« 2008年2月10日 - 2008年2月16日 | トップページ | 2008年2月24日 - 2008年3月1日 »

2008年2月17日 - 2008年2月23日の6件の記事

2008年2月23日

近くにお医者さんありますか?

先日また救急患者が受け入れ先が無く1時間以上待たされ亡くなってしまう悲惨なことがおきましたね
以前「たらいまわし病院」についてのことを記事にしたところ賛同のコメントもいただきましたが「医師の数が少ないのが判らないのか!」「福島県は無医県になれ!」など厳しいと言うより「誹謗中傷のコメント」が続きまいってしまいました(今でも紹介サイトから来ている)。

そこで今回は、じっくりと医療機関と国の政策の観点から記事にすることにしてみました。

昭和57年(1982)鈴木善幸総理大臣→中曽根康弘総理大臣(森下元晴厚生大臣→林義郎厚生大臣)のときの政府は・・

  • このまま医師が増加すれば昭和75年(2000・平成12年)に国民10万人に対し医師210人になり、医師余りを起こす」と予想
    これを基にして大学の医学部の定員削減を閣議決定しました。
    国はその当事医師の人数は国民10万人に対し150名が適正としていた

さらに、この予測と閣議決定に基づきその後下記の年にも医学部の定員削減が行われ続けたのでした。

  • 平成5年(1993)宮沢喜一総理大臣→細川護熙総理大臣
    (丹羽雄哉厚生大臣→大内啓伍厚生大臣)
  • 平成9年(1997)橋本龍太郎総理大臣
    (小泉純一郎厚生大臣)

ところが・・・

続きを読む "近くにお医者さんありますか?"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年2月22日

「テニスの王子様」と言ったら誰?

皆さんは「テニスの王子様」と言ったら誰をすぐに思い浮かべるでしょうか?
今なら18歳でメジャー優勝した「錦織圭(にしこおりけい)選手」だと答えることでしょう。

この錦織選手がまだ10歳くらいのころコミック「少年ジャンプ」に許斐剛(このみたけし)のスポーツ連載コミックが始まったのです。
その題名が「テニスの王子様」なのです。
ストーリーはアメリカジュニアテニス4大会連続優勝の実績を持つ天才テニスプレーヤーの主人公「越前リョーマ」が青春学園中学に入学して、活躍するものです。

後の「ハンカチ王子」とか「はにかみ王子」の名はこのコミックが影響がかなりあると思います。

私は錦織選手がニュースで伝えられたときあまりにもコミックの越前リョーマそっくりで、「本物のテニスの王子様が現われた」と、驚いてしまいました。

多分このコミックを見ていた人全員がニュースを見て「テニスの王子様」とマスコミが言うことを確信していたと思います。
そしてその通りになりましたね、それだけ読者が多いと言うことでしょうか。

ついに元祖王子様が現われた気がします

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月21日

「そうですね」連発し過ぎじゃないの

先日のフィギアスケートで浅田真央さんが優勝してよかったですねえ、でも・・
その後にインタビューを受けていた場面、毎回気になっている言葉遣いがあるんですよねえ

浅田真央さんだけじゃなくスポーツ選手の大多数が最初に必ず言う言葉なんです。

リポ、「・・・はどうでしたか?」
選手「そうですね・・・」
リポ、「あの場面は・・・ですか?」
選手「そうですね・・・」
リポ、「次もがんばってください」
選手「そうですね・・・」

(すべてこんな感じですので聞いてみてください)

最近この言葉を話し出しに必ず付け強調するアスリートや有名人が多くてすごく耳障りなんですねえ
ロッテのバレンタイン監督は真似して、「そう~ですね~」と大声で話し出しているくらいです

はい・・」と切り出してもらうととても聞きやすいのですがどう思いますか?
おっさんの意見ですcoldsweats01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年2月20日

ジットリとジットリと汗が出た

この寒いのに肌着が濡れるほど今日は汗をかきながらの「確定申告日」でございました。
別にごまかしをしているわけではないのですがcoldsweats01

収支計算書などの資料書類を今年から作っていくように決まり非常に不安を抱えながら行ったのですが、「非常によくできています」の言葉を担当者からいただきスムーズにことは進み、最後に名前と印鑑を押し(わが村、手書きするところは名前しかない)、申告手続きは完了しました。

担当の税務科職員の「今日はこれで終了です」のことばのホッとすることこしないこと、またそこで汗がにじみました。

あまり暑いと言うので暖房を切ってくれたくらいでした。これでやっと昨年が終了した感じです。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2008年2月19日

自衛隊イージス艦衝突の取材

早朝のニュースは自衛隊のイージス艦あたごと漁船清徳丸(せいとくまる)が衝突し、漁船が沈没する海上事故が伝えられていました
国会開催中でもあり政府与党にとって対応が注目されることになるですね

その放送を伝えるテレビ朝日の放送の一こまです。同じ漁師仲間に電話でインタビュー取材をしていました

テレ朝「清徳丸はどんな漁をしていたんですか?」
漁師さん「かじき縄漁をしとったんですよ」
テレ朝「かじき縄漁ですか、それで何を獲っていたんですか?」
漁師さん「?かじきまぐろ!か・じ・き・ま・ぐ・ろっangry

電話に出ていた漁師さん最後に怒鳴ってました。

電話を切った後「ふざけてんのか!ばかやろう」と言いたことでしょう。仲間の安否が心配でイライラしているときにこんな間の抜けたリポーターに取材されたら腹が立つでしょうね
「かじき縄漁」で解らないものですかね。そのくらいのことの知識は無いもんなのでしょうか。

もし、大型かじきと格闘中だったとしたらイージス艦なんて目に入らないですが・・・早く安否と原因が解明されることを祈りたいです。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2008年2月18日

越後のちりめん問屋の隠居で光右衛門

地区にもよるでしょうが月曜の夜の番組といえば「水戸黄門」を見るのが私の楽しみになっています。

悪代官「お前たちは何者じゃ!」
黄門様「はい、わたしは越後のちりめん問屋の隠居で光右衛門と申します」

悪代官「なに~!そのような田舎じじ~のぶんざいが来るところでないわ・・・下がれ~」

毎回出てくる台詞でおなじみですが、ここで時代劇ファンとしては「どうなんだろう?」考えてしまうところがあるわけです

  1. なぜ黄門様は仮の名を「越後のちりめん問屋の隠居・・」としているのだろうか?
  2. それはいつから決まったのだろうか?使っているのだろうか?
  3. 旅の途中で越後に行ったときはどう名乗ったろうか?
  4. 越後新潟を毎回ど田舎者として言う侮蔑した台詞に新潟県人から抗議は無いのだろうか?
  5. 言葉に越後訛りどころか、水戸訛りも無いのはおかしいのでは?だいたい越後ではちりめんじゃなく「ちぢみ」て言うんじゃないですか?(福島県も同じ呼び方)

今回、このような疑問を検索しているうちに「水戸黄門研究家」などと称する皆さんたくさんいて実に良く調べているサイトあることを知ることになりました

続きを読む "越後のちりめん問屋の隠居で光右衛門"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2008年2月10日 - 2008年2月16日 | トップページ | 2008年2月24日 - 2008年3月1日 »