« 幸せの電話 | トップページ | 外国での日本人の‘見つけ方’ »

2009年1月28日

国会テレビ中継での面白い演出

国会の予算委員会や本会議のてれび中継を見たことは有ると思いますが、その中継で面白いテレビ局の演出というかこだわった放送が有るのに気づいている人はいるんでしょうか?

私は今年、そのことに初めて気がつきました。

それは、国会放送のときに議長席(大臣席)と議員側席(質問者席)の立ち位置がテレビ画面上、衆議院参議院では“左右逆”にして放送していることなんです。

つまり、テレビ画面の向かって右に議長席・大臣席がある場合は「衆議院での中継」、
逆に向かって左に議長席・大臣席がある場合は「参議院での中継」になっているんですねぇ。

これは国会議事堂が向かって左が衆議院、右が参議院あるのでその建物の様子を画面上でも表そうとしているんだと思いますが、なんともこれって‘日本人的な考え方だなぁ’と思いませんか。

ショー演出は日本人は世界トップだといわれのはこんな繊細なことを考える国民性があるからなのかもしれませんね。

|

« 幸せの電話 | トップページ | 外国での日本人の‘見つけ方’ »

コメント

ホント・・・ギャル曽根みたいに何でも食いつく・・・ってこんなのを云ってらっしゃるんですか???勿論、私はしりませんでしたけど。

投稿: 山口ももり | 2009年1月30日 08:04

)山口ももりさん

そうですhappy01

投稿: 玉井人 | 2009年1月30日 08:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/43883035

この記事へのトラックバック一覧です: 国会テレビ中継での面白い演出:

« 幸せの電話 | トップページ | 外国での日本人の‘見つけ方’ »