« 2006年2月12日 - 2006年2月18日 | トップページ | 2006年2月26日 - 2006年3月4日 »

2006年2月19日 - 2006年2月25日の13件の記事

2006年2月25日

とりのオリンピック

今朝は変に野鳥が「ピーピー」とやかましかった。非常にやかましかった

それもかなりの数と種類がすぐそばで騒ぎやがってうるせいなんつうもんでなかった。

何かの集まりだったのか

トリノオリンピック」、「鳥のオリンピック」か?・・・・・・・チャン、チャン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この花の学名はナルシスト?!

ギリシャ神話に「ナルシッサス」という男が出てくる。この男は絶世の美少年だったそうだ。どのくらい美しかったかというと自分自身が鏡に映った姿に見とれてしまうくらいだった。

あるとき水辺で自分が水面に映る姿にいつものように見とれてしまっていたら、そのまま花になってしまった。その花が学名「Narcissus」であるところの「水仙」なのだ

img_0643ナルシスト」という言葉はこのギリシャ神話が語源になっている

フォトは母がこんどオープンした店から買ってきた水仙「カイザー」と、いう品種だ

200円くらいで安かったので買ったらしい。以前知人からもらって同じものがあったのだが芽がでなくなったらしく消滅したようだ

続きを読む "この花の学名はナルシスト?!"

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2006年2月24日

オリンピック16位、よくやったよ

オリンピックは荒川静香選手の金メダルに喜びが爆発しているが私はあえて別の選手に拍手を送る

毎日ひたすら訓練し、地味な種目バイアスロン女子24キロリレーに日本代表として出場しオリンピックで戦ったうちの一人「目黒香苗選手」によくやったの拍手を送りたい。

出身は我が福島県の猪苗代町であるため地元新聞は16位ながらも1面を使いライフル銃を担ぎひたすら前へ前へとストックを突き立てスキーを進める感動の写真を掲載した。

そんな選手がいることを県外の人にも知ってもらいたい

「あなたの姿は本当にかっこいいです」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年2月23日

メール問題は重要なの

衆議院予算委員会で民主党の前原代表は「メール問題」を5分間だけで終了した。

マスメディアや評論家は口をそろえて「肝心なことを5分間だけなんておかしい」とまくし立てていた。しかし私には「それは肝心なことなの?」と言いたかった

民主党を支持するものではけしてないけれど、予算委員会でそんなに時間を割く問題だろうか?大型増税や年金問題、行革問題、天下り問題、公費の無駄使い、・・・・・・こちらのほうが肝心な予算編成が必要なことだと思う、

極論で反発も来るだろうが「メール問題」は、議員の個人的な事柄で体制を見ての事柄からは遠いような気がしてならない

「政治学者の皆さん少しテレビの視聴率稼ぎに乗せられている気がしませんか?」と、聞きたいのだが言いすぎだろうか

| | コメント (2) | トラックバック (0)

紙包みのお薬

img_0640 昔、医者からもらう薬は皆紙で丁寧に折られていた。

この折り方は誰が考え出したのか本当によくできているものだ。フォトは先日薬店から買ってきた「改源」という風邪薬である。

本当に珍しくなつかしい姿と、昔の薬のにおいがするもので子供のころを思い出してしまった。

宣伝も何もしていないものでしたがよく効くものだった。高い値段でもないしほとんどの薬屋で隅っこに目立たなくおいてあるので探してみるのも面白いかもしれない

(関連記事を「お茶の間メモログ」にもアップしましたのでよかったらどうぞ)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

風邪薬 <改源>

風邪の薬は季節柄たくさん今頃は発売されるものだ。CMは皆効きそうで買いたくなるものだがいざ買ってみるとそんなでもないものが多い

引いて言えば病院で処方する成分と同じ医薬品の解熱鎮痛剤の配合されているのがよく効くほうだ。大体似たり寄ったりだ。やはり風邪かなと思ったら「医者」である

ただどうしてもちょっとくらいのは市販薬で直してしまいたくなるのも人情だ。

私も薬局へ常備薬として総合感冒薬を探しに出かけていった。そこで隅のほうでまったく宣伝もされていなくて古めかしい薬が目に入った。あちこち説明書きを読んで物色して回ったがどうしても気になって「改源」と漢字で書いてあるレトロ調のを買ってしまった

続きを読む "風邪薬 <改源>"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月22日

パラリンピック選手出発

トリノではオリンピックが盛大に開催されているがもう一つのオリンピックに出場する選手がイタリアに向かい始めた。パラリンピックだ!

そこには福島県の猪苗代高校の学生が初出場で選出されている。高校生といっても世界ランキングで堂々の1位にランクされた金メダルに最も近い選手だ。

福島県はみんなで応援しているがこのブログを訪れる皆さんも良かったら応援のメッセージを鈴木猛史のブログに送れば励みになるんじゃないだろうか

  がんばれ 鈴木猛史選手!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

予期せぬことは脳が動かない

あまりにも若い人間の死はその知らせを貰っても脳はまったくといっていいほど反応しないため「XXXが亡くなりました」と耳に入っても理解できなくなるようだ

今回もそうだった。まったく私は最初何を言っているのか、一瞬時間がゆがむような止まるような感覚に襲われた

知人の方に聞いたら皆そういう反応になるので何度も何度も説明することになり苦労したとのことだった

物が見えても、音が聞こえてもそのときの人間は何も見えないし聞こえないでくの坊になるのだ。  これをパニックと言うのだろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月21日

休息

引き続き休息中(-----

| | コメント (0)

2006年2月20日

ちょっと休息

黙祷中につき少し休息(理由の詩)

| | コメント (0)

自動車の進化<傷が消える塗料>

わたしの現在の車を買うときに「CVTオートマチック」と言う名に出くわし面食らった。ギヤがまったくないオートマチックといわれても頭で想像が付かなかった。説明を聞いてやっと理解できた

いざ乗ってみてのあのガクガクンと自動的に変わる従来のオートマチックしか知らない私にはその動作がないスムーズな走りに驚いたものだった

そしたら妻のはキーを使わずにドアを開けエンジンをかけるものときたもんだ。まいっちゃう進歩だ

続きを読む "自動車の進化<傷が消える塗料>"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年2月19日

どうしてつづく不幸ごと

昨日葬儀でまた葬儀の知らせだ。礼服をクリーニングに出したばかりで間に合わない

早々に超特急でやってもらうように頼んできた

間に合わせるとの返事を貰って安心した

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金はたまらないがフォルダーはたまる

定期的に最近やるようになったセキュリティーチェック、あまり気にしていなかったがそこにはいつの間にかたまっていくPCのフォルダーが表示されてくる。

なんとなく眺めていたらすげえ数字が出ていた。想像では60,000位はあるだろうなとは考えていたがカウンターがとまった検査終了フォルダーの数は大きく違っていた

114,428>となっていたのだ     「ありまあいねこ」だ

続きを読む "金はたまらないがフォルダーはたまる"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年2月12日 - 2006年2月18日 | トップページ | 2006年2月26日 - 2006年3月4日 »