« 2007年8月19日 - 2007年8月25日 | トップページ | 2007年9月2日 - 2007年9月8日 »

2007年8月26日 - 2007年9月1日の8件の記事

2007年9月 1日

巨大生き物、撮影成功!

日本の山には普段家の周りで見る生物でもその大きさが巨大な者が生息しているのを知っているだろうか?

それは突然に道に現れた!

Img_2846 まず撮影できたのが、長さは30センチ以上、太さ1センチもある巨大なミミズだ。

釣りをやる人は鯉、ウナギ、ナマズなどの捕獲時にやる餌として使うので知っている人がいるかもしれない。

さらに、撮影できたもの・・・

続きを読む "巨大生き物、撮影成功!"

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年8月31日

書籍「奥州二本松藩年表」を読む

奥州二本松藩年表」という本、あまり本のことは記事にしない(多分始めて)私だがこれは書かずにいられない実に面白い本を見つけた。(地元の人以外は興味が無いかもしれない

この本の著者は福島県本宮市出身で郡山市在住の「菅野 与(すげのしげる)氏」で自分の資料的本として70歳の誕生にあわせ「歴史春秋出版社(会津若松市)」から出版された本である。

年代は永禄七年(1564)~明治二年(1869)、つまり二本松城主が畠山氏から始まり伊達藩に攻略されその後幕府直轄領、そして初代二本松藩主丹羽光重氏~(最後の)丹羽長国氏までの時の流れが書かれてある。

その内容は旧二本松藩に代々住み暮らしている旧家に残された庶民が自分で見て聞いて記録したのをまとめたもので年表と言うより、町人や村人の日誌、日記である。

難しい文章が多いのだが、その時代の小さな事件や地名、人物が現代にも共通しているので地元の人間にとっては近所の爺さんの昔話を聞いているような感覚が起きてくる。

続きを読む "書籍「奥州二本松藩年表」を読む"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月30日

またもや、妊婦たらいまわしに

奈良、大阪を舞台にまた妊娠した女性が病院をたらいまわしさせられ、流産と言う悲しい結末を生んでしまった。
通報から1時間半たらいまわしにされ、再度頼んだ病院にいくとちゅう今度は搬送する救急車が交差点で事故になりさらに1時間半遅れて病院到着という、不運な事件である。

その事故も、普段なら救急車は交差点ではサイレンを鳴らしていても慎重に走るものである。
新聞では(事故を起こした軽自動車の)双方に落ち度はなかったと出ていたが、救急隊員のはやる気持ちがあったのかもしれない。

苦しむ妊婦を助けたい一身で走らす救急車、どこに電話をしても「だめです」と返事をされ怒りが頂点に立って運転していたはず、
それがやっと病院が決まり数分で届く距離にきたことでホッとしていた・・?、といった心理状態が少しはあったのかもしれない、不運な事故である。

救急病院が救急患者を受け入れられないなんて、何の意味もないではないか。

続きを読む "またもや、妊婦たらいまわしに"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

オッと!失礼

我が家の近くの小さな三叉路に差し掛かったらそこのカーブミラーに白い車が見えましたので、気にしながらそちらを振り向きましたら、そばにいるのが同級生でした。

「よう」と声をかけようとしましたが、取り込み中なのでそのまま車を走らせました。

「立ちしょん」の最中でございました(ーー;)そこは生垣だぞ~アホめ

ついでに見たくないものまで見せられてしまいましたとさ。

ン、チ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月29日

横綱朝青龍について・・

いろんな意見があり、はっきりとした記事としてはなんとなく差し控えていたのだがやはり書かずにはいられない。

この問題を良く知らない人や興味のない人には、相撲協会の体質、国際的人権問題、単に感情的なこと、親方の態度の問題、等々とあまりにも分散化して判りにくいに違いないことだろう。
どちらかと言えば「かわいそう」という思いに・・・

最大の原因は、夏巡業を断ったことである。
その理由が、土俵入りや顔だけだすことさえままならないほど重症な状態(ひじ関節炎、腰の骨骨折)のため帰国して養生するとのことだったのが、サッカーでジャンプしてヘディングしたりと重症とは程遠い姿が報道されてしまったことである。

これで、協会が怒らないはずはない。本場所出場停止くらいあって当然だとほとんどの人が思ったが、「そこまでは、また・・しないだろう」とも思ったはずである。

今までも注意くらいで終わっていたのだから、そう思う人も多かったはずだ

続きを読む "横綱朝青龍について・・"

| | コメント (8) | トラックバック (3)

2007年8月28日

ライオン(株)さんもとんだことに

Img_2843_2 フォトの商品は今年ライオン株式会社から発売され300万本以上も売り上げた今年の大ヒット商品である。

殺虫成分を使わずマイナス40℃という冷気でハエや蚊を凍死させて退治する、体に優しい殺虫スプレーであることが話題となったものだ
値段はほんの少々高めだが環境によいことのほうを優先する消費者ニーズにぴったりはまった商品で大ヒットしていた

ところが・・・・

消費者心理の中で「体や環境に安全な殺虫剤」のイメージだけが一人歩きをして「どこでも使える」という誤った観念ができていってしまったらしく

そのために缶の中の可燃性ガスに引火して、髪の毛を焦がす、火傷をする、ガスコンロの火を大きくする、などの事故が多発したそうなのである

そしてついにライオンは、消費者保護のため自主回収を決めたのである(詳しい回収方法は下記URLで確認)
http://www.lion.co.jp/info/20070828/20070828.htm

続きを読む "ライオン(株)さんもとんだことに"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年8月27日

カーブを抜けると落し物があった

長い坂道を登り最後の見通しの悪い角度のきついS字カーブにさしかかったら、「あらららららららrrrrrr危ない!」

Img_2842 道の真ん中に縦横1メートル以上の白い物体がデンとあったのである。

近くの酪農家の人が落として行ったのだろう、牧草をラッピングした塊だ。
http://iwasironokuni.cocolog-nifty.com/photos/hatakenoinoti/img_0051.html

左は側溝があって通りにくいし、右側は余裕が少しあるのだが、見たとおり対向車が来たら見えないので大変危険である。
やむなく車を降り胸ほどもある大きさのこれを道脇まで転がしてどかすことになってしまった。

しばらくしてもう一度通ったがまだそのままになっていた。多分落ちたことを知らないままなのだろう。
ぶつかっても車がへこむことはないがぶつけたくはない代物だ。

どちらにしても視界をふさぐことは間違いないし、非常に迷惑な落し物であった。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年8月26日

キウイフルーツ

Img_2826 ことしのキウイは熟すのが早い。

実を今回は初めて少なくし(小さなのや形の悪いものを取り除いた)たので粒ぞろいで大きくなった気がする

肝心なのは味だが、太陽によく当たったので期待できそうである

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2007年8月19日 - 2007年8月25日 | トップページ | 2007年9月2日 - 2007年9月8日 »