16:19

)カー助さん

いつも思うんですが捜査の経過や犯人の現在の状況とか簡単に報道されていますがあんな簡単でいいんでしょうかね

冤罪だったときの対応もあやふやですしね
「松本サリン事件」での冤罪の誤報はまだ記憶に新しいのですが
あれから報道のあり方はどう変わったかは、はっきりしていない気もします

投稿: 玉井人 | 2006年4月20日 18:33

そうですね
マスコミは他人には「反省」や「自浄作用」を求めますが
自らにはとても甘い性格を持っていますからね
そして都合が悪くなると
伝家の宝刀「報道の自由」を主張して責任逃れではないでしょうか?
こんな情報氾濫な時代だからこそ
私たちが見る目を養わないといけないのかもしれませんね

投稿: カー助 | 2006年4月21日 09:12

)カー助さん

「自分のものさし」ですかね

投稿: 玉井人 | 2006年4月21日 13:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続く殺人事件:

« ショウブと花ショウブは違う | トップページ | 外国人から言われれば »