« 2009年11月29日 - 2009年12月5日 | トップページ | 2009年12月13日 - 2009年12月19日 »

2009年12月6日 - 2009年12月12日の7件の記事

2009年12月12日

半デフレ・・?

先日、大手家電店にいって髭剃り機なんかを見ていたんですよ。今はいろいろあるもんで驚きます。

値段も2万円台から安いのは1000円台まで揃っているわけです。その中の有る一流メーカーの特売品を見つけ手に取って見てみました。
単価1980円なんですが、同メーカーの7~8000円クラスのと性能は変わらないんです。

ついでに同じ並びに有るその機種の「替え刃」を見てみましたら・・・あら!

外刃が約2000円、そして内刃がこれまた約2000円なんです。両方買って替えれば替え刃だけで合計約4000円弱になってしまうじゃありませんかcoldsweats01

本体価格(1980円)より替え刃の方が2倍の高値なんですよ。笑っちゃいました

こう言うのは“半デフレ”て言うんですかね?(happy01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年12月11日

「障子、障子戸」の表と裏、立て方の決め事は?

年末、障子の張り替えなどと言う厄介なことも「やらなくちゃ・・」などと思うのは日本に住む者の癖ですかね。いや、神聖な心がけ、日本文化、としておきましょうかcoldsweats01

我が家では猫が居るので障子がボロボロになりまして一部を先に張り替えましたが、このとき「障子紙の表と裏はどっちだ?」と思ったわけです。さらに「障子戸の表裏は?」と確認したくなり調べました。

障子紙
 白無地⇒「スベスベしたほう=」・「ザラつく方=裏」
 ただし、最近のは逆のも有るので確認した方がよい
障子戸
 縦横の細木などでできた「桟(さん)」が見えている方が「

そこで障子の張り替えは障子紙の表が桟が見える障子戸の表側になるように貼るのが正しいのです。

さらに障子戸襖障子戸(唐紙障子戸)の立て方にも伝統の規定が有ります

  • 4枚仕立てなら部屋の内側から見て中央の2枚が手前(内側)になり両側戸は外側にする
    二間続きの中氏切り襖の場合は奥座敷(床の間、上座)内から見て上記と同じくする
  • 2枚仕立てなら部屋の内側から見てが外側で右が手前(内側にする。

日本家屋の引き戸は全てこれに則って仕立てられていますがお宅の引き戸はどうですか?

続きを読む "「障子、障子戸」の表と裏、立て方の決め事は?"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年12月10日

「善は急げ」と“ど忘れ”

いや~・・・なんでしょうね?年代を重ねると「ど忘れ」というものが頻繁に起きまして、そういう自分に腹立たしい思いをすることも多いわけです。

「あれ!さっき置いた手袋は?」
「あの人・・だれだっけ?」
「ふろ水があふれ出してる~、水をだしていたの忘れてた」

等々、軽いのだと毎日有るんですよ。そのたびに頭をガンガン叩いて記憶を戻そうとする私です

昔から先人たちもたどったことなのでしょうね。そこでハッと気が付きました。

昔から使われている「善は急げ」とは「良いことは早くやることだ」と言う意味じゃなく
良いことは忘れないうちにやってしまおう、すぐ忘れるから・・」と言うことなんじゃないかと思いました

「ど忘れ防止言葉」だったんじゃないでしょうか?

そう考えればよく反対語として使われる「急がば回れ」とはまったく別のものになりますし、「急ぐか?慎重にするか?」悩まずに済みますね

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年12月 9日

○○と鋏は使いよう

先人は“なんとかと鋏は使いよう”と言うことを今に残していますよね。鋏という道具は切れが悪くなっても使い方しだいでは切れることを指していることですが、それでも「ここが壊れたら駄目」ということも有ります。

Img_3053 愛用の私の枝切りばさみですが、父の代から使用している向かって左の頑丈な鋏が先日壊れました。

壊れた部分は「要(かなめ)」、これが折れてしまいました。
もうすでに30年以上は使用されているものなので握力の強い私が許容範囲以上の太い枝も切るために耐えきれなかったようです

すぐに修理して使用可能になりましたが、壊れて分かる「肝心要」という言葉ですね。

そして向かって右の今年買った鋏もそこがやられそうです。こちらは太枝用なのですが・・・今のかっこいいハサミは“弱い”のですかね~

私の使い方が荒いのか?coldsweats01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年12月 8日

年賀状の文面の勘違い

年賀状書きましたか?わたしはまだ年賀状そのものをまだ買っていませんcoldsweats01
まだ昨日あたりも「喪中欠礼ハガキ」が届いてきていますし・・早いでしょう(?)

ところで一昨年の年末にも記事にしましたが、年賀状文のマナーで勘違いしてうっかり使っていることってありませんか?

特に多い間違いの賀詩(年頭のお祝い言葉)がこれです↓

「 新年明けましておめでとうございます 」

どこが間違ってるの?普通に使ってるよ・・」と、ほとんどの人がこう思ったでしょう。
私もそう思いましたが、実はこれ、間違っているんだそうです。

年賀文のマナーの第一に「賀詞は重複しないこと」があります。
http://iwasironokuni.cocolog-nifty.com/komiti/2007/12/post_962c.html

そこからいくと「新年あけましておめでとう・・・」の賀詞は重複使用が有るんだそうです

え~!何が重複なの?」と、私は思いました

続きを読む "年賀状の文面の勘違い"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月 7日

日が沈むのは冬至前の今が最も“早い!”

秋になって、晩秋そして冬になると日の入りが早くなりますね。わが地域では3時過ぎるともう暗くなってしまいます。
だから一日が短く感じて仕事も焦ってくるわけです。

そうなると「冬至を過ぎれば・・・」と、思いが巡るものです。
これは冬至が一年で一番昼が短く夜が長いので「夜が長い=暗くなるのが最も早い日の入りが早い)」と、思い込んでいるからです。

先日テレビで気象予報士の方が「1年で太陽が最も早く沈むのは冬至より前の12月初旬です」と、言っていました
実は太陽が沈む時間(日の入り)が最も早いのは平均して「12月日~12月14」の2週間のようです。

http://www.nao.ac.jp/koyomi/dni/
上記サイトにアクセスると時刻が確認できますが、この時期を過ぎるとドンドンと太陽が沈む時間が遅れ午後の明るい時間が伸びるようです。
つまり、この日から1週間後の冬至のころにはすでに夕方の明るい時間は延びていたんですね。

「冬至の日は一年で最も日の出が遅いが、日の入りは一番早くは無い」だったようです
人間の勘違いって面白いですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日

年末の26(土)27(日)⇒高速は“1000円”じゃないよ!

今朝のニュースで運送業などの年末業務に配慮し、自動車道渋滞緩和目的のためとして下記のような政府対策内容の発表が報道されました。

  • 今月(12月)最後のとなる26日と27の二日間については自動車道の“一律1000円料金制行わないで通常料金にする
  • 来年の年始については(月)(火)まで自動車道の料金一律1000円を延長して実行する

知らないと「大損」”しますから注意が必要ですね。私にはほとんど影響無しですがねcoldsweats01

こういう対策をすると「1000円乗り放題を廃止すればいいんだ!」という人が必ずいますが、1000円の料金と渋滞とは直接の因果関係はないと思うのです。

渋滞が起こるのは土日に一般車が集中するからで、月~金曜日も一律1000円にすれば交通量なんかは元に戻ると思います。
要するに曜日などで料金に差を付けたことが問題で1000円乗り放題が根本問題じゃないんですよね

その証拠に割引になる夜間、その時間帯の自動車道には運送業者が殺到し渋滞を起こしているようですからね

全ての曜日(首都圏を含む)を一律1000円にするか、無料にするか、早く決着してもらいたいものです

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年11月29日 - 2009年12月5日 | トップページ | 2009年12月13日 - 2009年12月19日 »