« 夕張サポータズinいわき | トップページ | 「年金定期便」て、知ってましたか? »

2007年5月30日

突然!停電したら

突然電気が消えて真っ暗、まずやるのはブレーカーが切れていないかを確認、なんでもなければ近所の明かりを見て我が家だけじゃないことを確認できたら「停電確定」である。

そして電力会社へ問い合わせすることが今のパターンじゃないだろうか。

今日の午後7時ちょっと前にその停電が起きたのだ!
2~3分くらいですぐに電気が復旧して明かりはついたのだが、その電気が安定しなくて明るくなったり暗くなったり、の半点滅状態になってしまったのだ。

外に出たら見える範囲の村全体がパカパカと街路灯などがしているではないか。
すぐに電力会社(東北電力)に問い合わせの電話をしたのだったのだが・・

電話口に流れたのは「現在大変混みあっております。しばらく時間を置きましてからおかけ直しください」という録音された女性の声だった。

東北電力は平成16(2004)年8月から各地域営業所へ直接の問い合わせや相談を廃止し、その業務を<東北電力コールセンター>で統括してやるようになってしまった。

停電の問い合わせ> 0120-175-366
その他問い合わせ> 0120-175-466
の番号ですべての地域を受け持っている

ところが集中しやすく今日のようなことになってしまう。

以前始めて利用したときも電話口に出る女性オペレーターときたら、こちらの地域も知らなければ、電気の知識もほとんどなく、単にこちらの地域担当の営業所に連絡するだけなのだ。
担当に聞くだけなのだからそんな知識は要らないのだろうが、じつにまどろっこしい対応なのである。

以前ならすぐそばの営業所に電話すると即答だったのに、経費削減なんだろうがもう少し迅速な対応に変更してもらいたいものだ。

と言うことで、原因は不明のまま2~30分後に電気は安定し復旧(?)したのだった。

なんだったんだろう?

<翌日31日報道>

本宮市地内の電力回路開閉器への落雷とわかった。このため本宮市では2時間近くの停電、そして二本松市、大玉村が一時的停電となった
同時刻に福島市飯坂でも停電があったため、「東北電力コールセンター」への問い合わせの電話は少なくても1000件以上は集中したと考えられる

|

« 夕張サポータズinいわき | トップページ | 「年金定期便」て、知ってましたか? »

コメント

停電・・・風も吹かなくて、雷もならないのに停電することがあります。
電力会社側のちょっとしたミスが原因のケースです!
地域営業所の問い合わせをなくしたらかえってわけがわからなくなりますね。
その時は送電する方のトラブルだったようです。
2005年末の新潟大停電以来戦々恐々としています!
失礼しましたm(__)m

投稿: Racexp | 2007年5月30日 23:23

奇遇(?)ですね。30日夕方、当家でも停電しました。
あろうことかソフトウェアのアップデート中に...
原因は外で鳴っていた雷だろう事は容易に推測できましたが...
現在、電気がなければ何も出来ないと行っていい時代になってしまいました。そんな時代での停電とは、
空気や水に続いて、電気もあるのがあたりまえになってしまう事への警鐘でしょうか。
オール電化の家とか大変でしょうね。

投稿: 秋ぎつね | 2007年5月31日 06:54

)Racexpさん

あの電圧の不安定な状況は送電の方のトラブルも考えられますね。
 
 
)秋ぎつねさん

こういうことがあるのにオール電化を進めるのは矛盾のような気がします

投稿: 玉井人 | 2007年5月31日 08:22

我家は停電したら電話も使えなくなります。
昔の電話は停電なんか関係なかったのにね。
停電してもご飯は炊けますし、食事には不自由ないですがIHなんか困りますよね。
一昨年の暮れの停電以来、もう停電は嫌!

投稿: おくさま | 2007年5月31日 21:32

)おくさま

ほんとに何もできなくなりますね。
我が家の電話は確かかかってきたのは使えるはずです。
ただ予備電話を持っているのでそれで普通に使用可能です

投稿: 玉井人 | 2007年5月31日 22:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/15260063

この記事へのトラックバック一覧です: 突然!停電したら:

« 夕張サポータズinいわき | トップページ | 「年金定期便」て、知ってましたか? »