« “転んだ先”の杖 | トップページ | 思わず吹きだした江戸の小唄 »

2009年5月29日

雨が降って畑を見れば

久しぶりに小雨が降って、昨日殺虫剤をかけたソラマメを見に行ったら真っ黒にアブラムシの死がいがこびりついて小雨では流れないので如雨露で洗い流しました

Img_2467 ←奇麗になったソラマメです。

正確には“奇麗なところを撮った”写真です

ソラマメとは鞘が空を向くから「豆(そらまめ)」の漢字があてられたようですが、
これは下を向いているので「蚕(かいこ)」に似ているから当てられた漢字の「豆(そらまめ)」のほうが似合っているようですね

Img_2072右のフォトは空豆の花です

今年初めての収穫となるのですが・・・どのくらいの数が食べられるようになるか不安です。
なぜなら雪のない冬の間にもうすでに7~8割の種が土中でダメになってしまっているからです

そしてアブラムシの襲来と、雨不足、雪不足はいろんな影響を与えているようです

|

« “転んだ先”の杖 | トップページ | 思わず吹きだした江戸の小唄 »

コメント

そらまめは空豆だと思っていました。
一太郎では、蚕豆も6番目に候補になっていました。へ~ですね。

投稿: もうぞう | 2009年5月29日 19:35

)もうぞうさん

そうなんですよね蚕豆の漢字も有るんですよ

投稿: 玉井人ひろた | 2009年5月29日 21:04

こちらに訪れる度に勉強させていただく気分ですが、「蚕豆」だけでなく「如雨露」も初めて知りました。なるほど、これで意味が分かります。世の中、知らないことだらけです。

投稿: 朝霧 圭太 | 2009年5月29日 23:38

) 朝霧 圭太さん

如雨露はふつうジョウロて仮名書きが多いですよね。漢字だと難しい読みだと思います

投稿: 玉井人ひろた | 2009年5月30日 07:31

雪が少ない、雨が少ないって深刻ですねえ。土の中で死んでしまうのですか・・・ソラマメの花って、こんなにかわいいんですね。

投稿: 山口ももり | 2009年5月30日 08:16

)山口ももりさん

山は雪が多かったので田んぼの水は多いくらいです。
ただ平地は雪が無く地肌が露出し寒さが直接いってしまいます
秋の寒い時期に植える蚕豆の種は雪が無いとその寒い土にやられちゃうようです

投稿: 玉井人ひろた | 2009年5月30日 08:34

如雨露は如露とも書きますね。それにしても豆には虫が付きやすいので世話が大変でしょう。先年、我が家の枝豆はカメムシにやられて一つも食べられませんでした。

投稿: 秋ぎつね | 2009年5月31日 20:54

)秋ぎつねさん

カメムシ類は成虫で越冬するので若芽が出て暖かくなるころ一気に来襲しますから厄介な害虫ですね

投稿: 玉井人ひろた | 2009年5月31日 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/45163855

この記事へのトラックバック一覧です: 雨が降って畑を見れば:

« “転んだ先”の杖 | トップページ | 思わず吹きだした江戸の小唄 »