« 2006年4月23日 - 2006年4月29日 | トップページ | 2006年5月7日 - 2006年5月13日 »

2006年4月30日 - 2006年5月6日の11件の記事

2006年5月 6日

蜂に噛まれた?????

大阪の局で製作して全国放送している番組を見ていて面白い言葉を見つけた。

大阪では、「蜂に刺された」ことを「蜂に噛まれた」と言うらしい。
スタジオのお客さんたちが「噛まれた」と言っているのを聞いて何も違和感もなく自然に聞き流したのを見てちょっとびっくりした

そういえばそんな動物や虫に関する動作の言葉には地域でほんとに違ってるので面白い

蚊に刺される」と言う言葉があるが、我が地域ではそう言わずに「蚊にくわれる」というのが普通である

続きを読む "蜂に噛まれた?????"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月 5日

味は変わらない、金時赤飯

Img_0894なじょった?(どんな感じだ)」と母親が聞いてきた

赤飯の感想である

マメがでっけな、味は変わんね」(豆が大きいな、味は変わらない)

はじめて小豆じゃなく「金時豆」を使ってみたそうだがなんら小豆と変わらない味で豆の大きさが違うくらいだった

こいうのって(金時豆使用赤飯)他では定番のところがあるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また、同じ交通事故

先週高速道路を利用した際に、サイドの壁にぶつかり大破した車の事故処理の様子を見てきた

悲しい出来事である

今朝も18歳の同級生同士が乗る車が左カーブを曲がりきれずに事故になり仲間の車も巻き込んでの死亡事故がおきたようだ

スピードの出しすぎが原因」と見られているがそれだけで済まされるだろうか

続きを読む "また、同じ交通事故"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月 4日

「野口英世賞」制定と「朝河貫一賞」

福島県には以前から医療面で尽力をした人をたたえる「野口英世賞」と国際交流などでの貢献をたたえる「朝河貫一(あさかわかんいち)賞」と言うのが設けられているが

こんどは国家レベルでアフリカで医療に貢献した人に「野口英世賞」を与えることを小泉総理が決めたようだImg_0850

福島県にとってはこれほど名誉でうれしいことはない
最高の賛美をもってこの賞制定に拍手を送るものである 

なのだが・・・・野口英世・・・会津出身・・・渡辺恒三・・・民主党・・・参議院選挙・・・自民党・・・票・・

続きを読む "「野口英世賞」制定と「朝河貫一賞」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

うわっ!食ってるよ

昨日あ起きると部屋の前にねずみが横たわっていた。

Img_0873 犯人はこいつだった

うれしそうに前足で飛ばしたり咥えて放り投げたり長い間遊んでいた

しばらくして見たら
頭と内臓と後ろ足の辺りがバラバラになってねずみは無残な姿になっていた

こうなると猫はもう片付けないので結局私が掃除して捨ててくることになった

妻は?
「うええええええ~」と言ったままであった

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月 3日

番組開始時間が半端

最近番組開始時間が何時55分とかいうのが増えてきた。

そのためうっかりすると最初の10分を見なかったりしてはいないだろうか

「なんだって中途な時間に始まっこど、なんだべ」と母

「ちょっとでも早く始まればその番組を見つづけて視聴率を稼ぐ」そんなことが働いてのことだろう

「でもそだために番組表が見づらいのは何とかしてもらいたいもんだな」と、我が母親は新聞を見ながら怒っていた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝ズバ!みの発言

朝のテレビは今「朝ズバ」が一番人気のようである。
キャスターのみのもんたのニュースを面白くしてしまうしゃべり口が受けているからだろう

しかし、悪く言えば自分の主観を中心にしゃべるのでニュースに取り上げられた当事者からの抗議がもかなり多いようだ

一昨日の朝の特集で「大阪での姉妹殺人事件初公判」での発言には驚いた。

被害者の父親が「犯人を私と息子と二人で犯人を殺します」と涙ながらに訴える記者会見、子供のころ母親を殺したのが快感になって誰でもいいから人を殺したかったという犯人の話が紹介され、
母を殺したときの司法の判断ミスを指摘を力説し始めた「みのもんた」だったが、話は変な方向にすすんでいったのには驚いた

続きを読む "朝ズバ!みの発言"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年5月 2日

これも値上がりしてた

第三のビールが増税、焼酎もだ。今は小売店も価格の据え置きをするだろうが値上がりは必至だろう

ガソリンは毎回行くたびにジワジワ、ジワジワ上がってきているのがわかる。
急激に上げないでこっそりわからないようにあげている「やさしい、お心遣い」が変な息苦しさを感じる

これらの影響でライフラインの値上げが行われたら家庭への打撃は大きくなることだろう。
実際にそれが起こる可能性は小さくないから頭が痛い

続きを読む "これも値上がりしてた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 1日

やはり「マーム」ですよ

先日の記事でも書いたブッシュ大統領が言った言葉の日本語訳の疑問点Img_0851

やはり今回の対談の「キーワード」だったことが横田早紀江さんの帰国記者会見で明らかになった

大統領はいきなり私に向かって「マーム」、と「おかあさん」とおっしゃってくださった・・・・・・・それがうれしかった・・
(横田早紀江さん談)

マーム」の暖かい意味を横田さんが感じうれしく思ったのに
なぜテレビ局はその本訳に「母親」「早紀江さん」とかいう変に硬く事務的な日本語を使ったのだろうか?

改めてきょうのテレビ朝日のスーパーモーニングを見ていて考えてしまった。

その翻訳を流した局はお詫びの認識はないのだろなあ  きっと

ほとんどの局がそう流していたはずだ(テレ朝もだったはず)が・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月30日

鶴ヶ城(つるがじょう)天守閣より

Img_0844 天気がよいので会津の柳津(やないず)まで行ってから鶴ヶ城まで車を走らせた

朝高速から見た磐梯山は最高だった。
それを天守閣の最上階から見たのをフォトに収めた

雪を残す雄大な姿はここでもすぐそばに見える大きさである

手前に見える低めの山は有名な白虎隊が自刃をした「飯盛山(いいもりやま)」である

続きを読む "鶴ヶ城(つるがじょう)天守閣より"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ホ、ホ、ホ、ホ、ケキョ!

Img_0847 今朝はなんだか異常に鶯(うぐいす)が鳴きたてていた
(フォトは枝垂れ花桃である)

その鳴き声が「ホ、ホ、ホ、ホ、ホ、ホ、ケキョ」だ

なんといってるのかね、私にはわからん(わかっても・・・)

2~3日前から防災無線で「熊が村内に出没しましたので注意してください」の放送があったので近くに来てるのかもしれない

熊が出たんならもう竹の子が出始めたのかなあ」と
我が家の茶の間は熊の恐怖じゃなく季節の食べ物の話題である

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年4月23日 - 2006年4月29日 | トップページ | 2006年5月7日 - 2006年5月13日 »