« 丘灯至夫(おかとしお)さん 亡くなる | トップページ | 大きな・・・独り言? »

2009年11月26日

トヨタ車、過去最大のリコール開始・・だけど

26日今朝のNHK重大ニュースの一つは「トヨタ自動車はアメリカで販売された自動車約400万台以上のリコールを発表、この数は過去最大級の台数」と、いうものでした。

リコールの内容はこうです。

症状
アクセルを踏み込んだ時、アクセルペダルが純正のフロアマットに引っ掛かりエンジンの回転が下がらず自動車が止まらなくなる

対処
ペダルを引っ掛からない形状の物と無償交換することにした

ただし、国内で販売されているものは純正マットがアメリカの物と違い引っ掛からないものなのでリコールの必要は無い

このりコールが始められたきっかけはアメリカの男性2人が「交差点での事故は車のエンジン回転数が下がらず止まることができなかったのは、その時運転していたトヨタ車の欠陥(エンジン内部)が原因」として訴えられたからだそうです。

ところが・・・

このアメリカ人男性の乗っていた自動車は「リコール対象外」となったのです。
それは、マットが引っ掛かる形状車種とは別で「原因違い(原因不明)」にされたからのようです。
しかし、この男性たちは最初から「トヨタ車の電子制御の欠陥が原因だ」としていてトヨタと言い分が違います。
そのため今でも訴訟を下げないまま争っているようです。

ここまでは「アメリカでおこったこと」と、して「日本国内販売車は大丈夫でよかった」なんて思っていると危険です。
マットは形状が違いますが、問題のアクセルペダルは同じものなのです。

>国土交通省事故報告より

  • 2009・8月28日付報告
    トヨタ/カローラ・アクシオを運転中アクセルが戻らなくなり交差点で事故になりドライバーが重傷を負った。
  • 原因はドライバーが運転席に敷いていた“市販マット”がアクセルペダルに引っ掛かりアクセルが戻らなくなったのが原因

つまり、アメリカと同じように「交差点や駐車場でエンジン回転が下がらずブレーキが効かない」と、いうことが起こる可能性が低くないことになります。トヨタ車に御乗りの方ご注意

ところで、このニュースはNHKでやったっきり他のテレビ局ではやっていな気がするんです?。
さらに「トヨタ、リコール、アメリカ」で検索して出てくるサイトを開くとその多くがなぜか「エラー」または「問題発生」になっているのは何故でしょう?

現在、トヨタ社はアメリカの「アメリカ道路交通安全局」から「トヨタ社の情報は(もみ消しなども有り)不正確で誤解を招きやすいものが多い」と、名指しで指摘されているそうです

それに反論してリコールを発表したようですが・・・日本国内ではやはり今回もその情報は目立たないようにしているようですね。

さすがトヨタ社、うまい(拍手)

|

« 丘灯至夫(おかとしお)さん 亡くなる | トップページ | 大きな・・・独り言? »

コメント

やはり民放はトヨタのコマーシャルの収入に関係するので批判は出来にくいんじゃないんでしょうか。
CMが無くなったら大打撃でしょう。

投稿: kiyoka | 2009年11月27日 08:43

)kiyokaさん

そうかもしれません。
民放ニュース番組はほぼ全てがトヨタのCM料金が頼りだそうですからね

投稿: 玉井人ひろた | 2009年11月27日 16:57

アメリカでは純正マットの他にもマットを敷いている人が多いそうですね。
つまり2枚重ねて・・・
日本人より汚れなどにたいして、神経質だとは思ってもみませんでしたね。

投稿: もうぞう | 2009年11月27日 19:59

)もうぞうさん

もしかするとマットの摩耗を防ぐ目的もあるんじゃないですかね

投稿: 玉井人ひろた | 2009年11月27日 20:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/46866213

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ車、過去最大のリコール開始・・だけど:

« 丘灯至夫(おかとしお)さん 亡くなる | トップページ | 大きな・・・独り言? »