« 変わっちゃう伝来文化 | トップページ | 試食前を何度も往復 »

2006年4月 7日

受付カウンターで一礼

病院の受付ロビーで待っていたらあるおばちゃんが呼ばれた。初診らしく少し緊張気味にカウンターへ近づいていった。

「OOさんですか?」と声を掛けられて受付のそばに近寄りおばちゃんがとった行動は、
カウンターのまえでまず丁寧に一礼して「ハイ私です」とおだやかに話し始めた。

「こんな病院をたてた行動をする人には誤診なんかしてもらいたくないなあ」と思ってしまった。

お辞儀、そんなこと病院に来てしたことがない私には少し新鮮に見えた。

|

« 変わっちゃう伝来文化 | トップページ | 試食前を何度も往復 »

コメント

こんばんわ♪
そのお辞儀をされた、おばあちゃんの姿を想像すると、品がある行為ですね~。
最近はこういう方は、とんと見たこともなく、かえって横柄な態度の方が目に付きますから。
以前に大病院の会計で混んでいて時間がかかり、カウンターで怒鳴ってる人を見かけ、ビックリしたことあります。(笑)

下の「変わっちゃう伝来文化」のいろいろ、すごく勉強になりました!
知らないことばかりでした。
物事が少し変わるのでなく、正反対になるというのも面白い現象ですね。

投稿: コデマリ | 2006年4月 7日 19:44

)コデマリさん

ありがとうございます

怒鳴る気持ちも良くわかりますね。
私の場合、最近は名札をつけているのがほとんどなので苦情を言うときは「OOさん・・・・」と言う言い方をしますね。

かなりあちらではあわてますね。
私っていやな性格かもね

投稿: 玉井人 | 2006年4月 7日 19:59

最近呼ばれても返事をしない人が多いこと。
大きな所では、もう当たり前。

私は返事をするようには、してるんですが・・・つい小さな声になっているんですよ!

投稿: もうぞう | 2006年4月 7日 20:04

)もうぞうさん

わたしもしない場合が多いですね

手を上げるようなことはしてるかしてないかの高さですね

アイコンタクトでわかってもらえちゃうもんですからね

投稿: 玉井人 | 2006年4月 7日 20:13

呼ばれて返事をすると何か恥ずかしくなっちゃいます。
ほかの人は誰も返事をしないから・・・

投稿: おくさま | 2006年4月 7日 22:32

『礼に始まり礼に終わる』
いい言葉と皆が言うが、ほとんどできていないのが実情。
昔、会社の先輩にこんなことを教わった。
「ありがとうございました」とお辞儀する時は、
相手の目を見ながら「ありがとうございました」と声をかけ
そのあとからお辞儀するように。と
なるほどと、コレだけはいまだに実践しています。

投稿: hide | 2006年4月 7日 23:18

病院も最近はサービス業意識が芽生えてきて、
「患者さま」という言い方をする病院も多くなりました。
サービス業意識が芽生えたのはいいことですが、
肝心なのは医療技術であることと、
患者との信頼関係であること。
最近、医療過誤を巡る事件がおおいですが、
病院と患者のいい関係が早く築かれてほしいものです。

投稿: こやなぎ名人 | 2006年4月 8日 06:09

)おくさま

そうですね。私も同じです
今名前を呼ばれること自体が「誰か変な人に聞かれたらどうしよう」なんて不安な世の中ですから仕方ないのかもしれません。

それに田舎は誰か知り合いが来ていることが多く「あら!なにしたの?」と話しかけられるのが困るときがありますよね、言いたくない病名のときは


)hideさん

そのやり方を間違えてやると大変ですよね。
お辞儀をまねする外人さんがおかしく見えるときがあるときは必ず相手の目を見ながらお辞儀してますよね。
あごが上がってて変ですよね。

日本人でもそんな人を見かけるときもありますが威圧的な感じになりますね(わざとかもしれない)


)こやなぎ名人

その医者の前に行くと治った気がしてしまう
そんな医者や病院が主治医としてもてたら最高なんですができない庶民は近くの病院へ行くよりすべがない

そこでの信頼関係は組織分業型の医療は感情の入る隙間を見つけるのは困難ですね
それでも信じるしかないでしょうね

投稿: 玉井人 | 2006年4月 8日 08:49

4.5日前、店に96歳のおばあちゃんとその娘さんが見えた。
身なり格好に品があり、穏やかな人柄の人物である。
抹茶で何となくもてなしたところ、作法の話になり、
女学校の頃に作法を教える時間があったそうです。

60歳の娘に「80年も前の話しだべぇ」なんて言われて。

僕たちの子供の頃は学校に作法の時間はなかったなぁと思いつつ。
茶道でもやっていれば、確実に作法は身につく。
道のつくものはやっぱいいなぁと思います。

子供路頃は、名前を呼ばれたら返事をしましたねぇ。

玉井人さんの相手のネームプレートの名前を使う件
いただき!!  

投稿: aonami | 2006年4月 8日 12:41

)aonamiさん

名前を直接言われるのって意外とドキッとしますよね
商売で顧客を確保するための一番がお客様の名前を覚えること、と昔教わりました。

会社でもこちらの言いたいことを相手の苗字じゃなく名前で呼びながらやると相手はかなりどぎまぎしますね、特に異性はね
ただし相手を間違えると大変なことになるのでお気をつけください

「礼儀作法」と「エチケット」が必ずしも同じじゃないことが多いと思いませんか?

私はそういう場面にあったことがあります

難しいですね、人間関係は

投稿: 玉井人 | 2006年4月 8日 17:47

こんばんわ。
自分も、呼ばれたら、返事をする方です。
それが、常識ではありませんか?。

投稿: H・K | 2006年4月 8日 19:15

)H.Kさん

それはとてもいいことです

毅然とした態度はみてていいもですよね

それがなかなかできないのも人間の弱さですかね

投稿: 玉井人 | 2006年4月 8日 20:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/9474827

この記事へのトラックバック一覧です: 受付カウンターで一礼:

« 変わっちゃう伝来文化 | トップページ | 試食前を何度も往復 »