« CO₂は最終的にどこに行くのか | トップページ | 違反非公開を責めるマスコミ »

2009年6月 6日

違和感を感じる「寃罪(えんざい)」という言葉

現在テレビなどでは幼児殺害の寃罪(えんざい)が立証され17年ぶりに釈放された「菅谷さん」があちこちで話題にされています。

事件のの内容もそうですがわたしはこの「寃罪」という言葉そのものが馴染めず、ズ~と以前から違和感を抱いています。

」という漢字は「うかんむり」と「ウサギ」の漢字がが合成されたもので、うかんむりは小屋を意味し小屋に入れられたうさぎさんの様子を表し、「罪もないのに捕らわれた兎さん」が転じて「濡れ衣の罪」となったもので、寃の漢字一文字だけで「濡れ衣の罪」を意味する文字になっています。

つまり、寃罪の漢字の意味だけでも「濡れ衣の罪の罪」と、いうふうになって日本語としても変に思いませんか?

私には、無罪なんだか有罪なのか、それともどちらでもないのか、延期された罪なのか、紛らわしいイメージの言葉に感じるんですよね

ですから私としては「濡れ衣の罪」でいいと思うのです。そのほうがよほど分かりやすいと思いませんかね。

だいたい、この「寃罪」という言葉は法律用語では全く無くどこかの知識人を気取るやからやマスコミなどが作った一般用語・俗語と言うじゃないですか
それなら、昔から使われていた「濡れ衣の罪」のほうが、分かりやすいし粋ですよ。

マスコミはその他に「刑事正しくは捜査員」、「容疑者正しくは被疑者」、さらに「誤認逮捕」などの造語(マスコミ用語)を作っていますが、寃罪だけはやめてほしい気がします。

あくまでも、私個人のイメージの問題ですがねcoldsweats01

 
<追記>

  1. 報道や新聞などで使われる「えんざい」の「えん」の漢字は‘わかんむり’⇒「」を使用することが一般的ですが、解字漢和辞典によれば「わかんむり⇒冤」は「うかんむり⇒寃」の俗字とありましたので本記事では本来の‘うかんむり’⇒「」の漢字を使用しました
     
  2. 今回のような捜査員の誤った捜査(誤認逮捕)や、裁判所によって下された誤った有罪の無期懲役判決(寃罪)が下された場合でも、現状の法律では原則として警察や検察は違法行為とならないそうですので、間違われた当人には国家賠償がなされないことになっているようです。
    法改正が望まれます

|

« CO₂は最終的にどこに行くのか | トップページ | 違反非公開を責めるマスコミ »

コメント

こんばんわ。
・「文章」を読んで。
何となく、「冤罪」と言う文字、違和感が感じますね。

投稿: H.K | 2009年6月 6日 21:46

)H.Kさん

やはりしますかhappy01

投稿: 玉井人ひろた | 2009年6月 6日 21:58

国家賠償がないということになれば、本当に気の毒なことです。
17年間の補償はあってしかるべきだと思います。

投稿: ぜん | 2009年6月 6日 23:10

)ぜんさん

救済の法律はあるのでしょうが、事件を立件した警察や検察から行けば原則として責任が問われないそうです。
これは明治ころにできた「国家に過失は存在しない」という考え方がベースなんだと思いますが、議員は改正に尽力すべきですね

投稿: 玉井人ひろた | 2009年6月 7日 08:00

いつもながら「深い」な~
すごいです。
被疑者の方がピッタリするように思いますね~

投稿: もうぞう | 2009年6月 7日 19:46

)もうぞうさん

間違いなく被害者ですね

投稿: 玉井人ひろた | 2009年6月 7日 22:41

ううむ…日常を根底から覆す冤罪。難しい問題ですが被害者の家族はもっと複雑な思いでしょうね。憎むべき人が今日からはある意味濡衣の罪の犠牲者になってしまう訳ですから。自分たちの事件に関わってなければ彼も幸せな余生を暮らすはずだった。でも自分たちの事件に何らかの形で関わって犯罪者に仕立て上げられ、被害者家族なのに彼に対して罪悪感を持って生きなければならない…
これは国に検察や警察を罰する機関があって呵るべきですね。天下り団体ばかり作って、本当に必要な機関を作ってくれない此の国はもう…終わってます。

投稿: くぽ | 2009年6月 7日 23:24

)くぽさん

その通りですね。
ただ難しいことを言わせてもらえば、「議会制」になってからまだ日本は100年ちょっとであることと比べれば1000年以上も歴史ある日本の「官僚制度」を改正するのは難しいのかもしれません

投稿: 玉井人ひろた | 2009年6月 8日 00:28

「冤」の意味知りませんでした。
「頭痛が痛い」状態なんですね。

ちなみに、こんな「誤認逮捕」を最近発見。
 http://nazenikki.blog.shinobi.jp/Entry/7/

投稿: 考える人の台座 | 2009年6月10日 12:39

)考える人の台座さん

コメントありがとうございます。その事件なあ知っています。
あれは寃罪と言うより「警察のでっち上げ事件」としてテレビでは放送されましたので、よく覚えています

投稿: 玉井人ひろた | 2009年6月10日 22:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/45255726

この記事へのトラックバック一覧です: 違和感を感じる「寃罪(えんざい)」という言葉:

« CO₂は最終的にどこに行くのか | トップページ | 違反非公開を責めるマスコミ »