« マスクの“大きな誤解” | トップページ | 意味が無い成人式 »

2009年1月11日

今年最初の訃報

日曜日の午後妻と買い物中に電話が入り「・・・さんが亡くなった」という内容でした。
先月の末、つまり大晦日の前日に葬儀に参列してまだ2週間もたっていない松の内、またもや訃報の知らせでした。

そそくさと買い物を済ませ帰宅、その家に寒風を受けながらご挨拶に出かけました。

インフルエンザウイルスがまだ体内に有る私は速やかに焼香と仏様のお顔を見させていただきかえってきましたが、ちょっとそっけなかったような気もしているわけです。

こういう場合は、勘弁してもらうしかないですね・・合掌

|

« マスクの“大きな誤解” | トップページ | 意味が無い成人式 »

コメント

インフルエンザは治っても一週間くらいは他人に感染す可能性があるそうですね。
私も2年前に罹って有給休暇の無駄遣いをしてしまいました。
無理して出かけて酷くなってもいけないし、他人に感染させても申し訳無いですからね。
ま、皆がそう考えて行動してくれれば良いのですけど、うちの会社や電車内では遠慮会釈無く咳やクシャミをする輩がいるので予防のためにマスクをしております。

投稿: がんさん@大和の国 | 2009年1月12日 20:07

)がんさん

呼吸も人との接触、外出も止められないですし、感染しても治るのが早くなるように体力をつけることですね
それと「歯磨き」はインフルエンザウイルスの増殖を防ぐそうです

投稿: 玉井人 | 2009年1月12日 21:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/43715311

この記事へのトラックバック一覧です: 今年最初の訃報:

« マスクの“大きな誤解” | トップページ | 意味が無い成人式 »