« 2006年5月7日 - 2006年5月13日 | トップページ | 2006年5月21日 - 2006年5月27日 »

2006年5月14日 - 2006年5月20日の12件の記事

2006年5月20日

すごい夢を見た

私はほんとによく寝てるときに夢を見る、
それも全部が現実化のような天然色ばかりだ

しかし昨夜見た夢は始めてみるものだった。

それは、洪水に流され溺死した人々が累々と横たわるところを歩いているものだった

何百人の遺体だろうか少し動いている人も、
首だけのものやミイラ化しつつあるもの
どこまで行っても少しぬれた泥流や流木と一緒に死体、死体、死体が続くのである

なにを意味している夢なのか気になるものである

| | コメント (2) | トラックバック (0)

石油価格の影響がここにも

Img_0024 ガソリンなどを中心に石油価格の急騰は悩みの種である

それは石油製品にも及んでいることはわかっていたがさほど気にしていなかった

しかし、近くの店でキュウリネット(フォトの赤い糸状ネット)を買ったときにそれは実感させられた

昨年だとこの 3.6m×18m(Wネット)は200円台で買えたが
今年は近い400円台になっていた。

ただし下のマルチング用のフィルムは特売で安かったのでプラスマイナスに差がなかったので助かった。
賢く探せば高騰価格も乗り切れそうだ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年5月19日

アメリカで天使になった子

アメリカで多内臓移植手術を受けるために滞在していた赤ちゃんが親の腕の中で本日、天使になりました。

ちょっとだけ生きた女の子の様子をちょっとだけご覧いただければ幸いです

http://www.save-ayaka.com/  左記アドレスをお尋ねください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと帰ってきたデジカメ

キャノンのリコールに近いCCDの不具合によるトラブル修理を頼んでおいた私のデジカメがやっと治って帰ってきた

所要日数11日間、長いかどうかは判断が難しい

サービスカウンターで受け取る際にこういわれた
今後3ヶ月以内に不具合が生じたらすぐにお持ちください無償でお直しいたします

わたしはすぐにツッコミを入れた

えっ!またおかしくなる可能性があるってこと?」

店員「いえそんなことはないと思います。保障がございますということです

そんなことは百も承知だが言われたタイミングが不安な感じを与えたので、つい言ってしまった

丁寧な説明なのに、ことばとは難しい

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年5月18日

干しヤーコンが甘~い

Img_0132 フォトがなんだかわかるだろうか
ヤーコンである。

見た目はサツマイモそっくりであるが食べるとその食感はほぼ大根という食べ物だ

しかし、一抱えもある根菜が二株もあると一輪車に満載なほどできて食べきれない
知り合いに分けたりしても、あまりおいしいとはいえない代物でなかなかさばけないのが悩みだった

続きを読む "干しヤーコンが甘~い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母親の珍語録

近所の人が入院したとの話が舞い込んだ
骨折だそうだ、偶然私が通っているところなのでお見舞いに行くことにした

母がそのことを近所から聞きつけてきたのだが

骨折したんだと、複雑骨折なんだと、」と教えてきた、そして質問してきた

ところで複雑骨折ては、どこの骨折のことをいうんだ?」

えっ!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・?」一瞬、思考が停止

「複雑」をからだのどこかの場所現す難しい言葉と思ったらしい

あまりにも意外な言葉に笑いも出なかった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月17日

ジーコジャパンがみちのく福島県へ

集まってくるよ福島へ「ジーコジャパン」

日本最大のサッカー施設「J-VILLAG」に全日本がやってきた。
見に行きたいがおなじ福島県内でも距離があるしすごい人ごみのようだ

なでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)も始まってくるがここをホームにしている「マリーゼ」も当分ここが使えそうもないのは少し残念だがこれは日本のチームのための協力と思えばなんでもない

見に行きたいなああああ、でも往復5時間走りっぱなしはちょっとまともな体でない私にはきついし・・・(-_-;)・・・

そういえば「福島県PR大使」の「川淵キャプテン」も顔を出すんだろうか?
(来るのは当たり前だな)

続きを読む "ジーコジャパンがみちのく福島県へ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

破裂寸前のペットボトル

冷蔵庫に四角いはずのペットボトルが風船のように膨らみかかっていた

中には黄色い液体

みかんの絞り汁である。天然の絞り汁には糖分がそのまま入っている
その糖分が発行してガスを出していたのである

恐る恐るふたを開け「ブシューーーーー」ガスが抜けた

すぐに発行汁はすぐに捨てボトルは洗って分別ごみだ

危なかった、冷蔵庫が大変になるところでした

皆さんも忘れているものはないだろうか?確認してみてはいかが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月16日

サラリーマン川柳ベスト10

第一生命慣例の「サラリーマン川柳」の人気投票でベスト10が選ばれた

どれも笑っちゃうものばかりだが

わたしは1位のより7位の

痩せるツボ  脂肪が邪魔し

            探せない

これが文字通りツボにはまった

皆さんはどうだろうか?
下記のURLにアクセスすれば笑えるはず

http://event.dai-ichi-life.co.jp/senryu/2006_best100.html

| | コメント (5) | トラックバック (4)

2006年5月15日

サプライズはなかった人選

ジーコのワールドカップメンバー発表はサプライズはなかった

巻選手も当然である今現在でベストのメンバーだと私は思う

ただ言いたいのはコメントと解説をしていた武田だ!

「日本はオーストラリアは引き分けにしてクロアチアに勝ち、ブラジルはあきらめる」

なんだこの解説コメントはそんな考えで選手がゲームを一人でもしたら
日本は全敗になってしまうじゃないか

すべて勝利に向かってやってもらうのがサポーターや解説者であってほしい
そのくらい強い気持ちじゃないとワールドカップに出場した国の意味がない

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月14日

K-1は身長別階級がほしい

セーム・シュルト、チェ・ホンマ、などK-1には身長200センチを越す選手がのさばりすぎだ

それに迫力が伴えばいいのだが現在のチャンピオンのセーム・シュルトの試合はふわふわとしたパンチやキックでKO率が低くて面白くない

これならまだレミー・ボンヤスキーのほうがずっと良かった

わたしの大好きなジェロム・バンナは左のパンチ力が低下して勝ちにくくなっているが試合の迫力や面白さは格段いいものだ

背の高さを利用する選手は別階級にできないのだろうか?

せっかくヘッドホールド、膝蹴りがなくなったのに打ち合いに迫力の無いK-1になってしまうじゃないかい

K-1ファンとしては残念だ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

網戸をノックするので

Img_0164 網戸をいつものようにノックして「中に入れろ」とミーが外に来たので

あけてやったら

口にねずみを咥えて入ってきた
「ああああああああああ」と妻が叫び

ミーはうれしそうに部屋の中でねずみを追い始めた
まだ生きてる子ねずみだ

やっと思いで私がそれを捕まえて外に捨てた
参ったもんだ。今は何も無かったように寝ている猫のミーだ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年5月7日 - 2006年5月13日 | トップページ | 2006年5月21日 - 2006年5月27日 »