« 大地震でも壊れない家があった | トップページ | 6月1日は、記念日のラッシュ »

2008年5月31日

もう一度、確認‘6月からの道交法改定’

6月号JAFメイトでも取り上げていましたので、もう一度明日の6月から改定されてきようになる道路交通法改定事項を確認してみました。

  1. シートベルト全席着用が義務になった
    これにより高速道路自動車道)では、一般車両、それにタクシーハイヤー)そしてバスもシートベルトをしていないとドライバーに違反点数「加算される
     
  2. 75歳から高齢者マーク(もみじマーク)表示が義務になった
    年齢が75歳になったドライバーはもみじマークを自動車に表示していないと4000円の反則金と違反点数「」が加算される
     
  3. 重度聴覚障害者の免許取得が可能になった
    それに伴い運転する場合は聴覚者表示マークを着ける事が義務になった
     
  4. 70歳以上の高齢者と12歳以下児童幼児は歩道を自転車で通行可能になった
     
  5. 5歳以下の幼児が自転車に乗る場合はヘルメット着用
    歳以下(6歳未満)の子供が自転車に乗る場合、保護者はヘルメットを着用させる努力をしなければならない

改定の注目はやはり1番でしょうね。タクシーや高速バス運転手は乗客にシートベルト着用を断られた場合どうするのでしょうか、
特にタクシーは全車両禁煙で客とのトラブル問題が出たばかりですからドライバーは身の危険まで頭に浮かんでいる人がいることでしょうね

国民のマナー意識を高めるしかないですね。安全のためなんですからね
でも・・・なぜ・・・

  • 75歳へのもみじマーク表示義務違反だけに反則金があるのでしょうか?
  • 2,4,5は年齢範囲があるのでしょうか?

75歳以上は、後期高齢者医療金、公共施設利用有料化、公的健康診断有料化、公的援助減少化・・・・と小泉前総理が計画企画した制度は高齢者を目の敵のようにしていますね

道交法は年齢的事故の統計から割り出したらしいですが、どうなのかなぁという気がして、なんとも割り切れない気がします

私たちがこれから気をつけるのは、まずシートベルト、そしてもみじマーク聴覚者マークを着けている車にクラクションや幅寄せなどの行為は違反となることを頭に入れておかなければなりませんね
考えれば当たり前のことばかりのような気がしますが、ついうっかり、が危ないんですね

当分の間は改正法が浸透するまで指導のみで取締りをしない意向を警察は示しているそうですが、そのために死亡事故がおきた場合どうするのでしょうか・・・

明日からです。

|

« 大地震でも壊れない家があった | トップページ | 6月1日は、記念日のラッシュ »

コメント

観光バスも対象なんですね。
果たして守られるのでしょうか??
バスガイドさんはどうするのでしょうかね?

投稿: hide | 2008年5月31日 14:23

)hideさん

例外や規制対象外の場合はいろいろ有るようですが、バスガイドさんもするんでしょうね。
一昨年、福島県内の高速道路で高速バスの事故がありまして約30名ほどの方うちたしか2名ほど亡くなられた方がいました。
この事故、酷い事故だったのですがこの死亡した2名意外全ての人がバス会社指定を守りシートベルトを着用していたのです。
これがあってから皆さん着用することを意識する方が増えていますね

投稿: 玉井人 | 2008年5月31日 17:17

観光バスのシートベルトはなかなか難しそうですね~
これが定着するまでまたかなりかかるでしょうね~
しかしもみじマークのタクシーはなんだか怖いような気がするのは私だけでしょうか・・・

投稿: | 2008年5月31日 20:55

)纏さん

かえって安全かもしれませんよ

投稿: 玉井人 | 2008年5月31日 21:53

こんばんわ。
いよいよ、明日からですね。
ただ、「文章」を見て、驚いたのは、「高速道路」での、「バス・タクシー」の「シートベルト着用」。
これには、驚きましたね。

投稿: H.K | 2008年5月31日 22:18

)H.Kさん

バス、タクシーは一般道路でもシートベルト着用ですよ

投稿: 玉井人 | 2008年5月31日 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/41377684

この記事へのトラックバック一覧です: もう一度、確認‘6月からの道交法改定’:

« 大地震でも壊れない家があった | トップページ | 6月1日は、記念日のラッシュ »