« 2008年1月6日 - 2008年1月12日 | トップページ | 2008年1月20日 - 2008年1月26日 »

2008年1月13日 - 2008年1月19日の6件の記事

2008年1月18日

お風呂で低体温改善、免疫力アップ

今頃の寒い時期、お風呂に入って温まることはこの上ない気持ちよさですよね。
このお風呂の入り方次第で、免疫力がアップして風邪などがひきにくくなってくれるとしたら、嬉しいですよね。

今月号のJAFメイト2008.1・2号に、新潟大学の安保徹(あぼとおる)教授(国際的免疫学者)からそんなうれしいい話しの記事が提供されていました。

その方法は
自分の平熱(健康なときの体温)プラス4℃の温めのお風呂で10分間入浴する>というもので簡単なものです。

この方法によって体内の「白血球」と「リンパ球」のバランスや低体温(平熱36℃未満)が改善され、その結果として免疫力がアップするらしいのです。

続きを読む "お風呂で低体温改善、免疫力アップ"

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2008年1月17日

曾爺さんの親は何て呼ぶんだろうね?

全国的にあった茶道の教室が倒産していたんだそうですね。テレビ局が関係者に取材を打診したら「テレビなどの取材等は難しいですね」の返答をしていました。

日本人には「難しいですね」=「お断り」ですが、
それが外国人記者だったら「取材できません」でもなく「取材できる」でもなくなんともはっきりしない言葉で、それこそ理解が難しいでしょうね。

日本にはもっと難しいのがいろんな単位や呼称があることですね。

わたしのように方言を使うことがほとんどの場合、共通語ではどう言うのか判らないことがあり非常に困るわけです。

たとえば「自分内のじいちゃん」のことは他人に対して話すときは「祖父」となるくらいはすぐに出るが「ひぃじいさん」を指す「曾祖父」なんて言葉はすぐに出てこないわけです。

また曾祖父の親になったら呼び方そのものが判らないくらいになってしまいます。皆さんはどうなんでしょうかね?

続きを読む "曾爺さんの親は何て呼ぶんだろうね?"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月16日

ハイテク義足は競技上違反?!

パラリンピックなどの陸上競技で(両脚に障害があるクラス)短距離世界記録を持つオスカー・ピストリウス(南アフリカ)さんが一般競技者として北京五輪出場を求めていたのですが、国際陸連は「タイム的には問題ない早さ」しながら参加を認めませんでした。

理由はピストリウスさんが使っているカーボン製競技用義足だそうです

その理由を聞いてわたしがすぐに思ったのは
両足義足の選手と一般選手とが同じく走るには転倒したりしたときに本人や他の選手との接触があったら危険だなあ」でした

ところが、意外な角度の理由に驚いてしまいました。

ピストリウスさんの義足は規約で禁じる「競技力向上を手助けする人工装置」にあたるとし、国際陸連のルールで開かれる一般の大会への出場を禁じる・・・
つまり、競技用義足がハイテクだからドーピング薬などと同じ扱いなのです

ピストリウスさんは「義足が無いと歩くこともできないのに違反と言うのは理解できない」と記者会見で言っておりましたが、わたしもガテンがいかない判断理由ですね
もしかすると本当の理由は(差別とか・・)発表し難いのでこじつけたのかもしれません

この方はこれからも出場を求めていくそうですが、結果を注目したいですね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年1月15日

頭上注意?!・・二本松霞ヶ城

Img_0432 フォトは霞ヶ城(二本松城)天守閣跡の北側の石垣ですが、下の方に白いものがあるのを確認できますでしょうか?

Img_0427 拡大するとこれです

Img_0428_2 何だかは想像がつくと思います。復元された石垣の一部が落石しているのです。

長さ数メートルにわたって落石して割れたのが散乱していました
大きいのでは20センチ以上で鋭くとがっています。

風ででしょうか?気がついて10メートル頭上を見上げてしまいました。二本松市は知っているのでしょうか?歩行中に当たったら死傷の危険ありですよ~。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年1月14日

回収されたリサイクル用ペットボトルは・・

昨年NHKでおもしろい追跡調査の取材番組がありました。
それは分別回収されたペットボトル100本がどうなっていくのかと言うものでした

「すべてリサイクル用ゴミとして回収されるのだからそうなるのではないか?それとも違うのか?」という確認番組だったのです。

その結果は次のようになりました。

  1. 28本~ゴミとして焼却 
  2. 40本~中華人民共和国へ売却 
  3. 27本~別のプラスチック製品 
  4.  本~新しいペットボトル

上記のように1番2番を足した68本は私たちが考えるリサイクルにはなっていなかったのです。
海外に売却するのはコストが掛からず利益が出るので他の分別回収品も行われていることだそうです

この結果になにか、違和感を感じませんか?

続きを読む "回収されたリサイクル用ペットボトルは・・"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年1月13日

会津藩と長岡藩の「河井継之助」

100年以上経っても忘れることがない戊辰戦争での我が県の傷跡、歴史的には江戸城無血開城の時点で「戊辰戦争」は「会津戦争」に移行しているので、ここでは会津戦争といわせてもらいます。

この戦争は以前に書いたように明治天皇西軍」と孝明天皇東軍」との内戦でした。
そこで敗れた孝明天皇の官軍が賊軍と呼ばれ、勝利した明治天皇軍が官軍となったわけです。

さて西軍が会津討伐のため北上したさいにまずやったのが東北各藩に「会津討伐参戦」を呼びかけたのです

特に長岡藩(現在の新潟県長岡市)は会津の西側から攻めるには不可欠の要所だったわけです
当然、協力要請がきて長岡藩は現状の大勢を見て会津討伐に参戦することが決議され、そのことを伝えるべく長岡藩筆頭家老河井継之助らが西軍に面会したのでした

ところが・・・・・・

続きを読む "会津藩と長岡藩の「河井継之助」"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2008年1月6日 - 2008年1月12日 | トップページ | 2008年1月20日 - 2008年1月26日 »