« 2009年5月24日 - 2009年5月30日 | トップページ | 2009年6月7日 - 2009年6月13日 »

2009年5月31日 - 2009年6月6日の7件の記事

2009年6月 6日

違和感を感じる「寃罪(えんざい)」という言葉

現在テレビなどでは幼児殺害の寃罪(えんざい)が立証され17年ぶりに釈放された「菅谷さん」があちこちで話題にされています。

事件のの内容もそうですがわたしはこの「寃罪」という言葉そのものが馴染めず、ズ~と以前から違和感を抱いています。

」という漢字は「うかんむり」と「ウサギ」の漢字がが合成されたもので、うかんむりは小屋を意味し小屋に入れられたうさぎさんの様子を表し、「罪もないのに捕らわれた兎さん」が転じて「濡れ衣の罪」となったもので、寃の漢字一文字だけで「濡れ衣の罪」を意味する文字になっています。

つまり、寃罪の漢字の意味だけでも「濡れ衣の罪の罪」と、いうふうになって日本語としても変に思いませんか?

続きを読む "違和感を感じる「寃罪(えんざい)」という言葉"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年6月 5日

CO₂は最終的にどこに行くのか

「地球温暖化=二酸化炭素(次いで、メタン、フロン)増加」と、言うのはマスメディアが何度も何度もまるで選挙カーのように繰り返されていますので誰でも知っていることだと思います。

二酸化炭素というのを排出しているのはまず人間を含めた動物が24時間出しています。
そして、自動車を中心とする燃料を消費する機械類が稼働中いつも出し続けています。

この二酸化炭素は太陽で光合成をする過程で植物が吸って酸素を作り出していますが、陽が出ていない時間帯の夜には逆に酸素を吸い二酸化炭素を排出しています。

これだと、どう考えても二酸化炭素の排出量の方が断然多いとしか思えず「なぜ酸素が減らないのか?」不思議に思えてきませんか?

続きを読む "CO₂は最終的にどこに行くのか"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 4日

ETC割引一律1000円の誤解

先月の話なのです、私の妹夫婦が千葉に住む娘夫婦のところへ自動車道を利用して出かけた時の話です。

土日のETC割引一律1000円料金を利用して常磐自動車道を通り、そして常磐自動車道のインターチェンジで降りたそうです。

ETC料金は1000円で助かると喜んでいたら請求書が届いて義弟がびっくり、請求額は片道「10001400円」の請求金額になっていたわけです。

「なんで400円増えてんだ?!おれたちは常磐自動車道で降りたのに、何で1000円じゃないんだ?変じゃないか?!」と悩み怒ったそうです。

続きを読む "ETC割引一律1000円の誤解"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年6月 3日

いつのまにか直っていた!

Windows vistaの画面はエアロという特徴のある画面表示が有ります。

Img_2494vista ←のようなものなのです。

実は私がパソコンを買っていろいろ以前のソフトなどを移動インストールしているうちにこの表示が「停止状態」になっていたのです。

使用するのには何も影響が無いので気にしないでいました。

そしたら先日自動更新でVistaSP2をインストールしたら、自然に停止状態が解除され直ってしまいました。

どうなっているのか分かりませんが、なにはともあれ(無くても良い機能だが)使えるようになって安心しました(happy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月 2日

レジ袋削減=石油消費削減は“誤解”で本当の‘目的’は別にある

昨日に引き続きレジ袋有料化について関連記事をアップしたいと思います。きょうは肩がこる内容で難しくなりますのでなるべくそうならないように努力してみます(coldsweats01

レジ袋を有料化する目的としてまず言われるのが「レジ袋削減=石油消費削減」が声高に報道されています。
その根拠としてよくつかわれる説明内容は、↓これですよね。

 日本国内で使用されるレジ袋(大きさ=LL袋換算)は年間で約300枚(305億枚)になる。
レジ袋1枚製造に使われる石油は約20ml(18.3ml)で、それに300億枚をかけると年間レジ袋生産石油使用量は約60万kl(55.8万kl)相当になる。
この60万klとは2ℓペットボトルにすると約30億本分(
日本が1年間に輸入している石油量24,000万kl(約15億バレル)の1日分弱)に当たる数字である。
レジ袋を無くせばこの石油の消費量を減らすことが計算上可能である。

こんなのを言われたら「地球資源・環境を守ろう、レジ袋使用をやめよう」と、思ってしまいますよね。
まさしく正しいこと(うまい説明)を言っていると私も思います。

ところが・・・、ここでは“重要な内容説明”が省かれているんです。

続きを読む "レジ袋削減=石油消費削減は“誤解”で本当の‘目的’は別にある"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年6月 1日

きょうから“レジ袋有料化スタート” なのだが・・・?・・

昨日の5月31日近くにあるショッピングモールの○ャ○コ(イ○ングループ)に妻と出かけてきました。
買い物途中店内に放送が響きました

「お知らせいたします。明日6月1日から当店では環境対策のためレジ袋無料配布を廃止することとなりました。ご理解ご協力をお願いします」

わたしは「あぁ、そういえばそうっだった」と、たぶん店舗では役職者なのか?店内放送に不慣れなちょっとぎこちない放送に耳を傾けていました。

建物は2階建てで、私は店内放送を衣料・寝具・家電などが中心の階の売り場で聞いていました
それで、頭に浮かんだことは・・・「レジ袋をもらうときは、明日からここでいくら払うことになるのだろう?

続きを読む "きょうから“レジ袋有料化スタート” なのだが・・・?・・"

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2009年5月31日

カモ類⇒50%

わが村の農作物の害獣による被害額は年間286万円になります。

その被害の第一位になる鳥獣が「カモ類」になり、その割合は被害の50パーセントを占めてしまいます。
二位が「熊」で、これの場合人的被害も加わり危険です。Img_0134 ついでカラスによる被害と続きそしてハクビシンになっている結果が出ています。

最も被害の多い「カモ類の被害」は村の中心農産物の稲に集中しますから、農家にとってだけじゃなく村の経済にとっても大損害になっています。

現在、村では許可を取り「カラス」そして稲穂を食べてしまう「カルガモ」の捕獲を行っていますが、どれだけの効果が期待できるか未定です。

新聞やテレビで人気者のカルガモ、害獣として捕獲駆除する様子は非農家にとっては眉をひそめる行動に見えることでしょうね・・・きっと!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2009年5月24日 - 2009年5月30日 | トップページ | 2009年6月7日 - 2009年6月13日 »