« 2007年10月21日 - 2007年10月27日 | トップページ | 2007年11月4日 - 2007年11月10日 »

2007年10月28日 - 2007年11月3日の10件の記事

2007年11月 3日

赤い色紅葉も負けていなかった(少ないけど・・)

先日今年の紅葉は黄色がいいと記事をアップしたのだが、赤いのも何とか負けずにいたようだ

Img_0057 そして、もう一枚

Img_0058

続きを読む "赤い色紅葉も負けていなかった(少ないけど・・)"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年11月 2日

一人の女性の人生と終焉

90近くのおばあちゃんの死は、一人の女性の人生を垣間見るようでした。

夫も持たず、子も持たず、だけど接する人すべてに優しく謙った態度、わが子でもない50過ぎのおっさんやおばさんと孫でもないその娘たちが「おばあちゃん、おばあちゃん」と泣きながら棺にすがる様子は人間として最高の人生の終焉に見えました。

私の隣席の70を過ぎた老人が、「おれは小さいときこの人に負ぶってもらったり、添い寝してもらったり、飯を用意して貰っていたんだ」と懐かしそうに話していました。

目立たず、尊敬されることもなく、ただひたむきに生きたひとりの女性の人生、参列者はごくわずかの人数でしたが、慕う子達の涙で彩られ素敵な、そして最後はちょっとだけ派手な旅立ちでした。

  南無大師返上金剛(合掌)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

MVPの中村の涙、思わず貰い泣き

「落合監督、日本一おめでとうございます」

監督就任のさい野球界の解説者たちの評価はけして高くなかった。どちらかといえばほとんどの有名解説者は「あんな一匹狼にチームなど作れない」というものだった。

ところが奇抜とも揶揄された「おれ流」のチーム作りで3度も日本シリーズに出ることができ、ついに日本一だ。
それでも完全試合を止めた投手交代を解説者たちは批判するのである。

素人目に見ていても山井投手は7回ころからにはいつホームランが出てもおかしくないくらい打球が外野に飛び始めていた。
あのまま岩瀬投手に替えなければ初戦の二の舞でナゴヤドーム今年最終ゲームで胴上げはなかったことであろう
(初戦先発した川上投手はホームランの1安打さえなければノーヒットノーランを達成していたほどダルビッシュより好投したのに負け投手になった)

ロッテの選手時代から続く落合氏に対する風当たりは監督になっても残っているようだ。

続きを読む "MVPの中村の涙、思わず貰い泣き"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年11月 1日

植木移動したのだが・・

植木を冬に備えて温室や廊下などに移動しました。

このとき一番気をつけているのがサボテンの棘です。長いのより細かい繊毛のようなのが刺さると痛くてひどいんです。

が・・・

今年も刺してしまいました。抜こうにも小さすぎて見えない。それでも必死に明かりに指をかざして見つけぬきました(抜けたかどうかもよく見えないが痛くないので・・たぶん)。
眼が疲れてしまいました。

今年もなんだか鉢の数が増えたようで、置き場所に困りました。

久しぶりに鉢の数を数えたら驚きました「150鉢以上」になっているじゃないですか
いくら小さいのが多いといっても、これじゃ多すぎです。

来年あたりから減らす算段をしないと置く所がありません。困ったです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

今年の紅葉は赤より黄色

今年の紅葉は赤の色はよくない。その分黄色い色が鮮やかな気がする

Img_0053 Img_0054 Img_0049

安達太良高原の様子である 赤も濃いが、黄色の鮮やかさのほうに軍配を上げたくなる。

続きを読む "今年の紅葉は赤より黄色"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年10月30日

「おりみぎ」が届いた

叔父が「おりみぎ」を持ってきてくれました。

Img_0040 「おりみぎ、なにそれ?」と思った方もいることでしょう。

正式名称は「ナラタケ」というキノコです。

古くて朽ちた楢木(ならのき)などにたくさん生る「木シメジ科」の仲間で味は癖がなく、どんな調理法でもおいしいキノコです。

山で見つけると群生しているので一箇所でたくさん採れるのもうれしいキノコです。

明日は、味噌汁か、油炒めか、楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

もしも、食の検査機関にミスが出たら

ミートホープ、赤福、吉兆と今年に入って続く食物の偽装問題、食の安全が取り正されている。
それがもしも、もしも、検査機関のミスによって「危険」と判断されたら業者はどうなるか、考えたことはあるだろうか。

ところが、そんな大変なことが実際に最近福島県で起きてしまったのだ。

県内の牛乳販売業者「酪王乳業」が販売する牛乳に「ブルセラ病に罹った乳牛の生乳が入って出荷されてしまったという事件がおきる。
当然、マスコミでは大きく報道され大騒ぎとなる。http://www.asahi.com/life/update/1011/TKY200710110385.html
すぐに業者は、自主回収お詫びの広告などを行った。ところがそこに県から・・・

乳牛を検査した結果、ブルセラ病検査は「陰性(安全)」と出ました。>という驚愕の連絡が関係者に入ったのである

乳牛はブルセラ病に罹っていなかったのである。完全な行政検査機関のミスである

続きを読む "もしも、食の検査機関にミスが出たら"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月29日

「こんなもの捨てるな」、番外編

前回の記事で小便の入ったペットボトルの話を記載したが、他はどうなのかリサーチしてみたらとんでもないことが判った。

若者の間で自分の尿をペットボトルに入れている者が結構いるようなのだ。
理由がすごい

  • 自分の部屋からトイレに行くのが面倒(ゲームなどして離れたくない)
  • 飲んで空になったっペットボトルがもったいない
  • その他あきれた理由多数

その溜まった小便満タンペットは

  • トイレにあとでまとめて流す、
  • 車が踏み潰して尿が罹るのがおもしろいから道路などに捨てる、
  • 店員などの臭がる顔を見るのがおもしろいのでコンビにのゴミ箱に捨てる、

だそうで全くあきれた考えである。

詳しくは「ペットボトル、尿」で検索すると関連の投稿がたくさん出てきて驚くはずである。

続きを読む "「こんなもの捨てるな」、番外編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長芋

今年は赤い紅葉より黄色が良いようですねImg_3225

我が家の長いもの葉もごらんのように黄色の紅葉が綺麗になりました

肝心の土の中の芋が問題なのですが、いい形になっていることを願うのみです。

掘るのはもう少し・・・考慮中です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月28日

叫んだ/「こんなものを捨てるな!」

今朝環境美化運動の一環で、AM6:00から地区道路沿いのごみや空き缶などを拾い集めた。Img_3181
昨日までの豪雨明けの秋晴れで寒くも無く動きやすい朝だった

今回もいろんなものが捨てられていた。オーディオのスピーカー、空き缶、煙草の空き箱、レジ袋に詰められたコンビに弁当の容器、・・・よくも投げ捨てていくものである。

ある程度過ぎたころ私は水が満タンに入った500CCのペットボトルを拾った。

「昨日までの雨水が入ったのか?」と思いながら蓋を取り中の水を捨てた。
同じ容器、同じ色の水のが数本立て続けに捨てられていたのを拾う。

そして最後の1本のペットボトルの蓋を取ったときに気がついた。

くっせえ~~~~(>_<)」そのツ~ンと刺すような臭い匂いで中身がすぐに判った

続きを読む "叫んだ/「こんなものを捨てるな!」"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2007年10月21日 - 2007年10月27日 | トップページ | 2007年11月4日 - 2007年11月10日 »