« ソフトクリームの紙 | トップページ | 瞳’と池中玄太’の類似多すぎ »

2008年5月27日 (火)

綾目(あやめ)、文目(あやめ)、菖蒲(あやめ)の違い

「いずれがアヤメか、カキツバタ」よく聞く言葉ですよね。見分けや差がつけられないことのたとえになるくらいアヤメの仲間は判り難く困りものです。
最近それに園芸品種が混じりさらに種類分けが困難になっています。そのため見分け方はいろんなところで紹介されています。

しかし、今回はわたしのはアヤメの漢字の違いについて考察してみたいと思います。

アヤメを漢字変換すると出てくるのは「綾目」と「菖蒲」の文字ですね。さらに「文目」という漢字もよく使われます。どれが正しいのか?本当なのか?迷いますよね。
そこで調べましたら諸説がありまして複雑なのですが一番多いので私なりにまとめてみました。

「菖蒲(あやめ)」の文字Photo_2

日本は古来アヤメの花は右のフォトのを指していまして当然アヤメの文字は「菖蒲」と書いていました。
昔はこのアヤメ(菖蒲)を田植え次期などを計るものとして大切にされていたようです。

花を見てもらえば判りますが黄色い筋が入っています。これが中国の女性を指す「漢女(あやめ)」の目元の化粧に似ているし全体も華やかで似ていることから「アヤメ」となったようです

そこへ中国から五月節句の行事とそれに伴い葉っぱが剣に似て邪気をはらう縁起物になる「白石菖」という草を導入、その際この草の文字を「菖蒲(あやめ)」と間違って使用したため、日本で<五月節句には花の咲かない「アヤメ(菖蒲)」を飾るもの>という習慣ができます

ここでまぎらわしいので始めて花が咲くほうを「花アヤメ(花菖蒲)」、節句に使う方を「アヤメ草(菖蒲)」と分けるようになります。

後にこの花アヤメ(花菖蒲)」は品種改良が進み人気が出て武士たちに好まれだし、「菖蒲(あやめ)」の文字を縁起を担ぎ「勝負」にかけて「ショウブ」と呼ぶようになり「ハナショウブ」の言葉になっていったようです

  1. 綾目(アヤメ)」の文字
    花びらの模様が織物の綾目に似ているから・・など
  2. 文目(アヤメ)」の文字
    葉の葉脈がまっすぐで文脈に似ているから・・織物の文目模様に似ているからなど

Photo現在のアヤメと呼ばれる乾燥した土地に生えるほうは昔はほとんど雑草扱いのそこらの名も無い花だったようですが、花菖蒲が流行ったときにこの花の美しさも注目されるようになったため昔の名前「アヤメ」を復活させて付けられた漢字らしいです
つまり1~2番の説、これらは比較的新しいものだそうで、後から部類するために付けられたようです

日本の古来種のアヤメとしては「イリスヤポニカ(アイリスジャポニカ)」の学名を持つ「シャガ」の花のほうが上のようですね

五月の節句に飾るのは「あやめぐさ」、驚きですよね。

でもことわざの時期が遅れてう役に立たないものを表すす言葉に「六日の菖蒲」というのが有りますが、このときの「菖蒲」の漢字はいまでも「アヤメ」と読みます。

漢字まで複雑、「いずれが、アヤメか、菖蒲か、綾目か、文目か、漢女・・」 なんちゃって!

|

« ソフトクリームの紙 | トップページ | 瞳’と池中玄太’の類似多すぎ »

コメント

あやめを変換すると菖蒲になります。
しょうぶを変換すると菖蒲になります。
もともとは同じ字だったのでしょうか?昔は区別が出来なかったのでしょうか?

投稿: もうぞう | 2008年5月27日 (火) 19:20

)もうぞうさん

本文中にも書きましたが同じ文字だったようです。
区別はしていたようです。現在の言うアヤメは論外の花だったようですので名前が無かったようです

投稿: 玉井人 | 2008年5月27日 (火) 20:31

う~む、勉強になるな~。
杜若は分かるのですが、その他よく似ていて判然としないときには全てひっくるめて「アヤメ」と呼んでおりました。
大抵「アヤメ科」ですから、間違いではないだろうということで。
しかし、最近はジャーマンアイリスなど洋物も増えましたからホントにややこしいです。

投稿: がんさん@大和の国 | 2008年5月28日 (水) 08:51

)がんさん

そうなんですよ。アイリスと花菖蒲で作った品種、ジャーマンアイリス、イングリッシュアイリス、ダッチアイリス、にテーブルアイリス、さらに変種も出ているそうです

属名もイリス属、アイリス属、アヤメ属と同じものなのに3通りも呼び方があるんです。

「アイリス」か「アヤメ」で統一してもらいたいです

投稿: 玉井人 | 2008年5月28日 (水) 09:04

「あやめもわかぬ 真っ暗闇・・・とか言いませんか。どの字なんでしょうか??

投稿: 山口ももり | 2008年5月29日 (木) 10:34

)山口ももりさん

広辞苑には「文目もわかぬ」で出ていますね

でも本来からすれば「菖蒲もわかぬ」でしょうか

投稿: 玉井人 | 2008年5月29日 (木) 11:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 綾目(あやめ)、文目(あやめ)、菖蒲(あやめ)の違い:

« ソフトクリームの紙 | トップページ | 瞳’と池中玄太’の類似多すぎ »