« 2008年2月24日 - 2008年3月1日 | トップページ | 2008年3月9日 - 2008年3月15日 »

2008年3月2日 - 2008年3月8日の7件の記事

2008年3月 8日

物干し竿に白い粉?

テラスの緑色の物干し竿の端の方が少し色が変っているのに気づき近寄ってみてみました。

Img_0580   粉? カビ?

指で触ってみたら感触は片栗粉ですので、すぐに何か判りました。

先日の黄砂が竿に積もっていたのです

この部分はちょうどテラスの屋根から少しはみ出ている部分なんです
たいしたこと無かったと思ったんですが・・・、以外ときていたんですね、驚きです。

知らない間に私たちの肺の中にもこんなに吸入されているのかと思ったら、いがらっぽくなってしまいましたgawk

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年3月 7日

売れるかも?我が家の餃子

天洋の餃子問題から、気がついたら餃子そのものをしばらく食べていなかった我が家です
それでと市販の餃子の皮とひき肉を買い求めた妻、作るのかと思いきや母に「よろしくお願いします」となりました。

そしたら母が張り切って作ったのでありましたImg_0575

フォトのがそうですが、決して買ったものではありません、すべてわが母親が作ったものです。

入れ物は以前市販の餃子を買ったときの入れ物を洗って取っておいたものだそうです
お見事です。売れますよね

続きを読む "売れるかも?我が家の餃子"

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2008年3月 6日

乙巳(きのとみ)で「桃の節句」

今日は暦を見ると今月最初にやってくる「巳の付く日」です。
「それがなんの意味が有るのか?」と言われたら現代では何の意味にもなりません
しかし、それが1000年以上前なら大事な大事な意味があったのです。

その時代子供が無事に成長する確立は低く、そのため親たちは邪気を払って子供の健康を祈る神事をたくさん行っていたそうです

その一つに「上巳の節句」というのがあって、弥生三月の最初の巳の日人形(ひとかた)をつくりこれをわが子の身代わりとし災いや厄の邪気を移し川に流すことをしたそうです。

この厄払いの風習と、その当事宮中などで流行っていた紙の着せ替え人形(ひな人形)遊びが合わさってできたのが現代の3月3日雛人形を飾る「桃の節句」になっているそうです。

今でも所によっては桃の節句に紙のお雛様を川に流すところが有るのは本来の神事の名残を強く継承している証ですね

1000年も昔の人々が今のひな祭りを見たらどう思うでしょうかねぇ
「雅(みやび)でおじゃるも、奇態でもおじゃるの~」とでも言うでしょうかね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 5日

アンダーシャツのタグ記載事項

風呂上りに着替えのアンダーシャツを裏返し縫いこまれたタグをなんとなく見てみました

Img_0574 ちょっと小さく感じましたのでサイズ確認もありまして見てみたのがフォトのです

サイズは良し!
やっぱり中国製か・・・

「日本ニット中央卸商業組合連合会」で中国製の名称はどうも違和感の有る文字配列です

日本の組合が中国メーカーの管理組織のような感じに見えるタグ表示ですよね~

何か・・・うまく言えないですが、どうも変な感じの表記です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年3月 4日

このたわわな実を見よ

あっちこちの杉木の天辺を見ますとすごい状態ですねImg_0569

杉の実がたわわわわわわっわゎ!wobbly
顔のあちこちがチクチクと痒みが出たりしてる方が出始めているんでしょうね

わたしはなりそうでならない状態でいますので今年も症状がほとんど出ないで済むかもしれません・・?そうあってほしい、できれば治ってほしい

どっちにしろスギ花粉には反応しない私にはどんなに花粉が飛んでも大丈夫なんですがね
これに反応する人は今から薬を飲み始めないとだめですよ~

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年3月 3日

なぜ?この人がプロのレフェリー

サッカーに興味がない人には、全くおもしろくない話題の記事を続けてやりたいと思いますのでご勘弁くださいませ。

土曜に行われたゼロックススーパーカップサッカー試合終了後のひどい荒れようになったことは記事にしました
http://sports.nifty.com/cs/headline/details/sc-ns-p-sc-tp0-080302-0018/1.htm

そこでそのひどい試合になった試合の主審を務めた「家本政明主審」なんですが、この人物今回に限ったことではないことが判りました。過去に何度も試合をコントロールできずサポーター、選手、監督、らとトラブルを起こしていたスペシャルレフェリー(プロの審判員)とは名ばかりのサッカー界では悪名高い審判員だったのです

過去に主審を務めたゲームの内容も態度もひどいものが多くあったのです

続きを読む "なぜ?この人がプロのレフェリー"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 2日

ゼロックススーパーカップサッカーの疑問

昨日はJ1リーグチャンピオンと天皇杯チャンピオンが戦うゼロックススーパーカップサッカーが行われました。
今回はどちらもJ1の鹿島アントラーズが優勝しているので天皇杯準優勝のJ2サンフレッチェ広島との対戦となりましたが、試合は疑問の判定で波乱の展開になってしまいました。

イエローカード大量に乱発される試合は主審のゲーム管理ができていない証拠なのですが、この試合は双方に退場者が出るしまさにそれになった気がします。

試合は2対0から同点に追いつきPK戦で勝利した広島がタイトルを取りましたが、鹿島選手にとっては審判団に負けたと思っているでしょう。私もそうです(鹿島ファンなので)

続きを読む "ゼロックススーパーカップサッカーの疑問"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年2月24日 - 2008年3月1日 | トップページ | 2008年3月9日 - 2008年3月15日 »