« 2006年6月25日 - 2006年7月1日 | トップページ | 2006年7月9日 - 2006年7月15日 »

2006年7月2日 - 2006年7月8日の11件の記事

2006年7月 8日

町の小さなパンや

手作りのパン屋は最近あちこちに増えている。我が村にも安くて(ほとんどが100円以下)で柔らかいパンを売るところがあり評判になっている

そんななか、隣町にまたパン屋さんがオープンしたPhoto_2

「風 庵」というパン屋がそれだ。

パン屋の名前と言うとしゃれたドイツ語、フランス語、ポルトガル語などが多いのだがまるで茶室の庵(いおり)を連想させるようなネーミングは珍しいし、一歩ひいたご主人の謙虚さをあらわすようで面白い

続きを読む "町の小さなパンや"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ひぐらしが鳴き出す

昨日の夕方突然「カナカナカナ」とヒグラシが鳴き始めた

秋のような鳴き声(俳句では秋をあらわす季語)だが初夏を告げるもので、
一番最初に鳴く蝉なのである

一気に真夏となるのか、と思わせる

そんな夕飯であった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 7日

本日、七夕(しちせき)の棚機(たなばた)

節句は本来五つあり、1月7日の人日(じんじつ)、3月3日の桃の節句、5月5日の端午の節句、9月9日の菊の節句、そしてお盆の行事の一つでもある7月7日の七夕(しちせき)の節句がそれである

村の災厄を除いてもらうため水辺にて機(はた)で神様の衣を織り一夜妻になった棚機津女(たなばたつめ)の伝説や

その説とあいまった七夕(しちせき)の行事で、川辺に棚(たな)を設け機(はた)で布を織りその布を身につけ女性が川でみそぎを行っていたことなどから、「棚」と「機」で「棚機(たなばた)」になったらしい

続きを読む "本日、七夕(しちせき)の棚機(たなばた)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月 6日

何にかぶれた?

先週珍しく腕がかぶれてしまった。
きゅうりなどの細かい毛に痒くなることはよくあるがこんなにひどくなったのは初めてだった

何にかぶれたのか知っておかないと後で気をつけようがない

かぶれる植物はウルシが有名だがそんな樹液を触るわけがない
そしたらウルシの仲間はかなりあることがわかった

ツタウルシ、ヌルデ、スモークツリーなどがそれである
でもこれはなかった

続きを読む "何にかぶれた?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎖国の国には

北朝鮮(韓国、アメリカは、北韓国と言っている)のほぼ鎖国政策状態である限り
これを打開するのには「黒船来航」しかない気がしないだろうか?

時代錯誤といわれそうだがねImg_0240

21世紀の黒船がどこの国の誰がやるかは問題だが
今の状況を考えれば強い決意を持って「開国」を迫らないと何年たってもこのままの姿で行くことだろう

アメリカがいやに静観しているのがとても気になりはしないだろうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月 5日

道路にちょうちんロボット

村を走る国道4号の工事現場で気になるものが目に入った

Img_0253_ フォトがそれである

周りのクロアチアのユニフォームと同じ模様がとても気になってはいたが
この紅白のカラーコーンよりちょうちんのような照明設備がもっと気になった

直径1メートル以上の球体がクレーンのようなアームの先に付けられかなり明るい光でまわりを照らしていたのである

続きを読む "道路にちょうちんロボット"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

皆様へ「ココログトラブル」

ここにおいでくださる皆様にお知らせ申し上げます
私の使用しているブログ「ココログ」から以下ののようなお知らせが出ています

現在、ココログベーシック・プラス・プロにおいて、21時から翌1時台「ココログ管理画面へのアクセス/操作がしにくい」「トラックバック/コメントが受信しにくい」などのレスポンスの悪化した状態が継続しています。
お客様にはご迷惑をおかけしています。誠に申し訳ございません。

本状態を解決するため、7月11日(火)より約2日間の「データベースソフトおよびオペレーティングシステムのバージョンアップ」メンテナンスを実施いたします。詳しくはココログレスポンス問題お知らせブログをご覧ください。

メンテナンスの詳細な日時については、決まり次第ご連絡させていただきます。
いましばらくお待ちください。

以上、今後ともよろしくお願いいたします。

コメント投稿時にエラーなどもおきて大変でしょうが改善されるのをお待ちくださいませ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年7月 4日

里山の古道を走行する

里山の古道、昔は草などなく人が行きかっていたそうだが今、わたしの前に広がる道はどこが道かわからないImg_0228

50センチほどに伸びる草が道であったことすら覆い隠してしまっている
この下は川原のように石がゴロゴロしているのでいつものように4WDトラクターに乗っての走行となった

この奥のの植林した私の山の下刈りである

軽快なディーゼルエンジンが山に響き熊などを追い払う
ゆっくりゆっくり上る、今では私ぐらいしか登らない山であるし対向車などあるわけがない
揺れは激しいが動くソファーにいる気分で最高である

続きを読む "里山の古道を走行する"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 3日

日本一周、希望のマラソン

ガンを克服した男性がフォックスという22歳の若さでなくなった青年の遺志を継ぎ日本一周をして「ガン撲滅」を訴えている

もしかすると皆さんの町にも現れるかもしれない

ブログを書いているので応援してみてはいかがかな

ブログ名日本一周「希望のマラソン」 である

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬鹿は・・・・治らない、かな?

きょうは心温まるいいネタをアップしようと思ったのだがあまりにも腹立たしいのがあったのでそちらを先にしたい

それは、病院の受付フロアー1人の女性が松葉杖を突きながらやってきた
20代後半くらいの背の高い(170以上)その女性は一番前のいすに腰掛けた
足にはギブスがあり骨折の治療に来たらしいがその松葉杖の置き方を見て驚いたのである

その女性の前は受付の手続きや会計をする人などが一番多く行きかう通路でもあるのに
その通路の半分ほどまで横切るように自分の椅子横から松葉杖を突き出し倒して置いたのである

通常は、他の人が足を引っ掛けないように自分の小脇で斜めに置くとかするのが常識ではないだろうか

続きを読む "馬鹿は・・・・治らない、かな?"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年7月 2日

草刈のボラティア

きょうは福島県下一斉の「河川クリーンアップ作戦」というので川の土手などの草刈やごみ拾いが行われた。
わたしは、いつものように草刈機械での作業だった。

同日の午後には、区内の水路保全作業で、これまた草刈の作業であった。

一日草刈状態で、リハビリ中の肩は悲鳴を上げかけているし
雨が降っていたので雨具を着ての作業のため中は汗だくでビショビショになってしまった

雨にぬれるより汗のほうが多いので、結局濡れる羽目になってしまう。
雨合羽作業はそこが難点だ

誰か、通気性が良くて雨に濡れない製品を発明してもらいたいものだ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2006年6月25日 - 2006年7月1日 | トップページ | 2006年7月9日 - 2006年7月15日 »