« 2006年9月10日 - 2006年9月16日 | トップページ | 2006年9月24日 - 2006年9月30日 »

2006年9月17日 - 2006年9月23日の7件の記事

2006年9月23日

黄門様となぜ呼ぶの?

テレビでおなじみ水戸黄門様なのだが、印籠を出したときは「中納言光圀公なるぞ!」と格さんが言っている

黄門となぜ言うのだろうと、不思議とは思わないだろうか

黄門とは朝廷からもらう官位「中納言」のことを呼ぶ別称なのである。
なぜそう呼ぶのかは、日本が官位をつけるときに参考にしたのが唐の国の律令制を参考にしたためである。

唐では門下省(中央官庁)次官を「黄門侍郎(こうもんじろう)」と呼び、
日本では太政官の次官が中納言となり、位が同じ位置になるので黄門と言ったそうだ

続きを読む "黄門様となぜ呼ぶの?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日

告別式にまたもや参列

昨日のことだが知人の親がなくなり葬儀に参列した。今月3回目の参列になってしまった。

現在は告別式とか、葬儀、葬式とかここらでも言うようになったがもともとは「ザザンボ」と呼ぶのが我が地域の慣習である。

なぜそういうのか判らないまま、わたしも幼いころから大人たちが言っていたので自然に覚えてしまっていた
気になったので文献で見てみたらその由来は、私が幼いころに見た埋葬行列にあることが判った

続きを読む "告別式にまたもや参列"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年9月21日

米だけの酒と純米酒の違いは?

何年か前から販売されている「米だけの酒」という酒だが「純米酒」とどこが違うのか?
値段は確かに「米だけ」が安価なものであるが、米だけなのだから純米ではないのか?
こんなことを不思議に思ったことはないだろうか。

そしたら、こんな規定を見つけた。
純米酒>と表記できる条件である

  1. 原料は白米、米麹、水だけで造られたもの
  2. 白米は、3等級以上のもの
  3. 米麹は、最低使用率が15パーセント以上であること
  4. 香りや味が優れていること(一度ふたを開けてから閉め2~3日後に開けても同じ香りのもの)
  5. 色は黄色くなく、つややかなも
  6. 精米歩合を必ず商品に表示すること

これは、平成16年(2004)1月1日から改正されて施行された法律である
これに当てはまらないものがあれば、その酒は普通の清酒であるが
ちょっとわかり難い違いではある

続きを読む "米だけの酒と純米酒の違いは?"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年9月19日

BMI(肥満指数)失格モデル

私のもう一つのブログで記事にしたBMI(肥満指数)がスペインのファッション界でもニュースに出てきた

スリムさが売り物のスーパーモデルたちにBMIの数字を当てはめて計算して、最低指数(18.0以上)を満たしていない女性たち5人をショーからはずしたそうだ。Img_0613_1

各国で無理なダイエットのため体を壊す若い女性が増えているため、その目標になるモデルから痩せすぎを排除するのが目的らしい

しかし、平均が16.0のモデル業界では反発が出ているようだ

きれいさをとるか、健康をとるか、この業界にとっては難しい問題だがスペイン以外はそんな考えは無いので
やはり美しさが重要らしい。

どちらにせよ、私には無縁(遠縁)だ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お坊さんの忘れ物?

Img_0619 「だめだよ、和尚さんこんなところに木魚を打つばちを落としていっては・・・ばちが当たるよ!」

そうではない、そう~ではない

これは、かさが開く前の「マントカラカサタケ」というきのこである

太さ(茎直径2センチ)といい長さ(30センチ)といいよく似た形だ
ただし、フワフワである

かさが開くと直径20センチほどもある大きなきのこである。
毒はないが、食べられない。

こんなのが出てきたと言うことはになったと言うところか、な

続きを読む "お坊さんの忘れ物?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月18日

肩透かし?「日本野鳥の会」

林野庁関東森林管理局によるブナ林の違法大量伐採が問題になったのは昨年だったろうか?、あのニュースは大変だった
地元の会津只見町、檜枝岐村などが中心になり、日本野鳥の会、福島県が猛抗議をしてその結果として林野庁関東森林管理局は謝罪を示しこれからこんなことをやらないことを約束したものだったImg_0528

ところが今度は、抗議したほうの桧枝岐村が違法伐採をしてしまったようだ。

場所は、「日光国立公園内、尾瀬の御池地区」通称「ブナ平」と言われるところの自然林を幅0.9m.距離1.9km.にわたる長い面積である
それは遊歩道を作るため村に依頼された測量会社がじゃまなブナや笹を伐採したものだったそうだが、
そのことを環境省に無許可で行ってしまったらしい。

 

続きを読む "肩透かし?「日本野鳥の会」"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月17日

偏った権利の保護

オームの麻原被告の死刑が確定したり、酒酔い運転死亡事故があったり、通り魔や強盗事件で被害者が死亡する事件は悲惨なものであるし悲しいものである。

国はそれらの加害者の更生したりするためや、被害者に対する保障などに約410億円以上のお金を使って人権保護の観点から予算を使っているそうだ。

しかし、加害者(犯罪者)と被害者(残された遺族など)に使われる予算の配分は極端な数字になるのであるImg_0594

それは、98%に対し片方はたったの2%という数字になる

どちらがどの数字か・・・

続きを読む "偏った権利の保護"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2006年9月10日 - 2006年9月16日 | トップページ | 2006年9月24日 - 2006年9月30日 »