« 「海の駅」とお土産 | トップページ | 今の子は漢字が書けない・・俺もだ! »

2007年5月 7日 (月)

抗菌、滅菌、除菌、殺菌、消毒、違いは?

最近の歯ブラシやトイレには「抗菌処理」とか書いてある。

そのほかには滅菌(めっきん)、除菌、殺菌などがあるが、その違いは何だろうと思ったことはないだろうか?
どれが一番清潔なのだろうかと、思ったりしたことはないだろうか?

あえて菌に対する強さランキングをつけるとこうなるようだ

    1. 抗菌こうきん
      >菌を減らす(殺菌)と同時に、菌の増殖を抑える(制菌)効果との両方があること
    2. 滅菌めっきん
      >あらゆる菌を完全に無くすことで消毒と同じ。
    3. 殺菌さっきん
      >特定の菌を殺して減らすこと。除菌。医薬品・医薬部外品など薬事法指定製品にのみ使う言葉。
    4. 除菌じょきん
      >特定の菌を殺し減らすこと。殺菌。使用されるのは薬事法指定外の商品になる。
    5. 消毒(しょうどく
      >細菌を弱めること。人体に有害な物質を除去または無害化すること。

つまり、作用そのもだけなら滅菌が一番強いのだが、一時的なことなので抗菌が一番強いとになるようだ。

さて、抗菌ブラシで歯を磨いて寝ましょうかね

|

« 「海の駅」とお土産 | トップページ | 今の子は漢字が書けない・・俺もだ! »

コメント

O157が出てから、このような言葉が頻繁に出るようになったようです。
現場では、必要なんでしょうが、一般人はあまり神経質になる必要は無いと思います。

むしろこれらを必要以上に繰り返すことで、耐性が出来てしまって、始末が悪くなるとの報告もあります。

投稿: もうぞう | 2007年5月 8日 (火) 18:59

)もうぞうさん

そう言えば、O-157より毒性が強い「O-27」というのが日本国内で発見され、注意を促していましたね

投稿: 玉井人 | 2007年5月 8日 (火) 21:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 抗菌、滅菌、除菌、殺菌、消毒、違いは?:

« 「海の駅」とお土産 | トップページ | 今の子は漢字が書けない・・俺もだ! »