« 昼の酒は効く | トップページ | なんだもねえ »

2006年8月15日 (火)

エシャジョウリ、ジョウリカイカイユ・・・

怖い話で有名な「稲川淳二」の体験した亡霊が念仏のように唱えていた言葉

エシャジョウリ、エシャジョウリ、ジョウリカイカイユ、・・・

不思議な言葉であるが、日本の難しい言葉である

会者定離(えしゃじょうり)、それに定離皆々由(じょうりかいかいゆ)、それぞれを漢字に直すとこのような文字になる。

意味は>
会うものは必ず別れる運命にある。世の中はすべて無常(同じことは続かない)なる物である。

両熟語とも同じ意味らしい

宗教的言葉ではあるが、終戦記念日で月遅れのお盆にそのことばを覚えてみるのも何か良いすごしかたではないだろうか

なんでもない生活に突然襲い掛かる「死」という別れ、
その霊魂たちをお盆に向かいいれる風習
花を手向ける悲しみと、手向けられる寂しさの魂

それは平穏がいつまでも続かないことを意味し思い起こさせるもの、
そして、悪いことばかりも続かないことを教えてくれる風習なのかもしれない

人によっては、お盆には霊魂が呼び寄せられるので「水難事故死」や「交通事故死」が増えるのではないかなどとも言うが、多分迷信だろう・・・でも、気にはなる話だ

テレビでは小泉総理の靖国参拝にたいし賛否や平和について意見を言い合っているが、その臨時中継のため「高校野球中継」を見られないでいた出場地元ファンが一番今日は怒っていたに違いないだろうと思うと、
マスコミなどで真顔で意見を言ってる人がなんともこっけいに感じ、見ていたのは私だけだろうか

世は無常である。これから何が変化するか先祖たちも楽しみだろう。
とくに、そういう変化を見るのが大好きだった亡き親父はあの世でニコニコで下界を見ているはずだ

まちがいない

|

« 昼の酒は効く | トップページ | なんだもねえ »

コメント

今晩は~
お盆も終わってご先祖さんも皆何処かに帰って行かれたことでしょうね。玉井人さんは、ご先祖さん孝行でご立派です私どもは、此方に来て47~8年になるので此方で自分たちのお墓を購入しました。ご先祖さんの供養は、実家まかせで、甘えております。
玉井人さんのお話、とても重い所と面白いところがあって、繰り返し、繰り返し考えながら読んでます。楽しいです。

投稿: nanami | 2006年8月15日 (火) 21:23

)nanamiさん

ありがとうございます。
繰り返し呼んでいただけるようなことは書かなかったように思いますが・・
途中からは思いつきで書きますので内容が変化しやすいのが癖ですかね

投稿: 玉井人 | 2006年8月15日 (火) 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エシャジョウリ、ジョウリカイカイユ・・・:

« 昼の酒は効く | トップページ | なんだもねえ »