« 「夕涼み」が似合う季節に | トップページ | 後部座席者が死亡 »

2008年6月 8日

‘スピード社’VS‘消しゴム付き鉛筆’

スピード社(イギリス)制オリンピック競泳用水着「レーザー・レーサー」、ついに日本も試験的に選手に着用させましたね。
その結果はご存知の通り新記録ラッシュで、改めてその性能のすごさを見せ付けた形になりました。

これだけの結果を出されたら、日本も今回だけは公認するしかないと思いますね。オリンピックが来年ならそれは無いでしょうが、間に合いませんから着けたい選手を思えば致し方ないと思います。(weep

ただし、デサント所属の選手は自社水着の新作にこだわりと信念をもっているようです。
それもすばらしいと思います

ところで、「わが社の開発した水着の生地はスピード社のより優れています。どうか使ってください」と、記者会見をした大阪のスウェットスーツ生地メーカー山本化学工業株式会社を覚えていますか?

最初は日本公認メーカー<アシックス>、<デサント>、<ミズノ>の三社は良い返事を出していなかったですよね

ところが、東レとの開発を選んだミズノを除き他のアシックスデサントの2社はこの生地を採用して新しい水着を発表しましたね
今回のスピード社水着を試着した選手の中でデサントの選手はこの水着で泳ぎ記録更新を果たしています。

やはり、スウェットスーツ生地の販売シェア世界の60パーセント、高級品のスーツなら100%を締める世界最大の会社の技術は並じゃないようです。
面白いことにこの山本化学というメーカー、私たちも昔お世話になっているのをご存知でしたか?

消しゴム付き鉛筆」を、初めて開発販売したメーカーなんですよ。そのヒットからゴムラバーメーカーになり今の地位があるそうです

「消しゴム付き鉛筆」の発明メーカの水着を着た選手がスピード社の水着を着た選手を抑えメダルを獲ったら、最高ですよね。デサントの選手にはがんばって欲しいです。

ちょっと思ったのですが、今回の記録が出る水着を作ったメーカーが日本アジアの国のだったらどうなっていたでしょう?
もしかすると「ドーピング水着」として欧米の協会役員らから(人種差別的に)「使用禁止」が出た気がしませんか?

わたしは、ものすごくそんな気がします。

|

« 「夕涼み」が似合う季節に | トップページ | 後部座席者が死亡 »

コメント

なるほど鋭いところを突いていますね~
まったくその通りでしょう。
日本などがそれを上回るような水着を開発したら、きっと制限がかかるでしょうね。

投稿: もうぞう | 2008年6月 8日 19:41

スキーのジャンプなどは日本の記録更新を阻止する為の規則改正(改悪?)ではないかと勘ぐりたくなるくらいですからね。
日本の企業の意地を見せてほしいところでもあります。

投稿: 秋ぎつね | 2008年6月 8日 19:56

)もうぞうさん

そう思いますよね。今までがそうですからね
 
 
)秋ぎつねさん

それそれ、それもありましたね。
日本企業の意地を見たいです

投稿: 玉井人 | 2008年6月 8日 20:51

こんばんわ。
その話題、テレビで見ました。
その「スピード社」で、「北島選手」が、「世界新記録」を出しましたね。
これには、驚きました。
でも、「五輪での使用不許可」が、出ているのが、残念ですね・・・。think

投稿: H.K | 2008年6月 8日 22:00

あ~ありえそう!
そういうの得意だからなあ
水着問題がどうなるか分からないけど選手にとってどうかということを一番に考えて結果を出してほしいですね

投稿: | 2008年6月 8日 22:19

)H.Kさん

北島選手、出しましたね。使用を許可してもらいたい雰囲気がありありでしたね
 
 
)纏さん

そうですね。政治とか協会の立場がどうしても優先されがちな組織ですからね。
選手に合わせて欲しいです

投稿: 玉井人 | 2008年6月 9日 08:10

越して来て感じるのは、「大阪にはユニークな技術を持った会社が沢山あるな~」ってことです。
山本化学工業株式会社も大阪の会社。
なのにイマイチ経済が活性化しない…。
昔は商売といえば大阪だったんですけどね。
ともあれ、水泳の選手達には悔いの無いよう、納得できる水着を着て泳いでもらいたいものです。
白色人種、特にアングロサクソンは自分達以外は猿くらいにしか思っていなくて、その猿に負けることが我慢ならないようですから、確かにレーザーレーサーがアジアのメーカーの製品だったらレギュレーションを変えてでもその使用を妨害したかもしれませんね。
スキーのジャンプ競技など、過去にも沢山例がありますからね。

投稿: がんさん@大和の国 | 2008年6月 9日 08:30

)がんさん

鈴木大地さんの金メダルで、大地さんの泳法がオリンピック後「禁止泳法」になってしまいましたよね
白人のおかしな考えですよね。
オバマ氏がアメリカ大統領になったら変わりますかね

投稿: 玉井人 | 2008年6月 9日 19:39

こんばんは、やまちゃんです。
日本水連は、この水着着用を認めたようですね。
正式には自由選択です。
でも、ミズノと個人契約をしている北島はどうするのでしょう。
いっそのこと「LR」の水着に「MIZUNO」のロゴをプリントしますかね~
有りえませんね~sweat01

投稿: やまちゃん | 2008年6月10日 00:53

)やまちゃん

企業との間に「違約金」とかが発生するかもしれないとかあるようですが、メーカーとしても選手に去られたくないし・・・難しいでしょうね

投稿: 玉井人 | 2008年6月10日 08:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/41470152

この記事へのトラックバック一覧です: ‘スピード社’VS‘消しゴム付き鉛筆’:

« 「夕涼み」が似合う季節に | トップページ | 後部座席者が死亡 »