« マリーゼ、どうして引き分けなの? | トップページ | 愛知立てこもり事件、報道について »

2007年5月22日

愛知立てこもり事件、突入班編成

今回愛知県で起こった人質立てこもり事件は、SAT隊員の警察官林警部が撃たれて亡くなるなどの犠牲をだして解決されその後毎日関連ニュースが流されている。

ところで、警察の「突入班」とはどんな組織構成をなしているか知っているだろうか?
簡単に組織された物ではなく、ましてや単独組織じゃなく複数の組織が連動しているのである。

今回の事件でも、事件の最初に駆けつけた「機動捜査隊」、撃たれた巡査をタンカーで救出した「特殊捜査係SIT)」、亡くなった林警部が所属した「特殊急襲部隊SAT)」、周辺警護の為SATなどと同行した「機動隊」、それにもしかすると狙撃が専門の「銃器対策部隊」もいたのかもしれない。

これらにそれぞれ指揮官がいて、それをまとめるのが県警本部であり公安なのである。
そして、そのすべての最高責任者は県知事になっていることも忘れてはいけない。

通常、「突撃班」は「SIT」と「SAT」が連携した形で班が構成されるそうである。
これら二つの組織は、持っている装備も姿も同じなので混同されやすいが、警察内部での仕事にはかなり違いがある。

SATとは、警察の警備部に所属し機動隊員から選出された精鋭部隊で正式名称を「特殊急襲部隊」と言い、銃火器などによるテロ対策(または銃器事件)のための事件制圧部隊であるため原則非公開のようだ。
この組織は、事件捜査やパトロールは一切しないので普段は訓練などをして体を鍛えている。
そのため訓練施設や装備に多額の費用がかかるため特別には組織していない県がたくさんある

SITとは、警察の刑事部捜査課に所属し正式名称「特殊犯捜査係」といい、今回のような立てこもり事件や誘拐事件、企業恐喝事件などでの被害者救助、犯人逮捕を仕事としている。
普段は刑事事件などの捜査をしている、平たく言えば「刑事さん」であるが、SAT隊経験者で構成されるのがほとんどだそうだ。
また、SATの組織が無い県ではその仕事も兼務しているそうだ。

  • 名称は、都道府県によって違う呼び名で、下記のようになっている

<SIT>  東京、栃木、宮城、三重、愛知
<MAAT>大阪
<SRT> 埼玉
<ART> 奈良、千葉(千葉の隊員はパートタイマー)
<SPR> 静岡

この中で、東京のSITや大阪のMAATは全国に派遣されることがあるそうだ。
特に東京のSITは日本の首都を守ると言うことで装備も隊員も日本最強だそうである。

非常にまぎらわしい組織であるが、大きな違いは二つ

  1. SATは強行手段によって事件制圧、SITは人命第一で救助が目的
  2. SITは普段捜査などの事件を追っているが、SATの場合普段は訓練のみ

もう一つまぎらわしいのが、「機動隊」と機動捜査隊」でこれも混同しやすい

  • 「機動隊」はSATと同じなので普段は警備が目的の組織で、海上保安庁特別警備隊や皇宮警備隊などの俗に言うシークレットサービスがそれに当たる。
  • 「機動捜査隊」は、事件の初動捜査などを行う人たち続に普段見る「おまわりさん」達がそうである。「交通機動捜査隊」などはこちらに属する

そして今回もチラッと出てきた「ネゴシエーター(交渉係)」という警察官が登場して事件解決がなされたことも忘れてはならない

ご多分に漏れず警察も官庁の一つで、複雑にたくさんの組織が存在してその役割も複雑怪奇である。
それを事件のときに統一させて突入させるのは至難の業かもしれない。

|

« マリーゼ、どうして引き分けなの? | トップページ | 愛知立てこもり事件、報道について »

コメント

記載内容についてお知らせします。

>•「機動隊」はSATと同じなので普段は警備が目的の組織で、海上保安庁特別警備隊や皇宮警備隊などの俗に言うシークレットサービスがそれに当たる。

シークレットサービスはアメリカ大統領等の身辺警護に当たる組織です(財務省所属で元々は偽造通貨捜査が任務)
日本ではSP(セキュリティポリス)と呼びます。警視庁警備部警護課のVIPの身辺警護に当たる警察官です(機動隊ではありません)。

>•「機動捜査隊」は、事件の初動捜査などを行う人たち続に普段見る「おまわりさん」達がそうである。「交通機動捜査隊」などはこちらに属する

機動捜査隊員は私服です、普段見る「おまわりさん」達に該当するのかどうか(見た目わかりません)
交通機動隊です。
機動隊も「おまわりさん」達ではないでしょうか。

投稿: 連合 | 2010年11月15日 03:48

連合さんへ

コメントありがとうございました。困りましたね
わたしは「機動隊」と「機動捜査隊」の違いを噛み砕いて分かりやすく文章にしたのですが、連合さんのようなかたには本来の説明のような難しい説明の方が良かったんでしょうね

要するにどちらも一般的に、俗に言えば「おまわりさん・警察官だが、捜査やそれに類する行為をするのが捜査隊、でまったくやらないのが機動隊」であるという説明を書ききました。

シークレットサービスについても分かりやすく「俗に」という言葉を頭につけています。
交通機動隊も場合によって窃盗捜査も行いますので、大きな意味で捜査隊に属するという意味で書いています

>私服・・・
どちらもいろいろな服装呼び名があり、見た目では区別できませんことはご承知の通りです。

今一度文章を読んでいただければ貴殿が誤解されていることがお分かりなるかと思います

投稿: 玉井人ひろた | 2010年11月15日 07:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛知立てこもり事件、突入班編成:

« マリーゼ、どうして引き分けなの? | トップページ | 愛知立てこもり事件、報道について »