« 親の思い、子のこころ、そして旅立ち | トップページ | なごり雪’・かな?冬景色 »

2008年3月29日

うまい取り方だ‘ガソリン税’さすがだ!

話題の「道路特定財源議論」、けっこう誤解したり不明な点が多いのでわたしなりに調べてみました 数字が多くなり頭痛いかもしれませんが参考になれば幸いですImg_0640

右のは今月(3月)初めにわたしが給油したときの明細です
これでは小数点や端数が出たり、数字が細かいので大雑把な数字を基にしてどんな風に税金がとられているか説明したいと思います

レギュラーガソリン143円で一ヶ月に100ℓ給油したとして請求される内訳を例に記したいと思います

支払い総額>14,300円(143/1ℓ×100ℓ)とした場合内訳

  1. ガソリン    =8240円
  2. ガソリン税   =2870円
  3. 暫定ガソリン税=2510円
  4. 消費税         = 681円

そして、内容の詳細は次のようになります

1.レギュラーガソリン100ℓ8,652円   
  ガソリン単価→82.4円×100ℓ=8,240円

2.ガソリン(原油)の消費税→8,240円×5%=  412

3.本則のガソリン税(道路特定財源)100ℓ2,870円(昭和28年田中角栄氏が立案
  揮発油税  →24.3円×100ℓ=2,430円
  地方道路税→ 4.4円×100ℓ= 440円

4.3番の本則ガソリン税額への消費税143.5
   ガソリン税(2430+440)×5%

暫定増額のガソリン税(道路特定財源)100ℓ2,510円(昭和54年、租税特別処置法として昭和68年までという期限付きで追加増額されたが延長された
  揮発油税  →24.3円×100ℓ=2,430円
  地方道路税→ 0.8円×100ℓ= 80円
      ※、平成5年から地方道路税は380円から80円に減額(揮発油税は300円増額)

.5番の暫定ガソリン税額への消費税125.5
   ガソリン税(2430+80)×5%

以上のような1~6番の合計がガソリン代になります(端数があるため合計は14301円になります

見ての通りガソリン税はガソリン単価に関係ありませんのでハイオクなどの高い物でも同じ額が課税されます。
これは消費税のように売上率で変動する税金と誤解されやすいですね
ですからマスコミなどが言う「暫定税の・・」は間違いで正しくは「暫定増税額の・・」となります

今回野党が廃止を訴えているのはの暫定で追加されていた「ガソリン税=道路特定財源」だけを指しているので暫定の税を廃止しても元からある規定の「ガソリン税=道路特定財源」は維持されるのです
5番の暫定増額税を廃止するとこれに懸かる消費税の「」も同時に無くなるのでマスコミで言っている「1ℓ当たり約25円減」という数字より「1~2円」さらに減る計算になります
これらも理解されていない点でしょうね

そして「自動車重量税」というのも「道路特定財源」になっていることも知っておきたいですね

お気づきでしょうがとっても変なところがあります「4番」と「6番」の消費税です
わざわざ加算した数字、ガソリン税に消費税をかけるという「税金の水増し重ね取り」という手法がとられています
つまり三重に税金を取られているようです とても理解しがたい消費税です(軽油はこうなっていません)

これを改定しただけでもちょっと安くなるんですねえ

さてさて来月からどうなることでしょうか すぐには安くならないそうですから失敗しませんように

|

« 親の思い、子のこころ、そして旅立ち | トップページ | なごり雪’・かな?冬景色 »

コメント

めったたに 車に乗らない自分は
興味もありませんでしたが・・・
道路作りすぎるからだなどと 安易に考えていましたが
このような税金 引ったくりの仕組みだったのですか
さすが・・玉井人さん突込みが厳しい・・
税金の上乗せ・・・何重にも上乗せ・・ おもしろい・・・
車に乗らないことが一番だべぇ・・・

投稿: aonami | 2008年3月29日 14:18

)aonamiさん

車を使わなければいいのですが、わたしは地域性もあって、自動車なくしては生活が成り立ちませんし時間という大切なものを減らしてしまうのでかなり重要もんだいです

投稿: 玉井人 | 2008年3月29日 18:15

さすが良く書いてありますね。
とくに重量税のことは、ほとんど報道されません。
0.5t当たり本則は2500円なのに、6300円も取られているんですから。
それに自動車取得税も5%から3%に下がります。
新車を買うなら、4月になってからですよって、もうすぐ4月か。

投稿: もうぞう | 2008年3月29日 19:48

)もうぞうさん

そういってもらうと嬉しいです
元になった資料が複雑で読むだけで疲れました

投稿: 玉井人 | 2008年3月29日 20:04

こんばんわ。
「ガソリン税」が、来月から「削減」されるそうですね。
本当にそうなるでしょうか?think
できれば、安くなってほしいですね。gawk

投稿: H.K | 2008年3月29日 20:12

)H.Kさん

安くなるのは今の時期助かりますね なんにしても

投稿: 玉井人 | 2008年3月29日 20:16

玉井人さんのおかげで良く理解できました。今後、スタンド業界や国政選挙にどう影響してくるのか興味深いですね。政府やマスコミでは混乱が生ずるといってますが、庶民にとっては税の廃止はやはり助かります。税の二重、三重取りや国交省の税の無駄遣いへの不満も解消されますし。

投稿: G4CUBE | 2008年3月30日 11:38

)G4CUBEさん

理解できていただけましたか?ありがとうございます
どんなに簡単にしようとしても税金の手法は困難です
これも国の作戦かもしれません

投稿: 玉井人 | 2008年3月30日 20:12

ガソリンにどれだけ税金がかかり、どれだけ重複しているのか、分かりやすい説明でした。
根本的な見直しが必要ですね。

投稿: ぜん | 2008年5月 1日 22:43

)ぜんさん

今一般財源化が議論になってますが、もともと消費税という一般財源がちゃっかり財務省によって上乗せされているわけです。
国民はうまく目隠しされているようです

投稿: 玉井人 | 2008年5月 1日 23:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/40674595

この記事へのトラックバック一覧です: うまい取り方だ‘ガソリン税’さすがだ!:

« 親の思い、子のこころ、そして旅立ち | トップページ | なごり雪’・かな?冬景色 »