« そうだったのか | トップページ | 自動車が消えた!そこに道あった? »

2007年5月17日

5輪タイヤでも自転車です

自転車とは2輪ばかりを言うのではないことぐらいは、誰でも知っているだろう。

Photo_13 それが3輪なら判るが、5輪もあるのが自転車だとしたらちょっと驚きではないか?

フォトのを見てもらいたい、前に4輪、後ろに1輪でまさしく5輪の自転車である。

オーストラリア生まれで名前を「ストリートサーファー」と言う物である。

この自転車の楽しみ方はコーナリングの良さを楽しむらしい

滑りにくい前輪はそれだけじゃなく自動車の4WSのように4輪が独立して角度を変えるので小さく曲がれるのだそうだ。

公園などの狭く平なところで楽しむのは面白そうな自転車である。
ただアスファルトのように平らな硬いところでないと、土などでは小さい前輪がめり込んで走れない気がする。

<JAFメイト2007.⑥>に掲載されているので詳しく読んでみると前輪の動きが少し写っているので、確かめてみてみてはどうだろう。

どこで販売されているか知らないが、99,800円くらいからの値段設定であるそうだ、
実物を一度見て乗ってみたいものである。

「脚がつっちゃうかな?」

|

« そうだったのか | トップページ | 自動車が消えた!そこに道あった? »

コメント

へぇ・・・ 小さな四輪に意味があるのですねぇ。

面白い・・・ ただ今 マウンテンバイクが欲しい・・・
とおもっているのですが・・・それもまだ実行できず
なにぶんにも 不器用なので。

現在ママチャリで ほとんど 用を足しています。
車はめったに乗らない・・・というより
所持していません。

もぉ~~ ご存知の事件で 当分ショック状態です。 

投稿: aonami | 2007年5月17日 15:20

)aonamiさん

そちら会津は今大変な事件で混乱中でしょうか?
ほぼ毎日のように報道されてますね。

投稿: 玉井人 | 2007年5月17日 19:15

これってブレーキは後輪だけなんでしょうか?
なかなか興味深い…
街中では目立って恥ずかしいかな^^;

投稿: hide | 2007年5月17日 23:01

こういう発想が出来るのは、まさに「欧米か?」ならではです。遊びを造りだすのも、遊び道具を生み出すのも、何でも遊びにしてしまうのも、みんな得意なのは「欧米か?」です。人種の違いが、発想の違いに出ているんだと思います。「欧米か?」のそれにはまったく脱帽です。

投稿: koji | 2007年5月17日 23:22

5輪自転車、ちょっと乗りにくそうだけれども・・・・。
見ていると面白いとは思います。
見ているとkojiさんではありませんが、遊んでいるように感じます。

投稿: 浜辺の月 | 2007年5月17日 23:30

)hideさん

前にもブレーキはありますね。
街中では、目立つでしょうね。ちょっと駐輪してたら盗難・・・になりそうですね
 
 
)kojiさん

発想の柔軟さは面白いですね。それにこういうのがすぐに公道を走れるというお国柄の違いもありそうですね
 
 
)浜辺の月さん

まっすぐ普通に走っても、なんでもないそうです。
二輪のより倒れにくいらしくゆっくり走れるそうです。
走行してると自分の前をラジコンカーが走っている感覚になるそうですよ

投稿: 玉井人 | 2007年5月18日 08:15

乗ってみました…
一言で言うと
めっちゃ乗りづらいです

日本の国土や道路事情から考えると
高いだけで全く使える代物ではありませんでした

ちなみに大きなサイクリングロード完備の公園や
レーシング場のサイクリング開放などでない限り
思いっきりは楽しめないと思われます。

まっすぐは走りますが
曲がりたい時はバイクで言うところのリーンインやらを駆使して曲がるので結構根性が必要です (コケる~とか思っちゃうと車体を倒せません)

まあ面白自転車とかではなく、『大人のおもちゃ』しかも使用エリアめっちゃ限定!! って感じですかね w

投稿: 乗ってみたバカチン | 2012年8月23日 08:06

乗ってみたバカチンさんへpencil

古い記事にコメントありがとうございます

やはり想像していた通りのようですね。よかったならヒットするはずですから、不人気なんでしょう

投稿: 玉井人ひろた | 2012年8月23日 12:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/15102478

この記事へのトラックバック一覧です: 5輪タイヤでも自転車です:

« そうだったのか | トップページ | 自動車が消えた!そこに道あった? »