« 味噌汁が爆発する?! | トップページ | 暑さ寒さも彼岸まで、 »

2007年9月22日

総裁選挙と妻の勘違い

自民党総裁選挙は大詰めである。麻生氏がなっても福田氏がなってもこれだけ大臣がコロコロ変わっては官僚の権威は上がる一方だろう。

そんな報道を見ながら・・

妻、「この選挙でどっちが総理大臣に決まっても・・・」

私、「おいおい、これは自民党総裁選挙で総理大臣選挙じゃないぞ」

妻、「えっ!これって総理大臣を選ぶ選挙じゃないの???」

日本国中で自民党のリーダーを選ぶ今回の総裁選と、国のリーダーを選ぶ総理大臣選挙を勘違いしている人は妻だけじゃなくかなりの人がいるのではないだろうか(妻の名誉のために)。

50年以上も<自民党総裁=総理大臣>の構図ができているのだから党内選挙が総理を選ぶものと思っても、それはそれで無理も無いことである

過去に自民党総裁になって総理大臣にならなかったのは先日まで衆議院議長をしていた「河野洋平氏」だけであろう。

河野氏が宮沢総理総裁から自民党総裁を受け継いだとき「細川護熙総理(日本新党)」「羽田孜総理(自民→民主)」「海部俊樹総理(自民→民主)」「村山富市総理(民社)」というふうに何度も総理が替わった。

しかし、ついに河野洋平自民党総裁が総理大臣になることはないどころか、総理選挙に自民党から推薦されることも無くその任を終了したのだった。

選挙制度から言っても、一つの党の代表選挙がそのまま国を代表する総理大臣に直結することは議会制民主主義の国としては異常と言っていいのかもしれない。

さて、これから野党が<総裁選総理大臣>の構図にもっていけるのかどうか、(たぶん難しい)見てみたいものである。

|

« 味噌汁が爆発する?! | トップページ | 暑さ寒さも彼岸まで、 »

コメント

その河野洋平さんの選挙区は当地ですね^^;
私の地元です…
息子はお隣の選挙区に移ってますが。。。

投稿: hide | 2007年9月22日 09:50

と、言う事は総裁が決まっても、総理大臣には成れないことも有ると言うことですか?

投稿: nanami | 2007年9月22日 12:46

そうでしょうね。
結構多くの人が、そう思っていることでしょう。
自民党は「総裁」と言いますからね。
総理にも似ている。
民主も総裁と言えばいいのに・・・
かえって紛らわしい??

投稿: もうぞう | 2007年9月22日 20:39

)hideさん

そうなんですか。河野洋平氏は一度自民を離れて戻ったので党内反発が強かったですから大変だったでしょうね。
 
 
)nanamiさん

その通りです。本文にもあった「細川護熙総理大臣」がその実例です。
今回の衆議院でも第一回目総理選挙では自民党総裁が総理大臣になるでしょうが、
参議院では民主党の「小沢一郎氏」が総理大臣に当選することが確実です。
そうなるともう一度衆議院でやり直し選挙になるはずです
 
 
)もうぞうさん

それは紛らわしいでしょうね。
一度、党を無視して国会議員全員自由立候補での総理選挙をやってみるのもいいような気がします。
そうなると「大統領制」に近くなってしまいますがね

投稿: 玉井人 | 2007年9月22日 21:19

今回の総裁選は国民にはどう映ったんでしょうか。福田さんの流れは変わらないんでしょうけど。それもおかしな気もします。

投稿: 阿武蜂虎蔵 | 2007年9月23日 06:00

)阿武蜂虎蔵さん

下馬評という言葉がありますが、総裁選は当選者が決まっていての下馬評、パフォーマンスですよね。

投稿: 玉井人 | 2007年9月23日 09:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/16530581

この記事へのトラックバック一覧です: 総裁選挙と妻の勘違い:

« 味噌汁が爆発する?! | トップページ | 暑さ寒さも彼岸まで、 »