« 2008年1月27日 - 2008年2月2日 | トップページ | 2008年2月10日 - 2008年2月16日 »

2008年2月3日 - 2008年2月9日の7件の記事

2008年2月 9日

75歳になると4月から増税?!

平成20年の4月から「後期高齢者医療制度」という新たな医療制度が始まるため、75歳以上の高齢者全員から新しく保険料を徴収することが決まっているのをご存知でしょうか?

その徴収額の算出計算はちょっと複雑で個人によって違った金額になるのですが、基本の数字は年間4万円(上限50万円)になるものです。

扶養になっている高齢者は、扶養者と共有だった保険証は別になり高齢者受給者証がなくなり新たに「後期高齢者医療費被保険者証」というものが3月に発行されるのです。

75歳以上の高齢者にも自分の保険料くらい払わせろ」という制度です。

続きを読む "75歳になると4月から増税?!"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年2月 8日

「天の恵み」への感謝

先日、鯨の遺体が発見された報道がなされていましたね。何が原因なのか非常にかわいそうでした。

私の子供のころ嵐の次の日の海には魚やいろんなものが打ち上げられたのを海沿いの人々は「天の恵み」として海へ感謝してそれらをみんなで分けるのが当たり前だったと思います。

Img_0503 私のように内陸に住むものは嵐の次の日、フォトのような景色が庭先に広がっていまして、その落とされた杉の枯葉や小枝は風呂や竈(かまど)の最高の焚き付け燃料になる「天の恵み」として拾い集めたものでした。

自然と共存する人々にとってこれはごく自然の営みだったはずです。
そしてそれらの恵みを神に感謝して生活することがまた次の「天の恵み」をもたらすと信じていました

その行為の良し悪しは別として、昔から農業漁業にこだわらず日本人にはそんな考え方があったと思います。
動物愛護、自然保護、それらについて今の考え方と昔の考えの良い所だけを融合できないものでしょうかねぇ。

見方によってはお叱りを受けるデリケートなことなので記事にすることを躊躇しましたが思い切って記事にしてみました。think
ご理解してもらえるでしょうか・・不安です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年2月 7日

寒かった墓地

火葬、告別式、埋葬、あっちへ行ったりこっちへ行ったりとあっという間に一日が過ぎてしまいました。

長いお経は眠くなるし、へんな時間に食事をするので腹はおかしくなるし、それでもつつがなく葬儀告別式が終了されていきました

業者というのは今、実にありがたいものとなってしまいました。何でもかんでもやってくれ段取りしてくれるんですからねえ。

それにしても、雪が舞い散る墓地の寒さはコートを着ていても厳しかったですね~。皆、あちこちで足踏みしていた姿が滑稽でした。

合掌!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月 6日

「友引」だって葬儀は出せる・・が・(六曜)

お葬式で必ず避けるのが「友引」ですね。そのため自治体では火葬場などを定休日にしているところがほとんどです(葬儀関係企業全般も)。

しかし、本来の意味からすれば友引に葬儀を出してもいっこうに問題はないのです

引とは本来は「引(または留引)」と書いていたそうです。
意味は「相打ち共引とて、勝負なしと知るべし」つまりどんな勝負事もこの日は引き分けになるので避けたほうが良いというものです。

この日が偶然に陰陽道の「友に災いが及ぶ日」にあたる「友引日」と読み方が同じだったので混同されてしまったようです。

これで判りますように「友引」とは陰陽道も仏教とも無関係なのですね。それでは何なのか?

続きを読む "「友引」だって葬儀は出せる・・が・(六曜)"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年2月 5日

知らせが届いていた

昨日帰宅すると、今年最初の不幸thinkな知らせが届いておりました。

親戚のおばあちゃんが亡くなったというものです。早朝95年の生涯を閉じました
などと、感傷に浸っている暇は無く早々とその家に出かけ親戚と打ち合わせ、「花輪はどうすっぺ?」などなど動き回るのでした

ご無沙汰の遠い親戚とも顔あわせるので「おお元気だったがい、あははは・・」と喪主も混じって笑顔で挨拶と仏様には申し訳ないが影のほうではにぎやかにしゃべっているわけです

いつもの葬式準備の風景です。そうしていないと遺族がつらいですからね

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年2月 4日

福田総理思わず言っちゃったよ

国会の予算委員会で民主党の蓮舫議員の鋭い社会保険庁についての質問に福田総理が思わず言っちゃいました

いかにも答弁が嫌そうに「早く予算を通してくださいよ」と、それだけ言って席に戻った

委員会はこの言葉に蜂の巣を突っついたような騒ぎになったのは当然です。
なぜ?そういう発言になったか・・経緯はおおよそこうです

社会保険庁は現在、年金の照合などの仕事を民間企業に委託しているそうで、その経費なんと「18億円」という莫大な税金が使われているそうです

その何社かある企業で働く社員の企業によっての自給の差額から蓮舫議員は社保庁予算の無駄遣いを指摘したのです

続きを読む "福田総理思わず言っちゃったよ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月 3日

記事は小さいが大勢に見守られて・・・

大相撲は近年に無く人が集まり人気が戻ったかのようですね

そんな中、大勢に見守られて平成の名大関「栃東関」の断髪式が2日に行われていました
引退記者会見では「悔いは無いです」とさっぱりした姿を現していましたが、断髪式の最後に親方で父親である玉ノ井親方(福島県相馬市出身元関脇栃東)がはさみを入れたときは、たまらず号泣となりました

やはり「悔いは無い」といってもその心のおくには何かあったと思います。
断髪式の前日はあわただしく準備する様子がブログにアップされています
http://www.tochiazuma.jp/2008/02/post_176.html#comments

来年平成21年(2009)の9月には部屋を継ぎ名は「二代目玉ノ井親方」となる(現親方は引退)ことが決まっているようですが強い力士のいる話題の部屋にしてもらいたいです。

続きを読む "記事は小さいが大勢に見守られて・・・"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年1月27日 - 2008年2月2日 | トップページ | 2008年2月10日 - 2008年2月16日 »