« 「世論」←何と読んでいますか? | トップページ | 国会はスキャンダル合戦か? »

2009年7月 3日

身勝手なネーミングだ!

札幌の北一条通りに今はだいぶ伐採され姿がなくなりましたがアカシア(アカシヤ)並木があります。

♪この道はいつか来た道、ああそうだよ・・・アカシアの花が咲いてる・・♪

この有名な「この道」という歌はそのアカシア並木が白い花をつけた様子をモデルにして北原白秋氏によって作られた歌です。

Photo ←がその花で正式名を「ハリエンジュマメ科ハリエンジュ属)」という落葉高木ですが、どこで間違ったか日本ではこれを「アカシア」としてしまったのですね。

何年か後にネムノキそっくりで黄色い花が咲く本当のアカシア(ネムノキ(マメ科)科アカシア属)が国内に入ってきたため、白い花が咲くハリエンジュは「ニセアカシア」という惨い名前に変更されてしまいました。

それでも数多くの歌に出てきたり、高級な「アカシアハチミツ」はこの白い花のハリエンジュ(偽アカシア)なのです。

最近は「特定外来有害植物」と指定され環境破壊の植物扱いに変わってしまいました。
養蜂家は「伐採しないでください」と訴えているのですが、今はどうなっているでしょうか?

まったく身勝手な人間によって、間違えられて「本物じゃないから偽・・・」は酷いことになっているものです。

そういえば「パンダ」もそうですよね

本来、パンダには普通のパンダとジャイアントパンダの2種類あったそうですね。
ところが、ジャイアントパンダの希少性と人気が相まって名前が変わってしまったのです

ジャイアントパンダ⇒パンダ

普通のパンダ  ⇒レッサ―パンダ

これも身勝手なネーミングの典型ですよね。レッサ―パンダが本当の名前を取られてしまったんですからね

本人たちは全く名前なんて考えてはいないでしょうけどねhappy01

|

« 「世論」←何と読んでいますか? | トップページ | 国会はスキャンダル合戦か? »

コメント

 ニセアカシア、山梨では一部の山の斜面などに植栽されています。近所の河川敷にも数本、大木が生えていて花時はクマバチがうるさいほどです。
 以前山小屋でアカシアの蕾の天ぷらを食べたことがありますが蜜があってほんのり甘かったですね。

投稿: 秋ぎつね | 2009年7月 4日 10:42

)秋ぎつねさん

こちらでは開花した花を天ぷらにして食べますよ

投稿: 玉井人ひろた | 2009年7月 4日 13:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/45527806

この記事へのトラックバック一覧です: 身勝手なネーミングだ!:

« 「世論」←何と読んでいますか? | トップページ | 国会はスキャンダル合戦か? »