« 報道番組へ初のツッコミ | トップページ | 今年最初の訃報 »

2009年1月10日

マスクの“大きな誤解”

私自身が現在使用しているせいもありますが、この季節は白いマスクをした人が多いですよね。現在は昔ながらのガーゼのをしている人は見ず科学繊維でできた「不織布」というものがほとんどです。
安いし使い捨てにするので清潔だという利点が人気なのだと思います。

Img_1738_3 ←我が家で利用している不織布マスクの外箱表示のアップです。

“99%カット”の文字がいかにもすべてのばい菌をカットしてくれるかの表示に・・・
私の妻⇒「これなら病気の菌に効くんじゃないの」と、
言いたくなりますし、そう思わせるようなうまい表示ですよね

しかしそれは‘大きな誤解’です。

画像をクリックしてよ~く見てもらうと分かりますが‘ミクロン以上99%カット’と表記されています。
つまり「5ミクロン」より小さいものは通ってしまう通気性が有るということです。

まずこの5ミクロンの「ミクロン」という単位は今から40年以上前の1967(昭和42)年に国際条約で使用撤廃になっている単位で、現在は「5マイクロメートル(μm)」というのが正しい言い方ですが、その大きさは分かりにくいですよね。

これをインフルエンザウイルスの大きさと比較してみましょう。

インフルエンザウイルスの大きさ⇒約0.1μm(マイクロメートル)ですから、このマスクに開いている隙間はウイルスより50倍いもの大きな穴が開いていることになります。

これは、ウイルスを直径30センチくらいのバレーボールにたとえるとマスクの繊維の隙間は“225㎡=68坪=136畳”に相当する大きな空間、というよりまったくなにも障害が無いことになります。(風邪もウイルスなので同じことになります

マスクとはくしゃみや咳のときに遠くへの飛散を防止するのと、乾燥冷風を直接吸うのを防ぐ効果のためのものですね。
ですからインフルエンザにかかったらマスクをしていても伝染は防げませんので治るまであまり人には接しないことですね。

私はもう少しで、治りそうです

もう一つの誤解・・・

以前も書きましたが、ンフルイエンザ予防接種は「風邪(感昌)」にはまったく効きませんよ~。
風邪には予防接種薬どころか治療薬さえも未だに無いことを覚えておきましょうね

これって、勘違いしてる人だらけなんですよね

ただしマスクに着いた水分が菌を防ぐのだというお医者さんもいます。

|

« 報道番組へ初のツッコミ | トップページ | 今年最初の訃報 »

コメント

広告宣伝でよくある手法ですね。
一般人はそこまで深く追求しませんからね~
流石です。

投稿: もうぞう | 2009年1月10日 19:58

)もうぞうさん

どちらにしてもガーゼよりはかなり効力は上なので利用しないてはないですね

投稿: 玉井人 | 2009年1月10日 21:11

こんばんわ。
へぇ~、なるほどね。
例え、「マスク」をしていても、「風邪・インフルエンザ対策」には、効果が無いと言うことが、分かりますね。
やはり、「手洗い・うがい」で、早期対策が1番ですね。

投稿: H.K | 2009年1月10日 22:49

)H.Kさん

そうは書いていないつもりですが・・

投稿: 玉井人 | 2009年1月11日 10:38

へ・え・え・・・そうなんですか。知らないことばかりでした。お話変えてすみませんが、鼻の高い人は鼻の低い人より、寒い空気が肺に入るのに時間がかかる、つまり、冷たい空気は直接肺に入らないんじゃない???だから、寒い土地の人は鼻が高いんじゃないかって、ももりの珍説です。

投稿: 山口ももり | 2009年1月11日 16:34

そう、ウイルスには効果がないんですよね。
私は「テニスのラケットで砂を濾そうとするようなものだ」
という例えを聞いた憶えがあります。でも玉井人さんの書かれた方がよりスケールが忠実ですね

投稿: 秋ぎつね | 2009年1月11日 19:09

気休めでしょうね。でも、マスクしているから絶対に貰わないって、思いこむ事で慰めとしましょう。今訳の解らない新しいウイルスがどんどん出てくるのでそうでも思わないと、ノイローゼになりそうです。
今日、白鳥飛来地に行って来ましたが、役所の係の方が、鳥インフルエンザに注意するようにと、触れて回っていました。風上で見るようにって!。田圃にも居たし、頭の上も舞っていたし、見に行った人達、どうしたらいい?

投稿: nanami | 2009年1月11日 20:43

マスクって人のためじゃなく自分のためですよね(^_^;
喉や気管支を保湿できるのが一番ですからね~
ウィルス不透過のマスクでは窒息しますもん(笑)

風邪の治療薬を開発すると間違いなくノーベル賞!
今はまだ黙って寝てるのが一番の薬ですね♪

お大事に(^_^)

投稿: ZZT231改 | 2009年1月11日 23:27

)山口ももりさん

その説に似たようなのが欧米人の鼻の高さを上げた科学者もいますから、以外にその通りなのかもしれませんよ
 
 
)秋ぎつねさん

ラケットだとフレームと砂くらいでしょうかね
ただ実際はその隙間に水分が有りますから少しは役に立っているんだと思います
 
 
)nanamiさん

我が家の頭上も大型の鴨=白鳥が飛んでいますよ。
田んぼに餌を食べに来るんですよねえ
 
 
) ZZT231改さん

極一部の風邪にはできたようですが、全体からすれば無しですから大変ですよね

投稿: 玉井人 | 2009年1月12日 11:31

ふふふ・・・やっぱりぃいー・・・ももりの目の付け所は、結構鋭い???なあんて。なんで、そんな事思ったというと、ゴビ砂漠でらくだを見た時。物凄い砂嵐を経験して、そのあと、まつ毛の長いらくだの可愛い目をみていて、ふっと、「あ・あ・あ・・まつ毛って、あの目をしっかり閉じたら、目を完璧に保護するわなあ」って思いました。

投稿: 山口ももり | 2009年1月13日 08:36

それに・・・思い出しましたけど、最近、毛はえ薬・・・100パーセントは効かないって、TVで広告を変えました。そんなモン効くンやったらダーレも苦労せえへんて。

投稿: 山口ももり | 2009年1月13日 08:38

)山口ももりさん

生物はその環境で耐えられるように最大限の適合力を発揮するものだと思います。
うまくできていると思います
ただ、以前の環境に行くと戻るのも特徴のようです

投稿: 玉井人 | 2009年1月13日 08:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マスクの“大きな誤解”:

« 報道番組へ初のツッコミ | トップページ | 今年最初の訃報 »