« 2006年10月8日 - 2006年10月14日 | トップページ | 2006年10月22日 - 2006年10月28日 »

2006年10月15日 - 2006年10月21日の8件の記事

2006年10月21日

戻ってきたタフ(?)なやつ

Img_0639 私の持っている腕時計で一番のお気に入りの物である。

「タフソーラー」が通称名の「電波」で時刻が補正され、バッテリーは光の「ソーラーバッテリー」

電池は半永久、時刻も合わせることも無く水にも強い、「最高だよ」

そう思っていたのだが・・・

続きを読む "戻ってきたタフ(?)なやつ"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年10月20日

富士通もバッテリー交換の開始

発火の恐れがあるとしてPCのソニー製バッテリー交換プロジェクトが各社で行われる中、
同社製バッテリーを使用するメーカーの中で対応がまたれていた富士通(株)だった。

その富士通も、本日10月20日(金)から無償交換の受付を開始した。

わたしも富士通製のノートPCを使用している。
富士通が同社のバッテリーを搭載していることを聞いて、「これも交換か?時間がかかるのだろうなあ?」などととても不安に思っていたので去就に関心を持っていた。

しかし、今回の同社の発表はその心配が一掃されるものだった

続きを読む "富士通もバッテリー交換の開始"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年10月19日

こ~んなこともできる

Img_0719 ピントがボケちまったが、やっと撮れたフォトである

足の裏の臭いをかいでいるようなしぐさだが、そうではない

肉丘の間のごみを丁寧になめて取っているのである

当たり前のことだが、「体が柔らけえ~こと!」

一つミーに言いたい。「ケツの穴をこちらに見せるな!(怒)このやろう

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いじめによる自殺者数は何人?

昨日、テレビでやっていた数字「0人」には驚かされた。

今年も、小中学生の「いじめ」を苦にした自殺は社会問題なっている。

毎年のように、先生、学校、教育委員会、家庭、国によって話し合われ対策が講じられてもなくならない「いじめ」、そして自殺である。

つい最近も、先生まで参加する「いじめ」で自殺した子供の悲痛な親御さんの叫びが報道されているのはつらいものである。

続きを読む "いじめによる自殺者数は何人?"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月18日

知名度のある福島県出身者・?

福島県の知事選は秒読み段階になってきたが、こんな短期決戦では知名度と組織力が物を言うものである
それなら、ちょっと気楽にみて福島県出身者で知名度のある人となるとどんな人がいるだろうか?
もう亡くなられた人なら

  • 野口英世、朝河貫一吉田富三(抗がん剤1号作成)、などの博士たち
  • 瓜生岩子(日本のナイチンゲール)、松江豊寿バルトの楽園
  • 古関祐而、猪俣公章、市川昭介、丘灯至夫、~作詞作曲家
  • 伊藤久男、霧島 昇、春日八郎、~歌手たち
  • 草野心平(詩人)、円谷英二(特撮監督)、西郷四郎(姿三四郎のモデル)
  • 井上 登(クリナップ創業者)、八橋検校(筝曲六段、の作曲者)

以上のようなそうそうたる名がある

では今現在活躍中の有名人となれば、誰を思いつくだろうか?
年齢や、地域によって同じ福島県人でも違うだろうが少し羅列してみると・・・

続きを読む "知名度のある福島県出身者・?"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年10月17日

民主党、県知事選出遅れか?

福島県知事選は共産党が「小川氏」の推薦で候補者を決め、
自民党も「森雅子氏」の推薦を発表した。

森氏は民主党も候補を打診していたのでそのまま相乗りの形で推薦の発表をしたが
急遽それを撤回することになった民主党は混迷を続けている

最初から、「政治談合は絶対反対」と訴えている「民主党郡山支部長で元衆議院の増子氏」や、
現職民主党国会議員らなどの強烈なアピールが聞き入れられた形だ

続きを読む "民主党、県知事選出遅れか?"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

風邪引き

妻が先週から風邪を引き、葬儀もあったりして長引いている。

ズズズズズズズ、ズ~~~

鼻かみばかりだ。

「すげ~、はながでるなあ~」と言ったら妻が一言

「脳みそが流れ出してるのかもしれない」と真顔で答えた

医者に行けばいいのにね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月16日

玄関の戸が開く音

水曜日の朝玄関の戸が「カラ、カラ、カラー」と音がして誰かが来た音がしたので、
誰だろうとすぐ部屋を出てみた。

ところが、誰もいないし戸が開いた様子も人が来た気配も無い。

急に、2~3日前から危篤状態の親戚の老人が気になりだし病院に様子を見に行くと依然、一進一退状態のままだった。
まだ、このままの状態は続くようなのでいったん帰宅した。

自宅について1時間と少し過ぎたころ

  • 「おれ、だけど、今親が亡くなったから自宅に来てくれないかい」の電話がはいる

あわてて、母を連れてその親戚の家に向かった

続きを読む "玄関の戸が開く音"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2006年10月8日 - 2006年10月14日 | トップページ | 2006年10月22日 - 2006年10月28日 »