« 郷土のお祝い料理“ざくざく”とは? | トップページ | お祭り屋台で食べたくなるもの »

2009年10月 4日

あいまいな規定“メタボリックシンドローム”

一昨日の記事で“外国では使われない日本語”に入っていた言葉に「メタボ」が有ったのを思い出していただきたい。
日本国内では本来の意味とは違った使い方「メタボ=肥満」で、完全に肥満の代名詞になっているためにそうなったのですが、メタボの言葉そのも外国の一般人は知らないのが第一の理由かもしれません

メタボリックシンドロームを直訳すれば「代謝異常症」または「内臓脂質代謝異常症」ということでけして肥満のことを指す言葉ではありません。

これは日本国内のメタボリック症候群の要注意基準の必須項目の中に「男性ウェスト⇒85㎝以上、女性ウェスト90㎝以上」という数値が有るからです。
http://www.uralynet.com/ms/msgl.htm

ところが、メタボリック症候群を判断する日本の規定は外国とは違いますし、WHOが定める規定とも違います。
もっと驚くのは国内の大学病院によっても規定値が違います

http://www.imcj-gdt.jp/metabolic_synd/mts_epidemiology_jp.htm

メタボリック症候群の検査とは

  1. 内臓脂肪値が高い(CTスキャン検査
  2. 中性脂肪値が高い(採血検査
  3. HDLコレステロール(善玉)値が低い(採血検査
  4. 血圧が高い
  5. 血糖値が高い(採血検査

上記の症状が組み合わさった症状を指すものですが、外国では1~5のうち全体で3つ以上ある場合を「代謝異常」と判断するのが主なようです
先にも言ったように日本では1番の項目の判断になるウェスト値が必須で、それプラス2~5番までの2つ以上ある場合を「メタボリックの兆候」と判断します

1番の基準が日本だけ男女が逆(上記URL参照)になっているのも不可思議ですが、規定を作った日本の8医学学会では「日本人は外人とは違うから」と、すこし首をかしげる答えを出しています

その変わった基準のために・・・

日本の女性は世界一メタボリックになっていないことになっていて、男性は逆に高い順位になっています。

欧米の糖尿病学会では「現在の判断基準はあいまいで不正確なのでメタボリックという病名を使わない」ということを発表しています。

「メタボ、メタボ」と意味違いで騒いでいるのがの日本だけであるこのことをどう思われますか?

ちょっと恥ずかしさを・・覚えませんか?

メタボリック症候群はむしろやせ型の人の方が怖い病気なのです

|

« 郷土のお祝い料理“ざくざく”とは? | トップページ | お祭り屋台で食べたくなるもの »

コメント

はははh・・・
そのメタボもすっかり話題にのぼらなくなったようですね。
メタボ健診って、なんだったの?
どうも国(政府)は、予算をとるための目的で仕事をしてるように思います。

投稿: もうぞう | 2009年10月 4日 19:17

)もうぞうさん

その曖昧な不確実的診察をわが村では未だに集団検診(福島県集団検診組合)でやっています

投稿: 玉井人ひろた | 2009年10月 4日 21:31

私も、ご他聞にもれず、自分の三段バラを嘆いていますが、検診ではメタボじゃないんですって。おかしいなあ!!!でも、日本人は大体細いのを好みすぎです。自分が太いから言うんじゃないつもりですけど、ヨーロッパ絵画の女性達の肉付きの良いことと言ったら・・・ルノワールやルーベンスなんか、もおお・・・私よりヨッポド太い。

投稿: 山口ももり | 2009年10月 4日 21:37

)山口ももりさん

その通りなのです。それなのに日本国内は外国より規定値が高いし、なおかつ女性の場合には測る場所が日本では臍の上の一番細いところを計測、外国では臍下の太いところを計測するといったように、検診がでたらめで統一も規定もされていないんです。
おかしな話でしょ

投稿: 玉井人ひろた | 2009年10月 4日 22:05

こんばんわ。
「メタボリックシンドローム」、聞くだけで怖い症候群ですね。
やはり、普段の生活習慣に、気を付けないといけませんね。

投稿: H.K | 2009年10月 4日 22:22

)H.Kさん

そうなんですよ。生活習慣病ともいえますからね

投稿: 玉井人ひろた | 2009年10月 5日 07:39

確かに曖昧ですね。
内臓脂肪ってメジャーで測れるものなのだろうかと不思議に思っていました。
日本人の気質は熱し易く冷め易いのでいつまで続くのだろうかとも。
成人病になり易いんでしたっけ…?
私はそこらのおねいちゃんよりウェストは細いんですけどね…。

投稿: がんさん@大和の国 | 2009年10月 5日 12:02

)がんさん

医学的によりますと
現代の若い女性のように脚を露出させていることが多い場合、冬の寒さや夏の冷房でこの脚が冷やされると体は防御反応として内臓に脂肪を付けるんだそうです。
内臓を冷たい血液から守るわけです

だから、かっこいいモデルさんなどは意外と内臓脂肪が多いんだそうですよ

投稿: 玉井人ひろた | 2009年10月 5日 13:59

玉井人さん、こんばんは。ご無沙汰してました。先日はどうもです。

丁度書きかけていた記事に関連してます。
先ほどUPしましたので、どうぞ覗いてください。

メタボな私ですo(*^▽^*)o~♪

投稿: いっこんま | 2009年10月 5日 20:22

)いっこんまさん

いつも記事は拝見させていただいておりますよ

投稿: 玉井人ひろた | 2009年10月 5日 20:30

女性でウエスト90センチからメタボ…!???
80センチでもヤバいと思います〜。。。

投稿: くぽ | 2009年10月 6日 02:21

)くぽさん

WHOの規定でいくと日本の女性の基準の人は“W=90、H=100”という巨漢になってしまうんですよ。
おかしな数値なんですよね

投稿: 玉井人ひろた | 2009年10月 6日 07:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あいまいな規定“メタボリックシンドローム”:

« 郷土のお祝い料理“ざくざく”とは? | トップページ | お祭り屋台で食べたくなるもの »