« 雪見風呂としゃれこむ | トップページ | 90年以上前、女性の大発明 »

2008年2月11日 (月)

プチ雲海が見えた

Img_0547_2 今朝の濃霧はすごかったです

ちょっと判りにくいフォトですがここにはわが村の家並みが数キロにわたって本来見えるんですが何も見えなくなってしまいました。

電線の合間の遠くにわずかに見える影はわが地域で「えぐね」とよぶもので、防風のためなどに生垣のように家の裏に植えるものです。
その高さ20メートル以上もある杉の大木なんです。

その先のほうだけ見えてる様子からその霧の濃さと低く立ち込めている様子が想像できるかと思います。

濃い霧が雲海のようになって見えたのは初めてで、なんとも幻想的な光景を見てしまいました

事故などが無かったのが何よりです

|

« 雪見風呂としゃれこむ | トップページ | 90年以上前、女性の大発明 »

コメント

今朝起きて外を見たとき、また雪がふっているんだと思ったぐらいです。安達太良も大玉方面も全く見えなかったのですから、当の“玉井人さん”のところは本当にヒドイ霧だったのですね。先日の雪で湿度が多いところに、気温が下がらなかったのが原因なのでしょうか。冬にはめずらしいなんだか不思議な光景でしたよね。

投稿: koji | 2008年2月11日 (月) 18:57

)kojiさん

ほんとにそうでした。わがやはその霧より高い位置なのでまさに雲海の景色でした

投稿: 玉井人 | 2008年2月11日 (月) 21:02

「いざ行かな 雪見に転ぶ ところまで」って誰の句だったかなあ。風流ですね。私は寒いときは極端にダメで、「爬虫類やからしょうがないか」って主人にも言われています。巳年なんです。でも、雪の中で、温泉につかって・・・て言うのにはあこがれます。のんびり・・・家でしてるんですけど・・・温泉でのんびり・・・したいです。

投稿: 山口ももり | 2008年2月12日 (火) 08:56

)山口ももりさん

いい俳句ですねえ。
私も温泉に浸かりながら一句できましたからねえ(じゃがいもの花々、参照)。家とは違いますね

投稿: 玉井人 | 2008年2月12日 (火) 13:00

濃霧ですね。
うちの方でも年に何回か濃霧の日がありますが、だいたい春先に多いようです。
その時も近所の山が霧越しに霞んで見えてなかなか風情があるのですが、自動車や歩行者にとってはいい迷惑です。
事故には気をつけたいですね。

投稿: 秋ぎつね | 2008年2月12日 (火) 21:02

)秋ぎつねさん

このときの視界は10メートルも無かったはずですから雲の中を走っていたようだったはずです

投稿: 玉井人 | 2008年2月12日 (火) 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プチ雲海が見えた:

« 雪見風呂としゃれこむ | トップページ | 90年以上前、女性の大発明 »