« 2008年3月9日 - 2008年3月15日 | トップページ | 2008年3月23日 - 2008年3月29日 »

2008年3月16日 - 2008年3月22日の6件の記事

2008年3月22日

早起きで、いい天気で、葬式で

Photo

いい天気でございました、本日早朝(7:30)に集合して隣組の葬儀手伝いでした

里山に早咲きの梅の大木が白く開花してもうそろそろ農繁期に差し掛かる前の時期のため、近所の老人たちは「忙しくなる前に亡くなって良い仏様だ」と言う人もありました

  逝く人に ほほえみかける 梅の花

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年3月21日

「自分の性格が嫌」と思ったら

自分の長所を聞かれてすぐ流れるように話すことができる人はごく稀だと思います
そのかわり短所を聞かれたらパッと答えられてしまう、これは「その短所を治したい、できれば消し去りたいとい」つも心のどこかで思い続けているからだと思います

私もその一人です 
そんなとき「今のわたしを好きになる本」(宇佐美百合子著)という詩のような本に出会いました その本の内容に別の光を見た気がしてしまったのです

タイトル<光と影>の一部から

あなたは、「自分の性格を変えたい!」と思ったことはありますか?
(中略)自分の嫌いな部分が「陰」、好きな部分が「光」・・・「強い弱い」といった概念は、言葉は正反対でも、必ず一人の中に存在するものです。
ちょうど地球の昼と夜に似ていて、一方に光が当たっているときは、もう一方は陰になって見えていないだけです。
光と陰は一体だから、どちらか一方を無くそうとしてもムリでしょう?

続きを読む "「自分の性格が嫌」と思ったら"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月19日

くしゃみが・・鼻水が・・目が・・

先週あたりから目頭が痒くなりだしまして「まさか始まったか?」と思いましたが差ほどではなかったので安心してちょっと目をこすってしまいました。これが大間違い!Img_0597

痛痒みが増して目薬を注す羽目になってしまいました。
それでもまだ大丈夫だと思っていたら今度はくしゃみが時折出るようになりだし、ついに最後の飲み薬を飲んでしまいました

昨年はこの飲み薬は使わず済んだ気がしますが、今年はひどいかもしれません。私の場合咳も出るので困り者です

[レスタミンコーワ糖衣錠]、成分・塩酸ジフェンヒドラミン(抗ヒスタミン剤
効能・じんま疹、湿疹、かぶれ、かゆみ、鼻炎

また、このコンビに助けられることになりそうです

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年3月18日

「ウイルス対策ソフト」と言うウイルス???

@niftyから「押し売り注意」と言うタイトルでこんなことが公開されているのを見つけました

ウイルス対策ソフトと称して販売されている「WinAntiVirusPro」にご注意ください。

 WinAntiVirusPro」のアイコンは、ニフティのサービス「常時安全セキュリティ24」のロゴマークと類似しておりますがニフティのサービスとは一切関係がありません
 「WinAntiVirusPro」やそのグループ商品は、
一度インストールを行うと支払いの催促画面が頻繁に表示され、削除することも難しい状態となります。

削除することが難しいと言うことは、これって「振り込め詐欺」という「ウイルス」ですよね

@niftyをお使いの皆様はもちろんですがそのほかの方たちも用心しましょう

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年3月17日

高齢者が免許証を返納すると・・・

福島県の相馬署は高齢者の交通事故防止の一環として自主的に運転免許証を返納した同署管内の65歳以上の高齢者を対象に協賛店から各種優遇サービスを受けられる県内初の独自の取り組みをスタートさせています。

取り組みは全国でも珍しく、同署は取り組みを通して、管内の高齢者運転免許証返納率向上と地域活性化につなげたい考えで始めたそうです。
そのやり方は自主的に運転免許証を返納した場合返納したことを示す「運転免許証経歴証明書」(相馬地区交通安全協会が経費1000円を負担)を相馬署が発行します。
この証明書を提示すると、相馬市内のスーパーの商品券の引換券がもらえたり、食堂で割引が受けられたりと、各店舗ごとの趣向を凝らしたサービスを受けることができるものなのです。

知ってましたか?

続きを読む "高齢者が免許証を返納すると・・・"

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2008年3月16日

これもいつかは、花粉を出す

Img_0589 フォトのが何だか判りますか?

童謡に歌われている「杉の子」はこれのことでしょうか、
判りませんが、芽が出てきて多分1年目くらいの高さ2~3センチの小さな杉です

これがここの条件次第で10年も過ぎると5~6メートルにもなってしまい、さらに2~30年後には20メートルほどの大木になり良い木材が取れるようになってきます

それは同時にあの花粉を撒き散らし始める時でもあるんですが、この芽がそうなるころには杉への需要や扱いはどう変化しているでのでしょうか

今の情勢からは想像すらできません

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年3月9日 - 2008年3月15日 | トップページ | 2008年3月23日 - 2008年3月29日 »