« 2006年7月23日 - 2006年7月29日 | トップページ | 2006年8月6日 - 2006年8月12日 »

2006年7月30日 - 2006年8月5日の11件の記事

2006年8月 5日

江戸を守った人々

私が時代劇好きなのは先刻記事にしたとおりであるので、そんなやつの話がまた続いていると思っていただきたい

江戸の治安は町奉行というのが受け持っていた。北に一人、南に一人、月替わりで役目をやっていた。
この人は今で言う、東京都知事に一番近いかもしれない
「大岡越前」の街づくりの手腕は有名だ。それと幕府の倹約令に逆らってわざと芝居見物などをして江戸っ子の喝采を浴びた「遠山奉行」も金さんで有名な実在の人物である

ただ違うのは、テレビでやる白砂での裁きの場面で実際にやっていたのは三百石どりの「与力」という人たちで今で言う「警視庁長官と裁判官兼務」の人たちである

しかし、この「与力」の人たちは事件の捜査や、取り締まりはやらないのである

続きを読む "江戸を守った人々"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月 4日

ブログ開設、2周年

今月に入り、わたしのココログ開設が2周年を向かえた。
いろんな方のコメントやブログを参考に今の姿がある。
皆さんには感謝の気持ちでいっぱいである

最初の私の記事タイトル「若葉マーク」だった。

良かったら初心の私が見えるかもしれない。下記がそのURL

http://iwasironokuni.cocolog-nifty.com/komiti/2004/08/post.html#comments

| | コメント (6) | トラックバック (0)

江戸七不思議

「江戸七不思議」というと「おいてけ掘り」などの怪談が語られることが多いが
それだけではなく「あれっ!なんでだ?」と言うのがある

江戸には自宅に風呂は無く、人々は「湯や(現代の銭湯)」を使っていた

風呂」にその七不思議の一つがあったのである
江戸中全部の湯の脱衣場に必ず備え付けられていた
なぜか?男のほうには無かったから不思議なのである

それは武士が差していた刀の大小を置くための「刀掛け」なのである

さて、ここで  クイズ

それは、なぜおいてあったのだろうか? (判ってる人はかなりの時代劇つうである)

*答えは次回へ~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月 3日

ウグイスとカラスとせみ

梅雨明けが宣言され鳴きだしたミンミンゼミが暑さをいっそう感じさせる

そして、お盆が近くなると集まりだすカラス、

あちこちの墓地の上がり物データー収集であろうか?朝からやかましい

そこに鳴きだしたウグイスの声がなんとも不思議な季節感を感じさせた

今日、日中の最高気温は35℃を越してしまった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続、アクセス解析がバージョンアップ!

アクセス解析がバージョンアップしたのでいじっていたら、「アクセス言語、国」の欄があった

日本は全国からアクセスが来ているのがわかったが、まさか外国圏からはこないのだろうと思ったら、来ていたのである

<使用言語別アクセスランキング>

  1. 日本語
  2. 英語
  3. 中国語
  4. 韓国語
  5. ドイツ語
  6. イタリア語
  7. スペイン語

以上の結果が出ていた。

驚きであるとともにインターネットの怖さを感じさせられた

「セキュリティーは万全にしないといけないと」、と改めて思い知らされた結果であった

続きを読む "続、アクセス解析がバージョンアップ!"

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2006年8月 2日

アクセス解析がバージョンアップ!

ココログのアクセス解析がついに新しくバージョンアップになった。
だいぶ待たされたのでもう中止かと思ったら本日急に導入されたのである

新アクセス解析は以前からすごいのは知っていたが見た目だけしか知らなかったのでいきなり変えられて面食らってはいるのが本音である

かなり多機能(多機能すぎ?)のため使いこなすのに時間がかかりそうだが
面白いほど細かな情報が得られるようになったのでうれしい限りである

今回のサプライズは、拍手ものである「プラスコースで良かった」

さてさて・・・え~と?・・・やっぱり多機能過ぎ・・かな、私には(・へ・)

続きを読む "アクセス解析がバージョンアップ!"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月 1日

ジャガイモ調書

一昨日ついに我が家のジャガイモを掘り終えた。Img_0442

種類は「キタアカリ(丸っこい型)」に「メイクイーン(長め型)」である

主成分は糖質であるがビタミンB、Cも含まれている

B、Cは水溶性ビタミンで煮たりすると熱などで減ってしまう性質があるのが難点である

続きを読む "ジャガイモ調書"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

落葉の月、8月・・・秋っ?

車のラジオからこんな放送が流れてきた

8月は「葉月」と言いますが、これはこの季節に木々のが落ち始めるだからその名が付いたそうです。・・・・

<参考>
別の説もある

  • 稲の穂が育ち張り出す月で「張り月」が「葉月」になった
  • 北方から雁(がん)が初めて渡ってくる月の「初月」が「葉月」になった

どの説にしても季節は落葉が始まり稲穂が出て渡り鳥が来るようなときであるから完全に8月とは「秋」を指していることに違いはない

暦を見ても8月8日は「立秋」である。
まったく現代の季節と合っていないことは誰でもがわかることと思うImg_0439

それは西暦、つまり太陽暦を使っているのに日本古来の陰暦用語が当てはまるわけが無いのだからしょうがないことだ

じゃあ、旧暦では今は何月なのかと暦を見れば・・・

続きを読む "落葉の月、8月・・・秋っ? "

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年7月31日

金ぷら、銀ぷら、て何でしょ?

日本人の分類分けとそれに伴う名前をつけるのが好きなのはほんとうに感心するものだ。
しかし、分類が細かく複雑にして多数であるため統一されたり区別がなくなってしまったりあやふやになんているのがこれまた多いのも事実である。

「てんぷら」は皆がよく食べるものだがこれが複雑なため統一された言葉の一つだ。

そもそも「てんぷら」とは魚介類を衣をつけてあげたもので、野菜を揚げたのは「精進揚げ」と言うらしい。
そのてんぷらでも、衣の中にが入っているのが「金ぷら」入っていないものが「ぷら」と言っていたらしいのだ。

続きを読む "金ぷら、銀ぷら、て何でしょ?"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年7月30日

みのこう門さまに会う

癌を克服したその感激をマラソン日本一周で分かち合い皆に希望を持ってもらいたいと走り出した岐阜県(美濃の国)の男性を地元新聞の記事で見つけたのはもう一月前だった

その方が福島県に入ったことを知り、会いたいと思い連絡をもらったところで今日は待っていた
9時ごろ本宮町の「安達太良神社」に寄るというので遅れまいと8時ごろについた。
当然きてはいないので4号国道まで見に行くがそんな集団は見えない

走行しているうちに境内で9時を過ぎたので、長い石段を降りとおりに出ようとしたらブログ<日本一周、希望のマラソン>で見覚えのあるTシャツに短パン、背中にリュックの小柄な男性の姿が・・・

続きを読む "みのこう門さまに会う"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

夏みょうが採れました

Img_0423 「夏みょうが」ができていたのに気づいた

早速収穫、水で洗ってデジカメでパチリ!

日照不足はこんなところに恩慶がでた

みょうが肴にビールとなる真夏の夜

日本人だね    お~よ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年7月23日 - 2006年7月29日 | トップページ | 2006年8月6日 - 2006年8月12日 »