« 2009年6月21日 - 2009年6月27日 | トップページ | 2009年7月5日 - 2009年7月11日 »

2009年6月28日 - 2009年7月4日の7件の記事

2009年7月 4日

国会はスキャンダル合戦か?

国会は議員のスキャンダル探し専門家の「スキャンダルハンター」がおるようですね。
小沢氏、鳩山氏、・・・・・、そして地方県知事までその手は広げられているようです。

無実でも、「違法らしい、違反していそう」の記事をマスメディアに流せばその役割は100%達せられる、恐ろしい世界です。

アメリカではかなり前、第二次世界大戦以前のころから気に入らない軍隊のトップや大物政治家のスキャンダルをマスコミを使って報道させ失脚させることを大統領や政党は当たり前のようにやってきていますが、日本もしっかりそのやり方を与野党ともやるようになってきたようです。

みな“たたけば埃の政治家”ばかりです。スキャンダルハンターにかかれば簡単なことなんでしょうね。そこには大金が動いているのでしょう。

国民は税金だけ取られて、本当に官僚や政治屋さんたちから蚊帳の外になってしまっているようです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年7月 3日

身勝手なネーミングだ!

札幌の北一条通りに今はだいぶ伐採され姿がなくなりましたがアカシア(アカシヤ)並木があります。

♪この道はいつか来た道、ああそうだよ・・・アカシアの花が咲いてる・・♪

この有名な「この道」という歌はそのアカシア並木が白い花をつけた様子をモデルにして北原白秋氏によって作られた歌です。

Photo ←がその花で正式名を「ハリエンジュマメ科ハリエンジュ属)」という落葉高木ですが、どこで間違ったか日本ではこれを「アカシア」としてしまったのですね。

何年か後にネムノキそっくりで黄色い花が咲く本当のアカシア(ネムノキ(マメ科)科アカシア属)が国内に入ってきたため、白い花が咲くハリエンジュは「ニセアカシア」という惨い名前に変更されてしまいました。

それでも数多くの歌に出てきたり、高級な「アカシアハチミツ」はこの白い花のハリエンジュ(偽アカシア)なのです。

続きを読む "身勝手なネーミングだ!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 2日

「世論」←何と読んでいますか?

今、政治家が一番神経を過敏にするのは「世論」ではないでしょうか?特に麻生総理大臣はあちこちから情報(自分を評価している情報)を集めているのではないでしょうかねhappy01

さて、この「世論」という漢字を皆さま方は普段何と読むことでしょうか?アバウトミーのアンケートに同じ質問がありましたので結果を見ましたら約70%強の方達が「‘ろん’と読む」と答え、20%ぐらいの方たちが「‘ろん’と読む」と、答えていました。

どちらも間違っていない読み方なんですが、やはり「よろん」と、言う読み方が一般的なのでしょうね。

ここで雑学考察、「では、本当はどう読むべきなのか?」と、考えました。

続きを読む "「世論」←何と読んでいますか?"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年7月 1日

自転車の3人乗り解禁・・・なのだが

本日2009年7月1日から道路交通法の一部が改正され“自転車協(BAA)製品安全協会(SG)のマークで認証”がある自転車に限っての幼児との3人乗りが認められることになりました。

しかし、マスメディアによる「自転車の3人乗り解禁」のタイトルコールに正しいルールを知らず、自分の都合のいいように勘違いしている人が多いのではないでしょうか

そこで、“たぶん勘違いしやすいだろう(?)”というところを抜粋してみました。

続きを読む "自転車の3人乗り解禁・・・なのだが"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年6月30日

アリとトンボ

ザリザリと足もとで音がするので音のする方を見たらこんな光景が見られました

Img_2601 死んだトンボがあおむけになって動かなくなっていました。

「何で、音が?」

そしたらトンボが向かって右方向に動くじゃありませんか。
←のフォトをクリックして尻尾の先を見ると何か小さいのが見えるはずです。

Img_2600 拡大したのが右のフォトです。
小さな黒アリがたった1匹でこのトンボを引きずっているのでした。

大きさの対比率は50:1にもなりましょうか?とんでもない力です。それでもアリにはでかすぎる獲物でから、かなり悪戦苦闘ししばらくのあいだ横にずらしたりやっていました。

そのうち、さらに小さな赤アリが集まりだしたのであきらめて行ってしまいました。

間抜けなのか?根性があるのか?とんでもないアリがいたものです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月29日

童謡「とおりゃんせ」で、物語を作ってみたら

童謡の「とおりゃんせ」はあまりにも有名な歌ですが、その内容と発祥の地はいろいろな人は違ったことを書いていて、そのことでも面白い歌でもあります。

発送の地という碑があるのは、三芳野神社(埼玉県川越市)、菅原神社(神奈川県小田原市)の二か所に太宰府天満宮だとも・・そこで私なりに歌を解りやすく物語にしてみました

<はじまり、はじまり~>

昔々、旅を急ぐ親子連れがおった。子供は5~6才であろうか父親に手をひかれ必死に、そしてどこか意気揚々と歩いている。親子連れはしばらくすると宿場の本道から外れた間道へそれて山の方へ向かっていく。
しばらくすると、その間道にも置けられた関所の番小屋が見えてきた。

関所のほうからは「通ってよ~し、さぁ通りませぇ~」の役人の声が聞こえている。
~♪とおりゃんせ、とおりゃんせ

親子はそこに行き役人に道を尋ねるのであった

続きを読む "童謡「とおりゃんせ」で、物語を作ってみたら"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年6月28日

お尻に ドン!

昨日地元の大きなショッピングモールでお買い物、右足が痛い私はカートは歩行器代わりという、妻の跡を追う姿はちょっと情けない格好のお買い物でございましたcoldsweats01

だいたい買い物が終わりレジ近くに来たら私のお尻に何かドンと触った。「何だ?」と、思いましたが気にせずいたらまたまた ドン!

今度は振り返りました。そしたらどこかの“変なおばちゃん”が自分のカートを私にぶつけて歩いているのです、このおばちゃんカートが他人に当たっていることなんか全く気にしないらしく、勝手気ままに押しているのでした。

続きを読む "お尻に ドン!"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年6月21日 - 2009年6月27日 | トップページ | 2009年7月5日 - 2009年7月11日 »