« 2009年10月18日 - 2009年10月24日 | トップページ | 2009年11月1日 - 2009年11月7日 »

2009年10月25日 - 2009年10月31日の7件の記事

2009年10月31日

市販薬の使用注意書き

最近の市販薬には以前は病院でしか処方しない成分が少し量を減らした(上限は法で決められている)形で入ったものが多く見られるようになりました。
それらはよく効くので売れ行きも良いのですが、注意書きをよく読まないと危険な場合も有ります。

その一番が外用薬というもの、簡単にいえば塗り薬です。
夏の間「毒虫刺され」や「痒み止め」に使う軟膏やクリームで「強力」的なキャッチフレーズで販売されているこれらの塗り薬には「ステロイド薬」という製剤が調合されていて、注意書きには「長期使用は避けるか医師に相談すること」と必ず書いてあります。

これは「ステロイド薬」はとてもよく効く代わりに副作用として「副腎皮質機能不全」や「糖尿病」「すい臓炎」を引き起こす可能性があるからです。

続きを読む "市販薬の使用注意書き"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月30日

これがもう店頭に並んだか

今日はいつもの定期採血検査をするためにかかりつけのクリニックに行きました。
検査予定のため朝食を抜いて行きましたので、待合室にいるあいだ腹が減って仕方なかったですhappy01

待合室はインフルエンザ予防接種をやる人が多く来ていました。
そして明らかに“インフルエンザ患者らしき?”人も別部屋や外で待機しているわけです。一応マスクをしていった私ですが、移っていれば来週あたり症状が出るでしょう

ま!何はともあれ検査を無事終了しいつものお薬をもらって車に乗り込みましたが、行先はすぐそばのコンビニです。
腹がグーグー鳴ってましたからね、何か食わないといけませんよ。

ある程度のを選んでレジに並んで横を見たら、「JPのお年玉付き年賀葉書」が陳列してありました。販売が開始されたのはニュースで知っていましたが、実際に見ると「もう年末か・・」という思いがしてしまいました。

後2ヶ月ちょっとですか・・今年も

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月29日

インフルエンザ診療可能なところを発表(福島県)

福島県では現在新型インフルエンザ感染患者が急増しています。
ところが、このインフルエンザ診療を受け入れていない機関が有るわけです。

福島県の医療機関が約1600ほど有りますが、インフルエンザ診療をしていないところが652箇所も存在しているのです
もしも、そんなところに行ってしまったら病気が悪化してしまうかもしりませんよね。

そこで、福島県ではインフルエンザ診療可能な948箇所の医療機関名を新聞紙面(29日朝刊)や県のホームページで発表したのです。
ありがたいことですね。

福島県内インフルエンザ診療可能機関名の詳細はのサイトで分かります。
http://www.pref.fukushima.jp/imu/infuru/flu_gairai/flu_gairai.htm

この発表で分かったことは、内科医だけじゃなく「整形外科医院」とか「耳鼻咽喉科医院」などでも診療を受け付けているところが有ることです。

内科医や大きな病院が混んでいるときはそこに行くのもいいかも・・。
ただし、事前連絡とマスク着用は必ず行ってくださいとの注意が掲載されていましたねcoldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月28日

日本の軍艦は、“貨物船より‘もろい?!’”

関門海峡で日本の海上自衛隊護衛艦「くらま」(4200 t)と、韓国のコンテナ貨物船(7400t)が衝突したニュースが昨日伝えられましたね。
どっちが悪いのかまだ分かりませんが、韓国の船は船首右舷側がへこんだそうなので決められた海難回避行動http://www.remus.dti.ne.jp/~jg8pcs/fishing22.htmlを順守したか?順守しようとお互いが試みたか?それともやらなかったのか?断定はできていないようですがだんだんに分かることでしょうね。

ただ、このニュースを最初に聞いた大概の人は
「韓国貨物船の被害が多く、怪我人が出たのでは?」
「こりゃ大事だ、韓国とまた険悪になるのでは・・?」と、思ったと思います。

ところが、
船体が壊れ炎上し航行不能になったのは自衛隊の護衛艦、、怪我人も自衛隊員のほうだけで韓国側は居ませんでした。

続きを読む "日本の軍艦は、“貨物船より‘もろい?!’”"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月27日

国会議員の椅子⇒242+480=460?・・?・・

臨時国会が始まりましたね。ところで国会開催のときに最初に議員が集まるところが参議院本会議場だということを知っていますか?

これは明治のころから続いている慣習です。
最初のころ参議院は「貴族院」とよばれそれまでの旗本、大名、藩主などだった人達がなっていた所なので天皇のお言葉はこちらでやるのが常識だったからです。

ですから参議院席の議長席は取り外しができるようになっていて天皇陛下用雛段になるようになっているのも参議院会議場の特徴でもあります。

参議院は242名なんですが、椅子の数は倍近い460名ぶんになっているのはそのためのものです。
ただ現在衆議院議員は480名(合計722名)なので262名ぶんの椅子は不足してしまいます
この椅子の無い262名は通路などで立つことになるため、必然的に国会開開会文を天皇陛下が読み上げるときは全員起立しているのが通例になっているようです。

テレビではあまり映さない光景ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月26日

ダム工事の本音と建て前

八ッ場ダム(やんばだむ)の工事を巡って前原大臣、民主党、地元住民、近隣知事とでいろいろと話題になっていますね

ところでダム(ダム工事)とはそもそもどういう目的なのか考えるときに来ている気がしませんか?

ダムとはそれを作るにあたっての大義名分は「土砂災害を防止」、「水源確保」、「発電目的」などが掲げられています。
しかしながらそれらはほとんど「本音」ではなく「建て前」になっていることはダムが完成されていく過程をみれば、ちょっと勘のいい人は分かると思います。

本当の目的は・・・、
ダムを造るところというのは、その県でも険しい地形で道路や橋を整備するためには莫大な費用がかかるところです。
そういう場所は人口も少ないため道路整備を計画しても「利用者が少ない道路に莫大な予算は回せない」となるわけです。

続きを読む "ダム工事の本音と建て前"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月25日

蕾が膨らむ!?これから咲くの?

畑を歩いていたらこんなのを見つけました。

Img_2943 季節外れの桔梗の蕾が育ってきていたのです

今年は晩秋の花が早く咲いたと思ったら夏のころの花が二度咲きになってきているのかもしれません。

Img_2941 大きな薔薇の花も今頃咲いていますし、変わった気候です。

早朝、村の行事で空き缶拾いをしたとき、先輩が「おがしぞな!いまごろアザミの花咲いでんだぞ」と首をかしげていました。

アザミの花もとっくに終わっているはずの季節、早いと雪がちらつくこともある本宮市の安達太良神社祭礼の今日なのに・・・温かなんでしょうね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年10月18日 - 2009年10月24日 | トップページ | 2009年11月1日 - 2009年11月7日 »