« 「○○の肉汁」←にくじる!・・にくじゅう!・・どっち? | トップページ | 国道には「負担金」、ダムには「納付金」・ぼったくりか? »

2009年11月15日

すぐれものアイテム「だんらん」

暖かい地方では知らないと思います。知っていても実物を見る機会は無いはずの冬のアイテムにこんなのが有ります。

Img_2995 商品名は「省エネ温風パイプ だんらん」(メーカによっては別の名前のも有るかもしれません

Img_2994単価は1400円~2000円のアルミ製のパイプです。

使い方は石油ファンヒーターの温風吹き出し口にパイプの片方をあて、もう一方の片方をコタツの中に突っ込み温風を送り込むもので、こちらではよく知られたものです

こんな簡単な仕掛けなのですが、コタツの中は物凄く温かなので当然コタツの電気は使用しなくて済みます。

このホースは1m~2.7mも伸びる蛇腹になっているのでいろんな角度に変えられるのも特徴です
このホース、コタツに入れずに使うと、二部屋を一度に温めることができるようになる効果も有ります。

暖房機一台で二台分の働きが可能なこのアイテムは誰が考えたのか知りませんが、冬の暖房費節約にもなり非常有ありがたいものです。

欠点と上げるとしたら、結構太いパイプなので歩く時気をつけないと危ない。それにアルミ製なのでけっ子パイプ自体が熱くなるので触るときに気をつけないといけません。

ただ、我が家の猫はこの熱いパイプに体を寄せて寝ますので、素肌で触れるか触れないかギリギリの熱さでもあります

全国的にも流行ってきているのでしょうかね?

|

« 「○○の肉汁」←にくじる!・・にくじゅう!・・どっち? | トップページ | 国道には「負担金」、ダムには「納付金」・ぼったくりか? »

コメント

結構普及しているようですよ。
有効利用しているわけでしょうが、エネルギー的に考えると、やはり熱が二手に分かれるので、やや寒いのかな?なんて思ってしまいます。

投稿: もうぞう | 2009年11月15日 20:00

うちでも大活躍です。はじめよそで見た時は「有り得ない」と思いましたが、
使い始めて4年目、もうコタツに電気を使う気にはなりません。
ダクトのあて方の加減でコタツと室内をうまく温められると思うのです。

投稿: ハル | 2009年11月15日 21:48

こんばんわ。
「値段」は、悪くありませんが・・・。
現時点では、「保留」です。

投稿: H.K | 2009年11月15日 22:18

)もうぞうさん

想像以上に普及しているようですね。
二手に分かれても使い方で大丈夫ですよ
 
 
)ハルさん

最初は私も同じように思いましたが、使うと便利ですよね
 
 
)H.Kさん

使わなくてすん地方の方はそこまでしなくていいでしょうね

投稿: 玉井人ひろた | 2009年11月15日 22:36

へ・え・え・・・・こんなの初めて見ました。

投稿: 山口ももり | 2009年11月16日 16:15

)山口ももりさん

北国のヒット商品です

投稿: 玉井人ひろた | 2009年11月16日 17:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/46771037

この記事へのトラックバック一覧です: すぐれものアイテム「だんらん」:

« 「○○の肉汁」←にくじる!・・にくじゅう!・・どっち? | トップページ | 国道には「負担金」、ダムには「納付金」・ぼったくりか? »