« 2007年7月29日 - 2007年8月4日 | トップページ | 2007年8月12日 - 2007年8月18日 »

2007年8月5日 - 2007年8月11日の8件の記事

2007年8月11日

昭和20年8月11日歴史的文書が完成した

西暦1945年の今日、<昭和20年8月11日(土)>曜日まで同じこの日に歴史的文章が完成した。

偶然だろうか?昭和20年と今年はカレンダーがまったく同じである。

その文章は「耐えがたきを耐え忍びがたきを忍び・・」で知られる「終戦詔書」である
この全文を知っている人はまずいないだろう。その当時ほとんどの人が言っている内容を理解できなかったその文章を改めて掲載したくなったので興味のある方は読んでみていただきたい。

本当に、何を言わんとしているか理解できない難しい日本語に驚くはずである。
そして、たしかに戦争があったことを心に刻んでほしいものである

続きを読む "昭和20年8月11日歴史的文書が完成した"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

これは飲めないだろう

Img_2615 暑いときに冷たいビールはつき物(?)でしょう

盛夏の今飲みすぎに注意したいものですね。

フォトは我が家からすぐ近くの本宮市にあるアサヒビール福島工場です。見学は無料でできますし、ビール園でおいしい生ビールがいただけます(こちらは有料)

いくらのん兵衛でもここにあるタンクのビールは飲めないでしょう。
その数大瓶換算で約5億8千万本にもなります。

東日本で供給されるアサヒビールすべてがここだけで生産されているのですから、すごいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月10日

珍しい蝉を発見!

Img_2756 ウォーキング中に見たこともない綺麗な蝉を道で発見した。

よく見ると地上に出てからの短い生涯を終えていたのであるが、その黄色と黒のコントラストが昔の鎧模様にそっくりなので驚いてしまった。

けっこう蝉は、見てきているがこんな蝉を見るのは初めてだった。
それもそのはず、普段は高い松ノ木などの天辺でギーギーとないているらしく写真をとることができるのは珍しい蝉だそうである。
名前は「エゾセミ」北日本などの比較的寒冷地に住む蝉らしい

Img_2686 すぐ近くには走行する車にぶつかったのだろうか?脳震盪を起こしたオニヤンマが動かなくなっていた。
でも草につかまらせたら首をかしげ「あれ!おれどうしたんだろう?」と言っているかのように動き出した。

安達太良高原のこの道、意外と車が通り動物たちがつぶれている。
蛇、蝉、蛙、など、それに皮なんかかなり遠くなのに沢蟹が引かれていることもある。

続きを読む "珍しい蝉を発見!"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年8月 9日

北朝鮮、50万人拉致(らち)計画

救う会からの最新メルマガニュースは驚愕の事実が掲載されていた。

金日成の指令による拉致ここで75年以前の拉致について概要をまとめてみたい。

 金日成がソ連から帰国した。分断された朝鮮の北部は農業地域ではなく食糧不足の問題があった。それだけでなく、多数の人材が南(韓国)に逃げた。
金日成は、人材確保のために拉致を指令した。これは「金日成全集」第4巻に掲載されている。
朝鮮戦争は、ある意味で、南(韓国)の人材を拉致するための戦争であったとも言える。朝鮮戦争は1950年6月に始まるが、金日成はそれ以前に、韓国人50万人拉致する計画を立てている。
そして、開戦後わずか3か月で、名前が明らかになっている人だけで約万人を拉致した。
メルマガから一部引用

この50万人も、一つの国家が成立して運営できるように職業ごと詳細に人数まで決められリストアップしていたらしく、めぼしをつけた人間は自動車泥棒のように機械的に拉致したそうであるから、信じられないこといである。

さらに、優秀な人材(韓国人)を拉致してきたものは「英雄」として褒め称えられたそうなのだ。

続きを読む "北朝鮮、50万人拉致(らち)計画"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月 8日

夏休みの回想つぶやき

きょうは立秋なので、本日からはがきなどの書き出しには「・・残暑・・・」と書かなくてはならないようである。
今年はまだ梅雨明けしたばかりなのにもう「残暑・・」を使う時期が来てしまい、よりいっそう1年が短く感じられてしまう感じだ。

昨日「七日盆」になって、わが地域では墓地掃除が忙しくなり始めている。
この時期子供で夏休みを過ごしていた私は妙にそわそわし始めたものであった。

夏休みの楽しみといったら何が思いつくだろう。
私の場合近くの川に魚釣りに行ったり、オニ虫(クワガタ)を見つけに行ったり、トンボを追いかけたりしていた。

夜になると花火、開け放した縁側から明かりにぶつかってくるカブトムシ、従兄弟たちと蚊帳の中で蛍を放して楽しんでいた。

だけど一番お楽しみは親戚の家に行ってもらう「お盆小遣い」が最高のものだった。

今は逆の立場だがうれしい顔を見るとあのころの自分を思い出す。ただ、やはり金額は低いに越したことはないと思うのも事実である(^^ゞ

虫取り網を持って走る子、まったく見なくなってしまった。今の夏休み・・・
ところが先日猪苗代中ノ沢の不動滝に行く途中で、白い虫取り網を持って走る子供たちを久しぶりに見たのである。

まだまだ、子供は変わっていないのである。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007年8月 7日

USA小中校では「原爆投下は正しかった」と教えてる

アメリカの小学校、中学校での第二次世界大戦において日本にアメリカが原子爆弾を投下したのは「あの時期戦争を終結するのには正しいことだった」と教えているそうである。

その理由は「原爆によって多くの犠牲者が出たが終戦になりそのほかの何千万人の日本人が救われたからである」と教育されているそうだ。(実際の終戦理由はロシアの参戦である
久間防衛大臣が退陣することになった「失言」とまったく内容が同じであることがなんとも考えさせることだ。
アメリカ人のほぼ全員がこの考えが徹底されてき始めていることに政治的な意図がはっきり見えるものである。

私が注目したのはその現場で教えているあるアメリカ人女性教師の言葉である。

私も原爆の日本への投下は(戦争を止めさせて)大勢の人を救うためにそのときは仕方なかったと思っています。

でも、子供たちに・・・
それなら最初の原爆(広島)だけで十分だったように思えますが、なぜ次の二つ目の原爆(長崎)を投下したのですか?」と、
いう質問をされたとしたら・・・

私はその質問に答えることができません。

というような話をしながら深刻に悩んでいた顔が印象的だった。

アメリカ人も「原爆は使ってはいけない」の気持ちが根底にあるんだということ、原爆投下への小さな疑問が存在するのだと何か安心してしまった。

それなら、もうちょっと教え方も考えてほしいものである

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年8月 6日

「レディブースト」とは「女性用ブートキャンプ」ではありません

ビリーズブートキャンプ」は異常なほどに話題になっているが、似たような名前の「レディブースト」というのも現在話題を集め始まっているのを御存知だろうか?

私は一瞬見たとき「女性用ブートキャンプ」かとイメージを広げてしまったが、これはWindowsVistaに搭載されている新しい機能の名前なのである。

どんなものなのか?簡単に言えばメモリー不足のパソコン、メモリー増設ができないパソコンをUSBにフラッシュメモリーやSDカードを差し込むだけでメモリー増量になるものなのだ!
仮想メモリーも限界で動きが重くなってしまったパソコンを持っている者にとって、メモリー増設無しで簡単に高速になるというのだからありがたいものである。

これはメモリー不足を補うためUSBメモリーを「キャッシュメモリー」として使うことで実現されているらしい。
(*キャッシュメモリーパソコンの処理速度を高めるために、CPUとメモリの中間に置かれている専用の半導体メモリ)。

最低でも1Gのメモリーが必要とされるWindowsVistaがため容量不足で買うのを止める人を見込んでたのか?対応処置のような機能である。

続きを読む "「レディブースト」とは「女性用ブートキャンプ」ではありません"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年8月 5日

中ノ沢温泉から不動滝へ

久しぶりに温泉を楽しもうと、猪苗代町の中ノ沢温泉までひとっ走りいつもの「ぼなり」に行き個室を借り日帰りでのんびりしてきた。
川の流れを見ながら露天風呂に入る。自然の風とお湯の気持ちよさ川の流れの音とせみ時雨、最高であった。

帰りにここまで来たらすぐそばの達沢の「不動滝」を見ていこうと車を走らせた。Hudoutaki
この滝は以前kojisさんのブログ「休日は風を切って」で紹介されたように現在放送されているNHK大河ドラマ「風林火山」のオープニングに流されているので有名になってきているのだ。

久しぶりに来たのだが以前よりやはり人が多かった。真言宗の修行の場でもあるここで子供たちなどが歓声をあげていた。
「ちゃんと拝んだのかな?」とちょっと思ったが夏休みだからしょうがないかと見てきた

この滝は別名「男滝」と言いすぐ隣に優雅で慎ましやかな滝がもう一つ「女滝」と呼ばれるのもあるのだがそれはあまり撮影されていない。
見たい方は私の<名所フォトめぐり>でご覧いただきたい。

ここは滝のしぶきで森全体が冷やされて天然のクーラーが働き、やはり今頃の暑いときにくると最高に気持ちいいところであると改めて感じて帰宅した今日だった。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2007年7月29日 - 2007年8月4日 | トップページ | 2007年8月12日 - 2007年8月18日 »