« 2008年8月3日 - 2008年8月9日 | トップページ | 2008年8月17日 - 2008年8月23日 »

2008年8月10日 - 2008年8月16日の7件の記事

2008年8月16日

桜よりこっちが豪華・・かもしれない

オリンピックでは女性のメダル取得が多くて華やかですね。

華やかと言えばこの季節はこれじゃないでしょうかImg_1116

ムクゲも豪華な花ですが、今頃の季節では最も目を引く豪華な樹木の花と言えばピンクのサルスベリ(百日紅)じゃないでしょうか

遠くからそのピンクの花は目に入ります。
ただ、虫たちもこの花が好きで蟻、そして蜂たちがものすごい羽音がそばに行くと響かせているので、ちょっと注意が必要かもしれません。

我が家のピンクと白の二色のサルスベリが今その美しさを競い合っています

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年8月15日

「トメノフ」のカタカナ文字の柔道着

石井慧選手(国士舘大)が100キロ超級(旧無差別級)の決勝でアブドゥロ・タングリエフ(ウズベキスタン)に優勢勝ちし日本柔道の面目を守った形になりました。
ほっとしました

ところで、この階級で前回のアテネで銀メダル、その前のシドニーで銅メダルを取得していてこんかいも優勝候補でもあったロシアのベテラン「タメラン・トメノフ選手」の柔道着の右腰部分にあった刺繍に気がついたでしょうか?

日本語のカタカナ文字の縦書きで「トメノフ」と縫いこまれていたんです。
これは「俺は日本で柔道の試合(稽古)をした」というステイタスシンボルなんだと思いますね

「弱くなった、地に落ちた」とか国内では日本男子柔道は最近非難されることが多いですが、世界選手権やヨーロッパチャンピオンを何度も経験するトメノフ選手などの外国選手にとって「柔道=日本」というふうに日本は尊敬と憧れの的であることは間違いない事実なのです

「柔道=日本」の考え、もっと日本自身も誇りを持ちたいものです

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年8月14日

半‘お尻・・出し’の北島選手

北島選手の平泳ぎ2種目制覇、「おめでとうございます。」ですね
でも気になることが・・・

レース後の北島選手、「あっ!、見えちゃうんじゃないのcoldsweats02」というくらい水着を下げながら退場していきますよね
だから、後姿はかっこいいお尻の縦の割れ目が見えたじょうたいです。これはあのレーザーレーサーの水着の締めつけが強いためのものなのです。
そしたらすべての同じ水着着用選手がやっているんですよね。さらに胸までのものを着ている選手は上半身を必ず脱いでいます。

さすがに女子選手の場合(トップレスに)脱ぐまではいきませんが、レース後は背中のファスナーを全開にしているんですよね

皆、気がついていましたよね。

異常なほど世界記録が出ている今回ですが、「すみません水着、きついです」のレーザーレーサー
「体には大丈夫なの?」、
「ブリっ!(裸に)破れないの?」と、
我が家ではくだらない心配をして見ています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月13日

盂蘭盆会(うらぼんえ)

 昔々、僧侶あり 亡くした母に思いよせ 死後世界の餓鬼道に居るを知る

その苦しむさまに耐えかねて 許されぬ願いをこめて経を読む 

少しの間で良いから母の苦しみを救ってやりたいと 経を読む

その姿に御仏が 少しの日にちだけ 餓鬼道より戻ることを許す

それを 「盂蘭盆会(うらぼんえ)」というなり それをお盆というなり

なんてことは誰も思わないですかね
遠くの親戚が来て、高速の下り線は渋滞していて、それらが思い出になる楽しき日でありますね。

今夜は迎え火を焚き先祖の霊の道しるべにしました。暑い日でした

続きを読む "盂蘭盆会(うらぼんえ)"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2008年8月12日

オリンピック憲章は守られている・・かな?

毎日、各局でオリンピック、オリンピックですねえ。金メダルも出ました。銀も銅も入賞者もたくさん出始めました。
すばらしいスポーツ選手の動きは美しいです。

ところで、近代のオリンピックを運営する人たちは「オリンピック憲章」をしっかり遵守しているでしょうかね~
特に憲章の中にある「オリンピズムの根本原則」の4、5です。

※、4,5の大筋>スポーツを行うことは人権の一つで、いかなる差別も与えてはならない。
スポーツの組織、管理、運営は独立した団体によって監督されなければならない。
人種、宗教、政治、性別その他の理由に基づく国や個人に対する差別はオリンピズムに相容れない。

上記のことがオリンピックでは謳われていますが、この精神に反することをどこかで見かけませんか?

続きを読む "オリンピック憲章は守られている・・かな?"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月11日

猫の親子と鳥の親子の戦い

ピ~ピ~とけたたましい鳴き声、何かに向かって急降下攻撃を仕掛けるヒヨドリ2羽、すさまじい形相ですImg_1091

鶏冠を立てて威嚇しながらまた急降下耳を劈くような鳴き声とその攻撃の先には悠々と歩く我が家の肉食獣ミーでございます

Img_0562_ 口にヒヨドリの雛を咥えていました。
わが子を取り戻そうと必死に攻撃していたのです

続きを読む "猫の親子と鳥の親子の戦い"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年8月10日

‘広島、長崎’原爆の誤解された認識

昭和20(1945)年8月の6日、9日、広島と長崎に原子爆弾が投下されたことは日本にとって忘れてはいけないことですね。
これはアメリカが考え出した「マンハッタン計画」という史上最悪な大量虐殺計画です

この原爆投下の歴史観には政治的情報操作によって誤解されたままの事実がたくさんあるのです。

<通説-1>
原爆は、昭和20年7月26日に米英中の3カ国から出されたポツダム宣言(日本帝国への無条件降伏宣言)を日本が‘黙殺’したことによりアメリカが終戦のため最終決断として投下命令が出され使用された。

<正しい事実>
ポツダム宣言はアメリカの主導で決められ、宣言書に有る三カ国のサインは無線で連絡相談した(?)ためすべてアメリカ大統領一人のものである。
原爆投下命令はアメリカ公文書では昭和(1945)20年7月25に出されている。
http://www.mbe.doe.gov/me70/manhattan/order_drop.htm
つまりポツダム宣言にすでに原爆投下が決まっていたので日本政府の黙殺したこととは無関係である

続きを読む "‘広島、長崎’原爆の誤解された認識"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年8月3日 - 2008年8月9日 | トップページ | 2008年8月17日 - 2008年8月23日 »