« テレビだけじゃないよデジタル化期限 | トップページ | トイレ、顔前の案内張り紙 »

2007年9月15日

柔道審判、またまた誤審だ!

現在行われている国際柔道を見ただろうか?
井上選手、鈴木選手の「一本」はすべて審判によって奪われて、相手選手にプレゼントされてしまったのだ。

審判のレベル低下が毎年問題になっている中、またおきてしまった「完璧な誤審」、何とかしたいものだ。

ところが世界中同協会の理事から日本人役員の姿は今年完全に消されてしまったのである。
http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20070911i501.htm

最近の柔道の技、決まり手、審判のそれの見方、すべて「レスリング」になってしまってきていることはとても気になっていた。
柔道の用語がすべて「日本語」であること自体知らない選手や審判が多くなってしまった現在、<柔道のレスリング化>はとまらない気がしてしまう不安が募る一方の出来事である。

現在の柔道連盟の会長は「柔道ビジネス」を第一に考える人物らしく、日本の本来柔道を取り戻そうとする会派を締め出しにかかっているそうなのだ。

日本、韓国はその矢面になったようである。

「お家芸」こんな言葉がもう薄れてしまったのだろうか。残念である。

そういえば、世界中に選手がいて盛んな日本人が作り、日本が発祥の地であるスポーツ「空手」、「駅伝」がいまだにオリンピックに正式種目とならない、不思議!

日本外交の弱さなのだろうか?

よくわからないが、日本柔道はこれから審判のデーターもっとらないとこれから勝つことはできないだろう。
至急日本柔道界も対策を講じてもらいたいものだ

悲しい、さびしい、腹の立つことである。

|

« テレビだけじゃないよデジタル化期限 | トップページ | トイレ、顔前の案内張り紙 »

コメント

こんばんわ。
いや~、相変わらず「審判問題」起きていますね。
そう言えば、「シドニー五輪」で、「100キロ超級」で、「篠原選手問題」も、そうでしたね。
あれも、「世紀の誤審」と言われましたからね。
それにしても、何故「日本選手」は、誤審に泣かされているんでしょうか。
これでは、「北京五輪」にも、影響しそうですね。

投稿: H.K | 2007年9月15日 21:10

)H.Kさん

その通りですね。

投稿: 玉井人 | 2007年9月15日 21:32

柔道の審判のレベルの低さは、驚くほどですね。
レスリングという表現にも納得します。
空手も、国際種目となると、柔道と同じように種目の正確がかわり、「ボクシング」になるかもしれませんね。
剣道が国際化を目指さないのは、日本独特のものを失いたくないからだという話を聞きました。
横道にそれました。(汗)

投稿: ぜん | 2007年9月15日 21:39

13日に世界柔道選手権が始まったのは知っていましたが、テレビで見ることが出来ず新聞とニュースで結果を知りました。井上、鈴木の男子エースがメダルに届かず、北京五輪が不安になってきました。判定に納得がいかない様子のようでしたが、はっきり誤審だったんですか?審判のレベル低下は野球にも言えるようですよ。困ったものですね。山下氏が理事選で大差で敗れたとニュースで聞いた時、国際舞台での発言力が低下するなと思いました。誤審されても抗議できないんじゃないかと心配です。

顔面痛、激痛と戦闘中など大変な様子ですね。原因はわかったのでしょうか。今は大丈夫ですか?そんな時にもブログ毎日更新されて尊敬してしまいます。安倍首相の辞任の件は玉井人さん、書くだろうなと思っていました。敵前逃亡、無責任、などいろいろ言われていますが、私は要するに気力が失せたのだろうと思います。心を病んでいるのかも知れません。朝青龍以上に。まともな人間がすることじゃないですから。

投稿: ミッチ | 2007年9月15日 21:56

)ぜんさん

剣道も国際大会があって、日本人が苦戦し始めているようですよ。
今の柔道は嘉納治五郎氏が始めたころの「柔の道」ではなく、それ以前からある「柔術」になっているような気がします。
そう考えを切り替えれば良いのかもしれません。
 
 
)ミッチさん

あれほどの一目瞭然の一本勝ちが相手に移るなんて異常です。
特に鈴木選手のは素人でも判ります。
顔面のは「額骨髄炎」でございまして、今は治った状態です(鼻の横を押すとまだ痛い)
ご心配ありがとうございます。

安倍さんは、時期を間違って出された、いわば自民党組織の犠牲者ですね。

投稿: 玉井人 | 2007年9月15日 23:38

由々しき事態です。
柔道の技の奥深さを知る審判が減ってきているというのは、例えば「皮を切らせて肉を切り肉を切らせて骨を切る」とか「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」などという返し技とかをするどく見抜く目が無くなってしまうという結果になってしまいます、表面上の優位、優勢のみに目が行ってしまい、相手の攻撃を皮一枚のところでかわして逆転するなどという技が正等に評価されなくなるという危惧があります。
技というより、力の勝負になってしまうような、そんな心配があります。

投稿: koji | 2007年9月16日 12:17

日本の伝統の返し技が認められないなんて
悲しいですね。何とかなりませんでしょうか?

投稿: nanami | 2007年9月16日 16:54

)kojiさん

やはり、テレビ用に制限時間ができた時点でプロレス化になりましたね。
柔道はどちらが先に「一本」をとるかで決まるものでしたが、それでは長時間の試合でも勝敗が決まらないためにできたルールですが、その時点で日本は考えを「柔術主義」へと変えるべきだったでしょうね。
 
 
)nanamiさん

ブレンバスター気味の「体落とし」、タックルを「諸手狩り」として多用する選手、危険とされる逆間接技、「締め技」というよりスリーパーホールドといって良い技、皆プロレスですよね

投稿: 玉井人 | 2007年9月16日 20:19

何だか難しくて良く解りませんが、
柔ちゃんや、棟田さんの様に、勝つ人は勝つのですね。

投稿: nanami | 2007年9月18日 13:09

)nanamiさん

そうなんですよね。

投稿: 玉井人 | 2007年9月18日 22:42

「誰が見ても文句のない勝ち方をすれば良い」と
あの篠原選手も言ってましたね。 
さて、国際試合でメダルを獲る事が目的ならば、日本柔道も
それ相応の戦い方、優勢に見えるとり方を考えねばなりませんが、
それがいいことなのかどうか…

 勝負がついた時点でそれ以上は相手を攻めない、こんな美学、
捨ててしまわなければいけないのでしょうか。

投稿: 山桜 | 2007年9月19日 17:51

)山桜さん

その美学はどこの国もありますよね。ラグビーの「ノーサイド」は試合終了後は敵味方無しの精神ですよね。

オリンピックの意義とは本来「勝とうとすることに意義がある」だそうです。
これは、勝つために一生懸命になるときに人間の究極の美しさが出るということだそうです。

つまり「選手とはどんな手を使ってでも勝つ」のではないことを知ってもらいたいですね

投稿: 玉井人 | 2007年9月19日 20:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/16451784

この記事へのトラックバック一覧です: 柔道審判、またまた誤審だ!:

« テレビだけじゃないよデジタル化期限 | トップページ | トイレ、顔前の案内張り紙 »