« 2007年2月25日 - 2007年3月3日 | トップページ | 2007年3月11日 - 2007年3月17日 »

2007年3月4日 - 2007年3月10日の11件の記事

2007年3月10日

命日は重なるのか?

いつもおじゃさせてもらうブログの「個人的に気になること」のところと「阿武さんのゆきあたりばったり」の両方で、命日の記事になっていた。

方や奥様の命日が3月9日という、もう一方はおじいさんが3月8日が命日とのことであった。

なぜ同じころに亡くなるのだろうか?
わたしの叔父の命日は3月7日である。

彼岸にお迎えが来ることが多いのだろうか?まずは礼拝だろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

救急車だぞっ!このやろう~!

スーパーでの障害者用駐車スペースへは、いつ行っても当たり前のように止める人があとを絶たない
この人たちは「専用」であるのに「優先」と思って、「空いてれば止められる」と思っているのだろうか?
平然と止めるドライバーの顔には微塵もマナー違反をしている様子は見えない。
堂々としたものである。

K_1 先日4号国道に出る道で信号待ちをしていたら背後から救急車がサイレンを鳴らして近づいてきた

右がそのときのへたな絵図であるが、
紫のがわたしで隣の右折車線にもう1台、救急車はその2台を避けて対向車線にいったん出て国道右折しすぐそばの救急病院に向かうものだった。

続きを読む "救急車だぞっ!このやろう~!"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年3月 9日

金庫が開かない!

我が家にも一丁前に金庫というのがあるんですけれど普段開けるには鍵だけを使いダイヤルは固定してあるわけなのだ。

無用心ですが、面倒なのでそうしている。

ところが、今回そのダイヤルが回されてあかなくなっていたのである
誰が動かしたのか?

Img_1006 右が犯人の顔である。

黙っていても証拠はあがっている。

白状しないので、仕方なく「右へ・・・左へ・・・、・・・」
いやあ、面倒だあ

またそのうちやりそうな気配だが・・本人は黙っている。
ニャンとも言わない

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小さな村の「無料化計画」

我が村は村長(浅和定次氏)が「合併をしない」を表明したため以前は4町2村だったのが、安達郡を名乗る唯一の自治体になってしまった。

安達郡 =大玉村
本宮市 =本宮町、白沢村(各、旧名です)
二本松市=東和町、安達町、岩代町(各、旧名です)

上記のように合併をして変化したものである。

唯一の安達郡はいま3月定例村議会が行われているのだが、そこで村長はすごい計画議案を通そうとしている

それは村内に住む子供たちの医療費中学3年生まで引き上げ村が助成して「無料」にするというものである

続きを読む "小さな村の「無料化計画」"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年3月 8日

それもこれも、あるある

薬局などの化粧品コーナー、健康食品コーナー、飲料コーナー実に多種多様の物が売られている物だといまさらながら思う物である

飲料では沖縄産の「シークワサー」なんていうのは地域限定でこの辺では以前販売されていることは無かった
もしあっても、誰も買う人は見られなかった飲み物である。

化粧品でやたら目立つのが「COQ-10」の文字、
これも一昨年まではアメリカだけで健康維持や肌が綺麗になるとヒットしていた物で、これを知っている人やごく一部の会社だけが輸入販売していた物だった

続きを読む "それもこれも、あるある"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月 7日

変化した数え方

日本の数え方の複雑さと種類の多さは世界一だと思う、
そのため時代によって変化した物もかなりあるそうだPhoto_6

その一つに豆腐の数え方がある。豆腐は昔二つ一組で販売されていたそうである。
そのため数え方は絵のように<豆腐二つ=1丁(ちょう)>だったのだ。(一つの豆腐だと半丁と言う)

とはよく時代劇の「サイコロ丁半ばくち」に出てくる物と同じ意味で「偶数」を表すものなのである。
それがいつの間にか一つを1丁と言うようになってしまったらしい。

続きを読む "変化した数え方"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

鼻ムズムズに「ホップ研究所」?

コンビニに行ったら、「ムズムズしている方にホップのチカラ」というシールが貼られたドリンクを見つけた。

Img_1106 「ホップ研究所」というSAPPOROで新発売された「お茶」の飲料である

効果は記載することが禁止されているので一切書いていない(ホームページも同じ)が間違いなく「花粉症軽減飲料水」であることは、メーカーの違反ギリギリの宣伝シールでそれとなくわかる。

味は、かなり出がらし番茶にほんのりペパーミント香りが鼻に来る感じである。
花粉症軽減効果が期待される「ホップフラボノールHF31」を薬的に飲んでいると思えばおいしいかもしれない。

気のせいか飲んでるあいだは、「ムズムズ」が起きなかった。

試すのも面白いかもしれない(350ml.単価はコンビニで170円くらいだ)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年3月 6日

さんすうと日本語

「日本語なるほど塾」というのを読んでいて幼い時感じた疑問と困惑の記憶がよみがえった

ここにおいでくださる方はたぶんほとんどの方は中学校は卒業していることだろうと思う
その方たちにあえて小学低学年の「さんすう」を出してみたい

{もんだい}
はなこちゃんは、くだものやさんでバナナほんとりんごをかいました。
あわせていくつかいましたか?

{こたえ}
 式は  <7+6=13 >  こたえの数字は <13>

まったく簡単な問題で、あきれるくらいであろう(たぶん皆さん・・)

しかし、小学校の低学年、邪気の無い純粋な頭でこの{もんだい}を見ると違って見える子もいるのである

続きを読む "さんすうと日本語"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年3月 5日

かい~

2~3日前からくしゃみが連発し始めた。

目もかゆい。

昨年はたいしたことがなく「治りはじめたのか」と喜ばせたものだったが、やはりだめのようである

始まってしまった「花粉症」

小梅太夫じゃないけれど、「ちっきしょう~!」

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年3月 4日

昨年のきょう

たまたま昨年の今頃のわたしの日記帳を見たら30センチもの大雪になって「また降ってしまった・・・」と大雪にうんざりした気持ちが記載されていた

多すぎた年の次は、一転して降らない年、これでプラスマイナス零と言うことだろうか?

そう思えば暖冬も大きな時間の中で世間が騒ぐほど異常じゃないのかもしれない

| | コメント (2) | トラックバック (0)

赤面のサブタイトル

マラソンで有名になった「千葉真子さん」がブログを解説した。

千葉真子 RUN42BLOG>と言うブログで性格を現すように明るいものなのだが、
サブタイトルの言葉にはちょっとドキッとさせられた。

その内容が

バージンを捨てたら強い自分になれた」・・である

今の人たちはこういうことをあっけらかんと公表できるんだなと、わたしには驚きであった
とてもわたしのようなシャイな人間にはできないことである。

まったく、赤面が赤くなるような思いである。

「千葉ちゃん」の愛称で親しまれる千葉真子さんだがこんなサブタイトルを簡単につけるとは・・・

やはり現代の人は違うのか・・な?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年2月25日 - 2007年3月3日 | トップページ | 2007年3月11日 - 2007年3月17日 »