« 足を上げて寝てみよう | トップページ | 小さな花なれど »

2008年6月21日

災害派遣時、自衛隊員の心境

今完全にはまっている長編劇画「ジパング」、第二次世界大戦中の中に海上自衛隊の最新鋭艦がタイムスリップして起こるアメリカ軍、日本帝国艦隊、との三つ巴のSFドラマです。

物語は歴史の事実を忠実に基にしながら時代が変わっていく話なのです。

この長編は今35号まで発刊されているのですが、14号にこの物語の主人公となる海上自衛隊員が阪神大地震のさいの活動部分が回想として描かれています。

災害の人々を救助しようと神戸に行き自衛隊法で禁止されている行為(本部の許可なしに現場で異なる隊を編成する事はクーデター防止のため禁止)で陸上自衛隊の指揮下に入りながら救助活動をする海上自衛隊、陸自にの下に入ることだけでもプライドを傷つけられ海上自衛隊の中に反発が起こりながらの救助活動が進みます

そして慣れない陸上自衛隊の活動を手伝うのですが、岡に上がった河童状態の海上自衛隊委員は疲労困憊するのでした。

昼になり、やっと昼食をとることに、疲労しきった海上自衛隊員は煙草を吸ったり隊食を食べ始まめたのです。そしてそのとき・・陸上自衛隊の上官が烈火のごとく怒鳴るのです

陸自、「何をやっているんだばかやろ~

海自、「飯まで、陸自の指図は受けね~ぞ!」

陸自、「ばかやろ~、のんびり休憩したり飯を食っているところを被災者の方たちが見たらどう思うか考えてみろ!」
いいか自衛隊の食事は隠れて食うものだわかったか!。
俺たち陸上自衛隊は災害のたびどれだけ被災者に気を使って行動しているか、考えろ!」

この言葉で、海上自衛隊員達は「俺たちは大切な税金で活動している公僕だった」と思い知らされるのです。

このやり取りを読んで、私は涙が出そうになりました。そういえばどの報道にも隊員たちが休憩や食事をしている場面は映ってきませんよね。

今頃岩手などでも自衛隊員の方たちがこの命令「飯は隠れて食え」を守りながら物陰で食事や休憩をしながら活動されているのかと思うと「国民のために働くのが公務員」非常に当たり前ですが、重い言葉だと思いました。

守っていない一部の高給取りの公務員の人たちに、訓示してもらいたいものです。

|

« 足を上げて寝てみよう | トップページ | 小さな花なれど »

コメント

シビアなお話ですが、当事者にならなければ気が付かない部分でもあります。被災者の方々は一刻も早い救助・救援、あるときは救命を望んでおられますが、救助する側といえども人間ですから、休憩も食事も摂らなければ、十分な救援・救命活動の持続は難しい訳ですよね。しかしながら、“自衛隊の食事は隠れて食うものだ”の言葉通り、自衛隊に限らず救援する側にそういう気遣いが必要だということですよね。言われてみれば本当にその通りで、災害救援が一番の仕事になっている日本の自衛隊だからこそ、そういう指導が徹底してなされているのかもしれません。近頃常識が通じなくなってきている報道関係といえども、さすがにそういう場面は放送しないようにしているんだと思いますよ。そういうシーンを放送しても意味のないことですから。

投稿: koji | 2008年6月22日 05:29

確かにね~
ちょっと話はずれますが、取材のヘリを初めとする報道陣多さには、不安さえ覚えますね。
つまり取材のために多くのヘリが飛んでいること。現場近くから多くのクルーが放送していること。
私から見れば、邪魔くさいんです。
もっといえば、ヘリなんかほんとに救助の邪魔になっているんじゃないのか?とさえ思うことがあります。

投稿: もうぞう | 2008年6月22日 05:38

)kojiさん

この本を読むまで、気がつきませんでした。現場ではもっといろんな心遣いがあるんでしょうね
 
 
)もうぞうさん

同感です。先日のときも何回も我が県の援助ヘリが飛び立ったのですが、報道ヘリに何度もニアミスのような事があったんだと思います

投稿: 玉井人 | 2008年6月22日 08:39

父は元海上自衛官でした。しかし、僕が知っているのはそこまです。父が自衛隊でどんなことをしていたのかを語るのを聞いたことがありません。辞めてからも守秘義務を貫くのが日本男児だと思っているのかもしれません。

ただ、元自衛官だからかな、と今から思えば、そう考えられる父の行動がいくつかあります。食事の速さがその一つで、夕食でさえ5分以内に食べきってしまっていました。それに、食事中は会話禁止でした。

投稿: 朝霧 圭太 | 2008年6月27日 09:01

) 朝霧 圭太さん

何処から説明していいかも難しいですからね。

食事の速さは入隊前がどうなのかで決まると思います
私や父は普通の農家の人間ですが、食事に5分ならかなりゆっくり食べている気がしますよcoldsweats01
我が家の父は2分くらいで飯3~4杯が当たり前でしたからね

投稿: 玉井人 | 2008年6月27日 19:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/41604349

この記事へのトラックバック一覧です: 災害派遣時、自衛隊員の心境:

« 足を上げて寝てみよう | トップページ | 小さな花なれど »